奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

  • 1738人登録
  • 3.52評価
    • (73)
    • (310)
    • (285)
    • (61)
    • (6)
  • 311レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 講談社 (2012年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061827387

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川有栖
貴志 祐介
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 館シリーズ第9冊。
    微妙なヒントがちりばめられ、解るようで解らなくなる。難しすぎもせず、なかなか面白かった。

  • 文句なくおもしろい。というか、この作品でもまただまされたなーという想い。十角館のときと同じ様な感覚でした。
    完全に死体交換だと思っていたのに。蒼ざめたフクロウには気がつかなかった。
    見事な叙述トリック。

  • 順番に読むべきだったのだが、たまたま手にとってしまったので、館シリーズを1つも読むことなく、この作品を読んじゃった。それはある意味、既読者にとっては常識であるはずのキャラクター設定や謎解きのヒントを見いだすための伏線など、少し手に焼いたかもしれない。ただ、あぁなるほどーという終わり方をするので、未読でも楽しめると思う。ただ、どちらにしても本格物はじっくり読まないとわからないことがたくさんあるなぁと改めて思った。

  • 名探偵が名探偵らしく推理を展開していくのは気持ちがいい。良作。

  • 館シリーズ9作目。突っ込みどころがないわけではないが、鹿谷は最初から出てくるし、久しぶりにまともな?ミステリーではあった。最後のどんでん返し?もお約束。次作が最後とのこと。どんな終わり方をするのだろう。

  • 似すぎた男との出逢いが推理作家・鹿谷門実を奇怪な館へと誘う。待ち受けるはいかなる難事件か? 「十角館の殺人」にはじまる綾辻行人の「館」シリーズ、待望の最新刊!

  • 著者の館ミステリ、10年以上ぶりに読みましたがやはりおもしろい。からくり屋敷の秘密となぜ主人の首が切られたのか?など複数の謎が必然でつながっているのを知ったときの快感。これぞミステリの醍醐味。しかし集まった面々の共通点は現実味がないような気もします。もう少しありふれた名にすればよかったんじゃないかな。

  • 館、不測の雪での道路寸断、電話線は切れた、一泊二日の奇妙なパーティ。定番のミステリーのシチュエーション。
    予想を上回る理由を作ったりと、すごいなぁと思うところはたくさんあったけれど、どれもこれもが無理があるなぁと。

  • 十角館の殺人に比べ、トリックがずるいなーと感じてしまった。
    建物の間取り図まで綴じこんであるのにそりゃないよなぁ…と。

  • 内容は面白いのだけど、読みにくいから時間がかかった。

  • 十角館で衝撃を受け、黒猫館まで追いかけたところで脱落。久しぶりの「館」だったが…なんというか、薄味ぶりに驚いた。
    あとがきによると、400枚で書ければと思っていたものが800枚になったらしいが、さもありなんと思ってしまった。被害者数はシリーズ最少(笑)らしいが、戦犯はそんなことよりむしろ、何かを言いかけてはやめ、言いかけてはやめする登場人物たちだろう。
    地の文も然り。うんと良く言えば「詩的」なのだろうが、とにかくやたらと思わせぶりで食傷する。雰囲気づくりやミスディレクションが悪いとは言わないが、度を越すのも考えものだ。サクサク進めてコンパクトにまとまっていれば佳品になったものを、もったいぶった薄味の大作に仕立ててしまったように思えてならなかった。

    2015/7/27〜7/31読了

  • 今回の犯人は、館シリーズ中もっとも不運な男で、「古畑任三郎」の風間杜夫のようだった。館シリーズでは抜け穴のあるのが当たり前となっているが、本来は反則なのでは、と思う。次作は、隠し通路のない館シリーズに挑戦してほしい。

  • 犯人までは分からなかったが、仮面の意味には薄々気づくことはできた。こんなにもややこしいのに、登場人物表がないのは如何ともしがたいと思ったが、それこそが作者の仕掛けた罠。とはいうものの、大どんでん返しを期待していただけに、あっけない幕切れにやや拍子抜け。

  • 待ちに待った、館シリーズ9作目。

    秘密の仕掛けがある奇妙な館とミステリアスな登場人物、吹雪の山荘、鍵のかかる謎の仮面…

    館シリーズの最新作に相応しい、読者の期待を裏切らない設定になんだか感動しました。

    『十角館』のような驚愕の結末はありません。
    ですが、表向きは凄惨な事件でありながら真相は犯人がその場しのぎで行動していたというのが、なかなか面白かったです。
    これだけ普通に吹雪の山荘的な設定が受け入れられるのも綾辻さんだからこそでしょう。

    次がシリーズラスト。
    鹿谷こと島田が頭を捻るような館を期待して、また暫く待ちたいと思います。

  • すごく面白かった!強引なトリックだけどw
    他の館シリーズも読みたいな

  • 約10年ぶりくらいに読んだ、綾辻氏の館シリーズ。

    彼の描く館は、やはり没入感がすごい。
    自分のいまいる場所を忘れて、奇面館に閉じ込められ、さまよい、人々をそっと観察しながら一体何がどうなるんだろう?と静かにワクワクする贅沢な時間。
    最後に何か用意してくれているのだろう、という期待はもちろんだが、しかし読んでる最中も閉ざされた館をしっかりと楽しんだ。

    事件やトリック、オチでいうのなら、この作品がどのレベルのものかもはや判断がつかない。私は暗黒館が初めての綾辻作品で、それ以降もミステリー初心者として読んだ館シリーズに驚愕していた時の純粋さが、今やもう失われてしまったからだ。
    驚愕することはなかったにしても、「やられた!」と苦笑交じりに思えるほどに面白かった。
    何にせよ、謎の多い資産家の、気味の悪い屋敷を満喫でき、暗黒館を読んだ本格ミステリー初体験の時のあのきもちを思い出させてもらえて満足です。

  • トリック自体はわかってしまえば大した事はない。人物の入れ替わりがあるんだろうと思っていたが、そうきたか、と思わされた。以下に詳しい感想があります。http://takeshi3017.chu.jp/file6/neta909.html

  • 館シリーズ第9作。後書きにも書いてあった通り、おどろおどろしい雰囲気は抑えめでまるでパズルのような一篇になっていた。たった一晩の一つの殺人。容疑者はわずか5人。そう登場人物にしても10人程度。こぢんまりとした舞台劇のような趣すらある。とはいえ、さすが綾辻だけあって、ヒネリが幾重に加えられ、アンフェアぎりぎりの領域で話は二転三転して解決が示される。細部には多少の無理があるものの、謎解きパネルと思えば素直に楽しめる。ただ、円熟のストーリー運びは安心して楽しめるものの、ややいつもにくらべると冗長な印象もある。とくにヒロイン?の視点は必要なかったような気がする。
    ともあれ、いよいよシリーズも次で終わり?いつ出るかわからないが期待が膨らむ。

  • 2014.11.25

    「館」シリーズ第9弾
    ドッペルさんを見つけよう!
    鹿谷さんバリバリ探偵します!

    なんだか やっとって感じだな〜
    見事でした。
    素敵だ〜

  • なんなのでしょう。
    今まで読んだ館もので一番の失笑モノ。
    最後のほうも言い訳なんだか解説なんだか……

    「秘密の◎◎」が出てきてしまったらなんでもアリだと思うのですけど。

  • 全体的にみて、話の展開が平坦でだらだらと続いている感じで、あまり面白くなかった。いつもよりどうなるんだろうというわくわく感やドキドキする展開がなかった。期待していただけに、少々がっかり。
    あまりこういった推理小説にリアリティを求めてはいけないのは分かってはいるが、やはりここまで同じ誕生日で同姓同名の人間が揃うのは無理があるように感じられる。そういう訳もあって、客人全員が「○○の仮面」と言う呼び方なので、慣れるまで時間がかかって、正直読み辛い。今回の事件は偶然の産物ってのもあるけど、行き当たりばったりだし、動機も薄かった。個人的な好みとしては、たまたまその仕掛けがあったから利用したのではなく、その仕掛けを利用する事を前提に計画された事件が読みたい。
    館自体の仕掛けも、あまり中村青司らしくない。鉄格子がスイッチになってるのは面白いけど、仮面がスイッチになってるのは予想はついた。嫌いではないが。しかし、スイッチを切欠として変化する方の仕掛けが、なんの面白みもなかった。一読者としての勝手な願望だけど、中村青司にはもっと無意味で、秘密めいていて、わくわくする仕掛けを作ってもらいたい。

  • 事件が起きない…。
    館の面白いところは閉じ込められた空間で次々と事件が起こり、それぞれが疑心暗鬼になり、追い詰められて誰だ、誰が嘘をついているんだ!ってことになる心理戦が面白いのに…。何か淡々としているし、心理戦も何もみんな仮面をかぶっているから表情とかなくって物足りない。
    だいたい犯人が今までになくいい人。だから仕方ない。
    もちろん、よく考えられていて色々と細かい伏線もあって、それなりに面白いけど、だけど館ものとしてはどうって思ってしまう。それでもやはり館ものが好きだ!次に期待!

全311件中 1 - 25件を表示

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)に関連するまとめ

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)の作品紹介

奇面館主人・影山逸史に招かれた六人の男たち。館に伝わる奇妙な仮面で全員が"顔"を隠すなか、妖しく揺らめく"もう一人の自分"の影…。季節外れの吹雪で館が孤立したとき、"奇面の間"に転がった凄惨な死体は何を語る?前代未聞の異様な状況下、名探偵・鹿谷門実が圧巻の推理を展開する。名手・綾辻行人が技巧の限りを尽くして放つ「館」シリーズ、直球勝負の書き下ろし最新作。

ツイートする