カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)

  • 214人登録
  • 3.42評価
    • (10)
    • (32)
    • (39)
    • (9)
    • (2)
  • 38レビュー
著者 : 高田崇史
  • 講談社 (2012年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061828223

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カンナ完結!
    忍びの間の争いにピリオドが打たれ、ついに裏の日本の歴史が明らかになる。はずなんだけど、いまいち理解出来ないし、ラストはえ~って感じ。
    QEDとカンナが合体した新シリーズに突入しそう。

  • 「カンナ」シリーズ完結編。
    誰と誰が同じグループで、どういう立場で戦ってるのかが、やっとわかりましたw
    ホントか嘘かは相変わらずおいとくとして、学説的にはおもろいと思う!

    次は「毒草師」がメインシリーズになるんだろか?
    しかし兄貴も出てきたし、どこへ行くんだろう。
    甲斐くんもまだまだ気になってることもあるようだし、高田ワールドはまだまだ続くとみた。

  • 神職にして忍の末裔である鴨志田甲斐。彼の生家、伊賀・出賀茂神社には、現代では語られることのない日本史の真実が記されているという社伝、「蘇我大臣馬子傳暦」がある。しかし、この「傳暦」が盗まれてしまった。犯人は神社の近くに暮らす早乙女志乃芙の夫、諒司らしい。さらに、この事件を機に、志乃芙の父である雲居良源が率いる忍の集団、波多野村雲流や甲斐の婚約者、海棠聡美の祖父鍬次郎、そして一切が謎に包まれた玉兎と称する集団らが、出賀茂神社の周囲で不穏な動きを見せ始める。
    それまではただ漫然と日々を送っていた甲斐だが、否応なく「傳暦」奪還の戦いに巻き込まれていく。目に見えない敵からの執拗な攻撃を凌いでいくなかで、聡美や親友・柏木竜之介にも危険が迫る。そして、出賀茂神社の巫女である中村貴湖や忍者犬のほうろくとともに行動していくうちに、彼自身の心身にも様々な変化が……!?。
    はたして「傳暦」を』狙うものたちの目的は何なのか? 「傳暦」には何が記されているのか? 全ての謎の答えを求めて、甲斐と貴湖は決戦の地、京都へと発つ――。

  • カンナシリーズ最終巻
    あれもこれもちょっと中途半端だったので、
    個人的に あっけない感が残ったEDだったかな。
    168頁5行目~8行目には、ホント同感!
    続きがあったら覚醒した甲斐の活躍、見たいかも。
    その前にQEDシリーズを読むべきか…悩む。

  • カンナシリーズ、9作目。これにて完結。

    一応、傳暦をめぐる攻防については決着が着いたのかな、と。シリーズ途中、これ、本当に終着点があるのかしら?なんて心配すらしていたので、とりあえず完結出来てヨカッタ。蘇我氏と天皇の関係における歴史薀蓄も興味深かったデス。で、第七感を発動した甲斐くんはこれからどうなることやら。いっそのこと、タタナナ、毒草師、カンナの三つ巴で新シリーズ起こさないかしら??

  • カンナシリーズ最終章。
    QEDのように外伝的な話も出たら嬉しい。
    前巻に続き、なかなかの急展開でいろんな派閥のそれぞれの思惑が絡んでいるのですが、結局竜之介は何も知らされないまま、尚且つ何も分からないまま終わってしまったなぁ。
    突如スーパーマンになってしまった主人公の今後も気になるところですが、QEDのメンバーや毒草師のメンバーがちらりと出てくるところがまた楽しい。

  • 『カンナ』シリーズ完結編。
    主人公や周辺の人々が伊賀や甲賀の忍者という時点で、ミステリというより冒険活劇の匂いがぷんぷんしますが、冒険活劇としてちゃんと楽しめる作品群になっていると思います。
    日本史に対する立脚点は『Q.E.D.』シリーズから一貫していて、自分もこの国にすむ大半の人ですらない者の一人として、教科書に載る歴史と報道される情報を鵜呑みにしてはいけないなと感じました。

  • 「QED」に続いて「カンナ」も完結…。ちょっと凹んでる高田ファンの私ですが、このシリーズは最初から9話完結と聞いていたので…どうにか…。

    さて。
    ついに「敵」の本当の正体が、そして問題の「社伝」の中身が明らかにされる時が来た。最後の対決。

    今回のキーワードは「秦氏」。
    中世の政治経済、そして宗教社会、技術、芸能などありとあらゆる側面に大きな影響を与えた渡来氏族。
    そして、社伝に関わる推理の中で見出される大きな発見(実は一作目がその伏線となっているのだが)。

    シリーズとしては完結したが、登場人物はまだまだ動き出しそうな予感…というか、半分希望ですけど(笑)。

  • カンナシリーズの最終巻。
    あっけない終わりでしたが、後に続きそうなラストです。
    恋愛もいつものパターンで発展せず、(この煮え切らない感が高田崇史はお好き?)ま、いちを日常には戻れているような…いっか。

  • シリーズ最終話
    秦氏

全38件中 1 - 10件を表示

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)の作品紹介

非実在聖徳太子の正体とは!?今、日本史の常識が覆る!
カンナシリーズ最終巻!

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)に関連するサイト

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)の文庫

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする