七年目の脅迫状 (講談社文庫)

  • 140人登録
  • 3.18評価
    • (3)
    • (7)
    • (44)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 岡嶋二人
  • 講談社 (1986年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061837553

七年目の脅迫状 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 競馬馬が故意に感染症に感染させられていく事件を追う話。

    岡嶋二人なので内容はソツないんだけど。
    事件を追いかけるうちに浮かび上がる7年前の事件、こういう「実は○年前の事件が」っていう展開が個人的に好きじゃない。読者からするとなんかアンフェアだから。
    あと、主人公の非の打ち所のない有能さ、なのに見合い写真で見ただけの女と偶然顔を会わせたら超親しげに近づいていく感じも、好ましくなかった。

    主人公が警察でもないのに関係者に事情聴取して、結構情報を引き出せるのも、なんだかな~、と思ってしまった。ま、まだ個人情報にうるさくない時代だからね。

  • 2017年3冊目。
    面白かった!最初から最後までハラハラドキドキ。競馬を題材にしているけど、知識なくても楽しめる。とにかく早く続きが読みたくて読みたくて…一気に読んでしまった。個人的には「焦げ茶色のパステル」よりも好きかも。
    やっぱり初期の作品と最後あたりの作品では違うなぁ。でもどちらも岡嶋二人作品であってどちらも良さがあって、やっぱり好きだなぁ。

  • 岡嶋二人による、初期の競馬三部作の一作。
    中央競馬会に、要求に従わなければ「伝染性貧血症」のウィルスを馬に接種するという脅迫状が届く。要求は八百長レース。妻の父で競馬会の理事でもある江戸川から委託されて隠密理に調査を始めた八坂がたどり着く真実とは。
    デビュー作「焦げ茶色のパステル」もそうだが、新人作家の作品とは思えない完成度の高いミステリで、複雑に絡み合った様々な登場人物のいろんな思惑が、終盤に見事に解きほぐされて行く様子は一種のカタルシスを読者に与える。30年前の作品ゆえに、現在とは若干の状況の違いがあるだろうが、知識がなくてもちゃんと理解でき、会話主体で人の感情を表現し、最後まできっちり読ませる、岡嶋二人ならではの特徴はすでに本作にも現れている。

  • 競馬三部作の二作目。知識が無くても楽しめるのは前作と同様です。様々な人物の思惑が絡んだ複雑な事件の構図が緻密で、良く出来ていると思います。意表を突く真相も驚きがあって、最後まで読ませる作品でした。

  • 2012年4月16日読了。岡嶋二人の2大テーマ「誘拐」「競馬」のうち「競馬」を取り上げたミステリ。競馬協会が何よりも恐れる「伝貧」(馬の伝染病)をネタとした脅迫状が届き、保安部の八坂は北海道の放牧場の調査に入るが・・・。「競走馬への保険」とその詐欺にからむ殺人事件、とは知識のない身には思いつかない素材だ。競馬のうんちくに謎の女とのロマンスなど器用にまとまってもいるが、人物の関係が若干つかみづらいのと、結局主人公が聞き込みを繰り返してうろちょろしている間に事件が解決してしまった、という印象をストーリーから受けてしまうのが残念か。

  • 岡嶋の競馬者の馬に対する愛着みたいなものが感じられない作品。面白いのだけど、必死さとか好感とかが無い感じ。

  • デビュー作に続き競馬ミステリです。
    おうまさん好きやったらもっとおもろいんかしら。
    デビュー作のがおもろかったです。

  • 今回は治療法のない伝貧(馬伝染性貧血)を使った脅迫と、生産者・競馬界・保険業界の関係をモチーフに・・・いろんな怪しい人達が動き回ってます。
    競馬や伝貧に詳しくなくっても、説明も入るし、中々に興味深かったです。
    只、はたしてこんな事で殺人をおかしてしまうのか?とも思いますが、それを飲み込んでもストーリーの綿密さに完成度の高さには脱帽です

  • 岡嶋二人は全部好きで選べない!

  • 2004年1月18日読了

  • これまた競馬界を舞台にしたミステリ

全11件中 1 - 11件を表示

七年目の脅迫状 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七年目の脅迫状 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

七年目の脅迫状 (講談社文庫)のKindle版

七年目の脅迫状 (講談社文庫)の新書

ツイートする