忘れな草 (講談社文庫)

  • 50人登録
  • 3.55評価
    • (6)
    • (3)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 佐々木丸美
  • 講談社 (1987年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061839373

忘れな草 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 佐々木丸美の孤児4部作の2作目。
    独立したストーリーにはなっているが、「雪の断章」の人物たちが後半重要なカギになってくる。
    家政婦のトキさんは早いうちに出てくるけどね。
    「雪の断章」でトキさんは一日おきに祐也の家に通っていたけれど、それ以外の日はこっちに通っていた、というわけ。

    「雪の断章」は良かったのよ。
    登場人物に共感はできなかったけど、文体と世界観があっていたから、まあ、面白く読めた。
    でも、これは共感できる人物もいないし、そもそも設定がおかしい。
    だって、そりゃあ犯罪でしょう?

    企業の権力争いで亡くなった人の娘を敵の毒牙から守るため、とは言いながら、どこへとも知れないところへひとりの子どもを隠し、名前を変えて人に預け、15歳からはほぼ家に軟禁状態だなんて、それは犯罪だよね。
    詳しい事情も教えず、企業のためにわがまま言うな、我慢しろっておかしいよ。
    基本的人権の尊重は?

    「雪の断章」は飛鳥という少女を巡る祐也と史郎。
    「忘れな草」は葵と楊子が高杉という青年を巡って対立する。
    が、彼女たち二人は、運命の巡りあわせで赤ん坊の頃から同じ家で育てられているライバルであり、親友。
    どろどろした二人の思いが、事態を余計にこじらせていく。

    葵は可愛げがなく、顔だちも地味で、虐げられてそだてられたせいで性格も素直とは言えない。
    そんな彼女がなぜ、愛される側になったのかが分からない。
    そして、勉強が苦手で頭が悪いというわりに、考えることはずいぶんと哲学的なので、キャラクターに統一感がない。

    過剰な自意識を情緒的な文章で書き連ねるのは、もしかしたら70年代の特長なのかもしれない。
    今読むと、かなり苦痛。

    “愛とは結局あらゆる行動の元素。私たちをここまで追いつめたのは愛に他ならない。喜怒哀楽の建設も生死さえも、この世の大回転は愛に帰結する。微視(ミクロ)と巨視(マクロ)の感情細胞、それが凝縮されて一人ずつプログラムされる、人はみんなそのバネで生きる。失うとか壊れるとか色あせるとか、そんなちっちゃなものではない、感情細胞原子は消滅しない、組み替えが変わるだけ、愛しさが分解再建されて憎しみになり、憎しみ分子が配置転換されて友情になる。心の化学式は本人次第だ。”

    てきとーなページを開いて引用しましたが、こんな感じの文章がてんこ盛り。
    ハマる人にはものすごく訴える文章なんでしょうが、私は無理。冗漫に感じてしまった。
    だけど、謎がまだ大量に残されているので、引き続き3作目も借りてくることにします。

  • 坂本から借りた

  • 20091020読了。
    あまりにしんどい主人公で読みきれるか心配でしたがどうにかこうにか読み終えました。内容が楽しめないのはおいておいて、次作があるにもかかわらず、随分と種明かししてくれた本作でした。

  • この世界観に見事にはまってしまいました。

    佐々木 丸美さんの作品はすべてがどこかでつながっています。
    その構成がとてもうまくて。

    これらの作品に出会えたことに感謝です。

    もう続編が読めないことが本当に残念です。
    この先の彼らにはもう想像でしか出会えないんですね。

  • 佐々木丸美さんの「雪の断章」を昔々読んで、今回この「忘れな草」を読んでいたら、後半登場したある人物の名前にアレ?
    っと思い当たり、もう一度「雪の断章」を読み返してみると、なんと三部作つながりでビックリ!最後の「花嫁人形」も続けて読もうと思いましたが、膨大な蔵書の中から捜すことが出来ず・・・困っています。

  • 雪の断章の続編。孤児シリーズと称し「雪の断章・忘れな草・花嫁人形・風花の里」とつづく。

    続編といっても、全くの続きではなく
    雪の断章と同じ時の中、飛鳥と血のつながりのある他の孤児たちがどのように生きていたかにスポットを当てる形の続編です。

    雪の断章でのトキさん、拓也、史郎さん等・・飛鳥を取り巻いていた人々が関わる事柄が描かれていますので、雪の断章では見えなかった部分が露出します。

    この話は、二人の少女の幸せをつかむための悲しい戦い。
    相手の幸せを願う反面、自分の幸せを求める矛盾に少女たちは苦しみもがきます。特に考えさせられる物語だと思います。

  • 孤児シリーズ2作目
    読んでいると、雪のイメージが強く感じられる。
    北国の雪の冷たさ、厳しさ、はかなさetc…
    でも、それに慣れ親しんでいる安心感、暖かさも感じられるな〜

  • 「雪の断章」「花嫁人形」で三部作だったと思う。「雪の断章」探してます。

全8件中 1 - 8件を表示

忘れな草 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

忘れな草 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

忘れな草 (講談社文庫)はこんな本です

忘れな草 (講談社文庫)のKindle版

忘れな草 (講談社文庫)の文庫

忘れな草 (講談社文庫)の単行本

ツイートする