放課後 (講談社文庫)

  • 9464人登録
  • 3.25評価
    • (267)
    • (955)
    • (2288)
    • (367)
    • (61)
  • 867レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1988年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061842519

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

放課後 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 江戸川乱歩賞受賞した東野圭吾のデビュー作

    女子高の数学教師でアーチェリー部の顧問が主人公
    何度か命を狙われているような目にあうが、校長は表ざたにしたくない。

    そのうち同僚が密室で死亡する。
    そして二人目は、主人公と間違われたかのように殺される。体育大会という衆人環視の中で。

    誰が何のために、どのようにして。そして最後には・・・・

    トリックがうますぎる。読者はついついだまされる。だまされることに快感を覚えるのだ。

    そして、女子高校生たちが如何にも女子高校生の姿で目の前に浮かぶ。

    江戸川乱歩賞受賞というのは、なるほどとうなずける。

  • 言わずと知れた東野圭吾さん衝撃のデビュー作!

    確かに殺人の動機は「えっ!うそー!」と言ってしまうような
    思いもよらぬものでしたが、アリでしょう。
    素人が偉そうに言ってすみません。

    好きな作家さんを語る上で、やはりデビュー作は欠かせないですよね。
    東野圭吾さんが好きな人も、そうじゃない人も一読の価値ありだと思います。

  • 東野氏の作品は容疑者Xの献身やら、ガリレオやらそれ以外にもいくつか読んでるんだけど、どうも入り込めない。
    登場人物がかっこよすぎwwwその時点で俺、入り込めないwww

    今回読んだ「放課後」も映像化はしやすいと思う。もしかしてそれを意識して書いているのかな?
    数人の女性がでてくるんだけど、どの子もイメージわきにくいし、複線も赤いラインで線を引いたようなものが多くて、確かにわかりやすいけど、無理矢理な気もする。

    で、結論なんだけど、普通に元気な時ならともかく、あの状況で年頃の女性があんなことするか?なんだかつっこみどころ満載で、不完全な結果となってしまった。

  • デビュー作と思って読んでみた!

    トリックのところがくどいイメージと、
    恵美の最後の動機がすごく落胆した。
    え?そういう感じでもっていくの?と。

    でも、登場人物の描写も細かくて読み応えあったし、
    ラストの部分、絶対奥さんやらかすな、
    ってのも見事にやってくれたとこはよかった。

  • 2016.9.4読了
    今更ながらデビュー作。面白くなかった…動機もトリックも。生徒に対してクールな教師と言いつつ生徒を下の名前で呼んだり、フレンドリーさが設定とマッチしなくてよくわからない。最後の最後の妻の仕返しだけが納得。

  • タイトル聞いたことあると思ってたらデビュー作だった

  • 面白くなかった。女子高生の殺人動機がどうしても理解できず。東野圭吾さんデビュー作品だと聞いて読んだが残念だった。

  • 女子高が舞台のサスペンスミステリー。難しい年頃の揺れる気持ちが動機となる事件とそれに絡む様々な人がこのストーリーの特徴かなと思いました。
    東野圭吾さんの作品らしくいくつもトリックが重ねられていて、読んでいてついつい読み進めたくなる作品でした。
    ただよく分からないのが、高原陽子が教師の前島を誘って信州に行こうとした理由。なんだったのか読み終わっても分からないままでした。

  • 東野圭吾の初期作品。
    東川篤哉の学園ものをハードボイルド風にした感じ。

    密室をつくる45度に立て掛けた心張り棒は力学的に無理があり、ミステリーの解は容易に想像できた(45度の心張り棒でミステリーを押し通さないところが、さすが元エンジニア)
    第一の事件のダラダラと長い謎解きに、そのうちだれが犯人でも良いかなと思ってしまった。
    殺人の動機もどうも無理やり感がり、殺人事件を仕立てるための動機付けと感じる。
    最後の落ちも、妻との関係の意味ありげな説明に然もありなんと、驚きは感じなかった。

    最近の作品はいずれも意外性や作品としての厚みに感嘆するばかりだが、初期作品には角も立っていれば仕掛けの甘さもあって、東野圭吾も最初から巨匠ではなかったと思うとなぜかほっとした。

  • 東野圭吾の良さは、殺人を犯す側に存在する「やむにやまれずに犯した動機」の設定の良さにある。

    本作でも、殺人に至った側の動機は、他人から見れば本当に些細なことかもしれないが、本人にとっては必ずしもそうではない、というGAPが垣間見える。

    ここの記述の上手さが東野作品の最たる魅力かな、と自分では思っている。

  • 途中まで伏線も面白かったんだけど、最後の射場の場面でげんなり。そんなことくらいで。。。。。

  • 初めて、東野作品を読みましたが
    一通り、最後まで読んだな。。。
    という印象でしょうか。

    展開としてはなかなか良いのでは
    と思いながらも、ところどころ
    斜め読み状態で進んでしまったり。

    最後は、そうくるかぁ。。。
    というところでしょうかね。

  • 記念すべき最初の作品もやはり東野らしさ
    数年振りの再読。特出した凄さというのはないのだが、よくまとまっている。レビューを見ると、東野らしくない、今の作風とは違う、といった感想もよく見かけるが、間違いなく東野圭吾の作品の1冊だと言っていいと思う。

  • 超有名作家だけど実はあまり読んだこと無かったので、とりあえずデビュー作から読んでみようかと。

    しかしやっぱ時代を感じますね〜 キャラクターの性格やバイクの描写に80年代の香りを感じますし、セリカダブルエックスとか懐かしい。

    と、それはさておき肝心のミステリの方はというと、何か煮え切らない感が…

    殺害方法やトリックはともかく、殺された二人が「行為」を見たかどうかは定かではないので、殺害の動機としては微妙かなぁ、と。

    そして何より、ラストシーン。主人公があんな目に合うことでどのような効果を狙ったのか… 意図があったのかもしれませんが、本筋と関係なさ過ぎて自分は「は?」「で?」としか感じられませんでした。

    序盤から続く、主人公が狙われる描写はスリリングだったので、途中までは割と惹き込まれていただけに残念。

  • 60.やるせない、やるせない。読み終わった後はそうきたか!と、何となくずーんとした感じが残りました。しかも犯行動機が、予想もしなかったことで(@_@。←こんな顔に。いや、でも多感な時だからわかる気もするけど・・・。とにかくやるせないの一言に尽きる。

  • 推理はしっかりしてるのかもしれないけど、動機が「え、それでいいの?」という感じ。
    死ぬ程か恥ずかしく思う子なら、そもそま個室でない・見回りが来るとわかってる場所で自慰しないし、男ができた女なら夫殺す前に別れるだろうよ…

  • 殺人ってパズルじゃないんだよ。最近のミステリーってこんなんでいいんだ…。すごい人気の人なのに、まるで2時間ドラマみたいでとてもがっかりした。

    しかも、殺人の動機ときっかけになった状況が…。
    絶対あり得ない(爆)

  • 初めて読んだ東野圭吾さん。
    最後の最後まで目が離せない展開。

  • 東野圭吾のデビュー作。
    読みやすいし話しの展開もさすが!なのですが
    ラストはちょっと乱暴な印象です。

  • 参りました。

    最後の一文でようやく糸が繋がる。本を読む面白さを実感した。

  • 物語の舞台は女子高。
    何者かに命を狙われている気がして毎日を不安で過ごしている教師。
    そこで起きる別の教師への殺人事件。
    次は自分かもしれない…
    そう思い、自ら事件を捜査していくと、浮かび上がるいろいろな真実。
    だが、怪しい人間がいっぱいいて混乱したまま最後まで読まされます。
    自分は男だけど、
    十代の女の子たちの心理を上手く描いてるんじゃないかと思う。
    それに密室トリックをぽんと使い捨てたり、
    それでいてさりげなく張り巡らされた伏線、
    とても面白かった。

  • 一番最初に読んだ東野圭吾の本。

    私的にこれは無い。

    動機にも驚きだし、
    ああいう状況であんなことするかなぁ。
    ってのがあって、
    まったく入り込めなかった。


    (購入→OFF)

  • しがない数学教師と、女子高で起こる殺人事件…
    面白かった。
    メインの話とは別だけど、途中から怪しいなぁって思ってたら、最後にやっぱりきたー!

全867件中 1 - 25件を表示

放課後 (講談社文庫)に関連するまとめ

放課後 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

放課後 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

放課後 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

放課後 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放課後 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

放課後 (講談社文庫)の単行本

ツイートする