ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)

  • 216人登録
  • 3.05評価
    • (3)
    • (13)
    • (65)
    • (10)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 岡嶋二人
  • 講談社 (1989年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061843981

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  •  解説(カバーより):25の謎であなたに挑戦する、鬼才岡嶋二人の傑作推理短編集。犯人はだれか、なぜ完全犯罪は破れたか、暗号やダイイング・メッセージの解読。「ちょっと考えてみて下さい」という文章が探偵ゲームの始まりです。

     問題と回答を並べただけという短編の推理物は数多くありますが、この作品はそれぞれが一つの世界を作っています。難しいと思う問題もあると思いますが、よ~く考えてみると不思議と答えは出てきます。作品の性質上、再読するのはずっと先になりそう。

  • 2016年60冊目。
    読者への挑戦状付き短編25作品。
    分かったのたった2つだった…^^;
    それにしてもまぁよくこれだけネタがを考え出せるなぁ。登場人物に小ネタが仕込んであったり、色々なシチュエーションであったりと飽きずにさらっと読めた。
    個人的には、短編集ならなんでも屋大蔵の方が好き。

  • ショート・ショート・ミステリ。25編。
    わかったのは4つ。
    気軽に読むにはいいかも。
    「シェラザードのひとりごと」が好き。

  • 僕はミステリを謎解き要素で楽しんでいないので、この手の本はまったく面白くないという事がわかった
    あと、何とも納得のいかないものもあったりね

  •  25の推理クイズが収録されてて、全話違う登場人物。
     謎を解くのが警察の場合もあれば、犯人視点のものもあります。
     伏線というか、よく読んでいればちゃんとヒントみたいな表現もあって、答えを見ると、おぉ! て思う。

     でも、推理クイズは好きだけれど、全然正解しないんだよねー。
     1問しか正解しなかった…。

  • 短編ミステリー。
    読んですぐに解答はあるので、さくっと読めます。

    話は短いので、矛盾を探すのは簡単なのですが
    それが犯人につながるか…と言われるとちょっと。
    2者択一なら、多分こっち! と思えるのですが。
    3人になると、犯人がさっぱり分かりません。
    どこが引っ掛かるかは分かるのですが…それが犯人と繋がらない(笑)

    解説に書かれていた『最後の講演』の隠れた謎。
    あれは指摘されなければ、いつまでも気がつかなかったです。
    妙な所に罠(?)がw

  • 「ちょっと悩むと分かる」物が多く、ありがたいです。
    トリックのパターンや話のテイストがそれぞれ違い、読み飽きませんでした。

  • ショートショートミステリ。自分でも解けるレベルの謎がありがたい(笑)。解けなかったのもあるけど。短く読めて謎解きもあっさりしていていい頭の体操になる。ダイヤル式の電話とか40円切手とか時代を感じる話もあり。

  • 短編集で読みやすかった。事件をいろんな角度の切り口で紐解いていくので飽きないし、ちょっとした探偵気分で読める楽しい本。

  • 岡嶋二人作品だから...と、気合を入れて読む本ではない。

    ショートミステリーが数本入っていて、ミステリーの説明があり、さて、犯人は誰でしょう?と書いてあり、次のページで種明かしされる構成。軽く読む本。

  • 途中で、昔一度読んだことがあったのに気付く…。簡単なのは簡単だけど、最後の方ではつい考える前に答えを見てしまってました(><)でもこういう謎ときはクイズみたいで面白い。

  • これは小説って言うよりクイズブックな感じ。世の中曲がった目でしか見れない自分は、「なんだよ~。思いついたけど小説として消化できなかったネタ、もったいないから詰め合わせたんじゃないのぉ~?」なんて思ってしまう。嫌な子。
    コナンの1話で終わるエピソード見てる感じ。なんだけど!なんか!!「これ、他の可能性だって大いにあるんじゃないの~?」なんて話もちらほら。変なところで完璧主義な自分は消化不良です。
    そして1話だけ、答を読んでも理解できませんでした。
    だれか、「聖バレンタインデーの殺人」の解を教えてください。

  • 面白いし、星新一のショートショートみたいに切れのある話もあったけど、
    やっぱり長編でじっくり本格的なのを読むのが、
    この作者の場合は面白いだろうな。

  • ショートショートが全25編掲載されています。
    日本版5分間ミステリーみたいなものです。
    数ページの短い話を読んで、読者が犯人やトリックを当てるという推理クイズになっています。
    暇な時にサクッと読める手軽さが良いです。

  • 2003年11月30日読了

  • 岡島二人が読者に贈る。

    25の推理短編集。


    「ちょっと考えてみてください」


    あなたの推理力が試される一冊です。

  • 25の連作短編集。読者への挑戦つき

  • ショート・ショート。全25話。

    数ページの短いお話を読んで読者が犯人やトリックをあてるという推理クイズになっています。

    以前読んだ『5分間ミステリー』とよく似た趣旨のもの。でもこちらは日本人のミステリ作家たちが作ったとあって、前記のものよりは楽しめましたね♪

    でもやっぱり途中で飽きがきてしまった(笑)単調で同じことの繰り返しだからなのか?いや、単に私の集中力不足か?(笑)

    気晴らしに読むにはいいかもねぇ。軽くて、さくさくっと読めちゃいます♪

  • 読み応えも十分の1分間ミステリ。

全21件中 1 - 21件を表示

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)はこんな本です

ちょっと探偵してみませんか (講談社文庫)のKindle版

ツイートする