ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)

  • 278人登録
  • 3.18評価
    • (6)
    • (24)
    • (101)
    • (5)
    • (3)
  • 27レビュー
著者 : 村上龍
  • 講談社 (1989年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061844070

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 元・美大生の村上龍がどのような美的目標を描いていたのか、映画よりも具体的に味わえるアートブック。「平面性」が戦後アメリカの近代理性が到達した究極の公式であるとするならば、占領された日本側にとっての実存とは何か、それに村上龍の頻出テーマで挑んでいる。

    村上龍のアメリカ大量消費主義への信仰告白であると同時に、日本人であることの敗北宣言。その日本人のアイデンティティーをドラック思想に洗脳された退廃的な美大生が、アメリカンドリームの虚無を追及するといった短編集。特に平面性(表層)の実証不可能性を保留にしたまま消費文明を賛美する装置として、結婚制度や純愛を否定する不倫をキーワードに設定している。

    "それはね、表面以外は全部嘘ってことなのよ、と奥さんは答えた。Dは隣のデッキチェアで日本製のイヤホーンテープレコーダーを聞いていたが、それが奥さんの他の男との淫らな叫び声かどうかは、確かめようがなかった。"

  • 左腕だけは君のもの、Kの画廊、タキシードの老人、殺人者の忠告、ディスコ「セブンスターズ」、「ブラック、ホワイト、&イエロー」、銀行と乞食、退屈な浪費家、引っ越しする未亡人、救世主、娼婦達、表面以外は全部嘘、まばたきのアート

  • 村上龍さんの本は今まで読んだことがなく、これが初めて。第一印象は例えるなら「直球ど真ん中の剛速球」という具合でちょっと、いや、かなり引いてしまう。全編アメリカのポップアートが短編のエピソードの中に挿入されているのだが、そのポップアートがまさしくそんな印象がする。強烈なアメリカンスピリッツにビビッとくる一冊。かなり刺激的。

  • 村上龍さんの「ポップアートのある部屋」を読ませてもらいました。私にとって初めて読む村上龍さんの本でしたが、僕には刺激が強すぎました(笑)。しかし、女の艶めかしさ、ポップアートの描写はとても神秘的でした。絵を見て、美しいなどの感想を述べるのではなく、何かを感じ取るものだと思いました。最近ではネットなどの環境により多くの情報をいとも簡単に手に入れることができるようになりました。それが原因とは断定できませんが、少なくとも人の価値観には影響しているのではないでしょうか。絵の他に音楽でも感想を一言や二言で終わるようでは好きとは言えないんだと思い知らされました。

  • これぞ村上龍。MU!!に魅了される。
    満足度7

  • ポップアートを軸に据えたおしゃれな作品。何回も読みたくなります。短編集なので読みやすい。

  • 私の青春時代の憧れです。
    NYに行きたいと思ったのも龍さんの本を読んでからです。

  • 山口さんオススメ
    逗子図書館にあり。
    一度借りたが、読まずに返却。
    2012.2.12

  • かっけえっす。

  • ポップアート素敵
    短編集で読みやすかったです

  • 村上龍の作品は苦手だ。
    でも悪い作品だとは思わない。

    良い作品と好きな作品、悪い作品と嫌いな作品は別物。
    彼は、ふだんわたしが感じないどこかに眠っている感情をどこからか引っ張りだしてくる。
    不快だけど新鮮には感じる。

  • 表紙も中身も手の込んだ広告みたいでおしゃれ
    1つの話の中にポップアートの代表的な作品が1つ出てきて、それもポストカードとしてついてくるので見ながら読み進められる
    中のデザインももちろん話も含め、かなりおもしろいです

  • まあ、龍さんっぽいなーって。
    かっこいーなって。

    龍さんの描写は好きだけど、
    エロ描写に関しては、えぐすぎるのでちょっと春樹の方が・・・
    だけど
    これは短編で、個人的には丁度良いなー

    MU!!のおかげで、
    もー、表紙から中まですべてすばらしい。
    持ってるだけで幸せです。

  • 妄想なのか本当なのかよくわからない話がたまりません。スタンゲッツのくだりとか。

  • ポップアートの有名どころの作品にまつわる短編集
    アイデアがおもしろいなあと思った
    装丁とか、中の編集の仕方がオシャレ ビジュアルブックとして楽しめるかも
    ストーリー自体は、、、、
    他を知らないけど、とりあえずエロスな展開になるのが龍スタイルなんでしょうか?

  • アメリカンポップアートの絵葉書付き。

  • 村上龍異色のアートブック+短編集。

    短編ごとにポストカードとアメリカンなポップアートが挟まれていて、非常にアーティスティックな短編集となっている。

    村上龍を敬遠している読者達は、彼の短編から入門してみると良い。

    『走れ!タカハシ』にしても、『空港にて』にしても、この作品にしても、彼は短編作家としてその能力を長編とは違ったテイストで遺憾なく発揮する。

    今作は短編にポップアートが加わることで、彼がつむぎだすストーリー・文章により一層磨きがかかっているのだ。

  • 龍のアニキはクールだ。

  • 短編集                                                                    
    一枚一枚のポップアート作品をモチーフにつくったそう                                                             
    モチーフにした作品をはじめ、関連してたりしなかったりする作品がたくさんのページにちりばめられていて、みごたえがあります

    村上龍独特の雰囲気がよく出ていると思う
                                                                            
    ポップアートに興味ある方は、ぜひ◎                                                              
    “ポップアートは、私の心を打つわけでも揺すぶるわけでもなく、また内部に染み入ってくるわけでもなかった。
    ただ、表面に貼り付いたのである。
    スタンプのように貼り付いたのだ。”(村上龍)

  • 短編集。

    読みきりなので読みやすい。

    セックスがある部屋、のような気もする。

  • 短編ではもったいないの一言。

  • 正に村上龍!!という感じ。本文もいいんですが、とにかく装丁が素敵だと思います。

全27件中 1 - 25件を表示

ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ポップア-トのある部屋 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする