卒業 (講談社文庫)

  • 12909人登録
  • 3.22評価
    • (324)
    • (1116)
    • (2736)
    • (535)
    • (90)
  • 1157レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1989年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061844407

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

卒業 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 男3人、女4人の大学生グループ、うちカップルが2組。
    微妙な関係の沙都子と加賀。
    大学卒業を控えたある朝、沙都子はグループの仲間である祥子が閉ざされたアパートの自室で死んでいるのを発見する。
    当初自殺と思われたが、いくつかの不自然な点があり、加賀と沙都子は祥子の死の真相を調べ出す。祥子の死は自殺なのか他殺なのか、自殺とすればなぜなのか、他殺とすれば誰が犯人なのか…
    そんな中、恩師の家で開催された茶会において、もう一つの事件が起こる。

    東野さんのだいぶ初期の作品で、最近の作風とはだいぶ違う感じがした。
    ミステリー色の濃いミステリー。色んな人たちの思惑がからみあって、混線した事件になっているのが、最後どんどん解きほぐされていく。
    加賀恭一郎シリーズの第一作目でもある。まだ大学生で、剣道で学生一となる加賀さんは、無口でクール、そしてストイック。
    私はまだあまり読めてないけど、加賀さんファンの人は読んでみて損はないと思う。

    彼らの大学生活は、私が大学生の時とは全然違っていて、時代を感じた。
    でも何かどこかで知っている…と思ったのは、おそらくこの作品の若者たちの空気感や雰囲気が昔のトレンディドラマのそれに似ているからだと思う。
    ただ、彼らはバブルで弾けている印象はあまりなく、茶道や剣道、結婚への強い憧れを示す女の子たちなど、だいぶ古風な印象を受けるのだけれど。
    ひとりひとりは明るい未来を夢みた普通の若者たちなのに、どこで歯車がずれていったのだろう。
    大学生活という楽しい時間を共有したはずの7人、卒業後も時々会って旧交を温めるはずだった7人が、友を裏切り、互いに疑い、さらに死にも至らしめる…。
    友人というのは、結局どれだけの時間を過ごしても、全部をわかりあうことはできない、自分の都合や気持ちを優先してしまうのだなぁと、読後は切なくさびしい気持ちになった。

  • かなり珍しいと思うのですが!茶道のトリックなんて!
    難しかったけど、斬新だなと思いました。

    しかし、皆さん本当に大学生?すごく大人っぽいなーと…。
    自分が馬鹿なだけですけどね。

    加賀恭一郎さんは絶対男前ですよね。面白かったです。

    最後のシーンはなんか切なかった。

  • 加賀恭一郎シリーズの第一弾「卒業」を読んだ。卒業を控えた大学四年生の秋、一人の女子大生が死ぬ。親友の沙都子は残された日記を手に加賀と一緒に真相を探っていく。自殺か他殺か。友人みんなが疑心暗鬼に陥る中、第二の事件が起こる。。剣道と茶道を軸にした青春ミステリーともいえる作品。冷静に分析していく加賀の性格が印象的で本格的な推理に驚いた。これからの加賀恭一郎シリーズ、どんな事件が待っているのか非常に楽しみ。早く続編を読みたい。

  • 1日で一気に読みきりました。
    驚くことが多すぎて、最終的にはなんだか悲しくなりました。
    友達ってこんなもんなのかなあと考えさせられました。

    これからシリーズをどんどん読んでいきたいと思います!

  • 加賀恭一郎シリーズ第1作てことで読んでみた。序盤から肩パット入ってそうな雰囲気(←?)で、大学生がキザすぎて鳥肌がたった。出版年を確認すると、まさにバブル!!時代が違いすぎて苦しかったけど、なんとか完走…。ふぅ。

  • 学生らしい人間関係と、感覚の相違。
    それぞれの執着心や孤独が、繊細に表現されている興味深い作品でした。

    ただ、推理小説として読むには隠しすぎるトリックや後出しの理由が多かったように思います。
    それ故に読了後の「解けたぞー!」というスッキリ感がなくて、がっかりしました。
    ミステリー小説として読むなら、ややこしいトリックはいらないと思いますし…。
    何より、小説を読んでいるのに図説が何度も出てくるのは、かなり醒めてしまいます。

    推理小説やミステリー小説として読まず、
    物語として読めば、かなり面白いと思います。

    終盤まで南沢先生を疑っていて、すみませんでした!

  • 加賀さん、かっこよす(・ω・)

  • 加賀恭一郎シリーズ1作目。加賀さんが大学生の時の話。
    あっさり人殺しすぎあっさり死にすぎ。動機がどれも納得できなかった。
    茶道ゲームのトリックを書きたかったんだろうなというのは伝わったけど、ややこしくて読むのが面倒くさかった。なぜそんな手の込んだことを…と思ってしまう。茶道も、剣道も、興味のないジャンルの話は読んでいてもイメージわかず、さっぱり面白くない。興味ないジャンルでも面白く読める作品もあるけど、この作品はそこまで至らず。
    刑事の加賀さんは好きだけど、大学生の加賀さんにはいまいち魅力を感じなかったし、沙都子に至っては女性陣の中で一番個性がなくて、最後まで何がいいのか全然わからなかった。

  • “加賀恭一郎シリーズ”の一番最初のお話となるらしい本作。
    以前に読んだことがある『どちらかが彼女を殺した』(本文中に“犯人”の名前が明かされないつくりの小説。袋とじのヒント付き)にも登場していたらしい。
    だーいぶん前に読んだので、ちょっと思い出せない…また読み返してみなくては。
    加賀のキャラクターは好きなので、他のものも読んでみたい。
    切ない、悲しい、という感情もやはり含まれているのだけれど、解説の権田氏がおっしゃっているように、この小説は「青春推理小説」だ。
    東野さんが更に若い時の作品だからか、良い意味で“若さ”、”危うさ”が出ているように感じた。
    女の子も大人過ぎず、子供過ぎず、ちょうど良い描写。
    それぞれが、恋愛に、部活に、学業に、進路に、一生懸命な時期。
    卒業を控えた時の心情を思い返してしまった。
    トリックも変な表現かもしれないけれど、ごつ過ぎず、良かった。
    東野作品の中では、珍しく、ラストが私の好み。
    「さりげない、しかし題名にふさわしいラストシーン(権田氏)」が物語をぐっと締めてくれました。
    爽やか。「青春」という単語が私は好きです。

  • たくさんの伏線が絡み合いはやく続きが読みたい!と思わされる本だった。
    途中難しいところがあったがトリックが明かされた時はなるほどと思った。ただわりと残酷な話であるなと感じた。一緒にいて仲のいい友達でもやはり根源に抱えている悩みだったりって計り知れないとも思ったし、もし私が明日死んだらだれがその理由をわかるんだろうというような場面になるほどと思った。それにしても2人の恋は切なかったなあ…

  • 東野圭吾B-(笑。
    加賀恭太郎って人気シリーズらしいのだけれど、どうも彼はわかりづらい。この作品でも大学生で変に老成しているし、どうも読みづらい。

  • 加賀恭一郎がまだ学生だったときのお話。事件が解決して物語が終わった時点でも、加賀恭一郎は沙都子さんを愛し教師を目指している。現在はまだ独身で警察官。どうしてそうなったのか、これからの加賀恭一郎シリーズでも詳しく明かされてないところが気になります。

  • 初読書の作品。

  • 加賀がまだ学生時代の話。親友だと思っていた仲間たちの殺人と裏切り

  • やっぱり裏切らない!!
    東野圭吾さんはオチを予想させながら、
    全然対極に持っていく、
    その手法にまんまと今回もはまってしまいました。

  • 加賀恭一郎シリーズの1作目と期待して読んだせいか、ちょっとがっかり。加賀のキャラクターにも違和感をおぼえた。
    いわゆる本格ミステリーの分類に入るのだと思うけど、トリックに懲りすぎている感じ。形状記憶合金なんて、作品発表当時は画期的なトリックだったんだろうけど、今読むとやはり古い感じがするのは仕方がないか…。
    殺人の動機もイマイチ。
    シリーズの原点として読んでおくというのなら、まぁありかもしれない。

  • 東野圭吾作品に頻繁に出てくる加賀刑事が初めて登場する作品。加賀刑事はまだ大学生です。

    感想は・・・

    東野圭吾も、加賀刑事も「若いな~」って感じでしょうか

    最近の東野作品をたくさん読んだ後なので、文章にも無駄が多い気がするし、若さというか、青臭さを感じでしまうし、内容も少しわかりにくい。ミステリー度を難しくしようと頑張ってる感がいっぱいで、逆にわかりにくい。ちょっと飛ばし気味に読んでしまった。。。

    けど、加賀刑事作品が好きな人なら、加賀刑事のスタートとして、一度は読んでおいた方がいいかも?

  • 学生時代の加賀恭一郎。最初の事件。
     
    雪月花のトリックは読んでも理解できなかった。
    挙句の果てに、成功確率低い気がするし・・・

  • 学生時代を過ごしてきた友達
    特に、親友と呼べるほど仲良くしてきた仲間が亡くなったことから
    いつも一緒にいるのに、分からないことだらけだったことに気がついたり
    卒業がキーワードとなり、
    この先の未来のことを考えていたり
    学生時代の仲間の大切さを感じられました。

  • 7人の大学4年生が秋を迎え、就職、恋愛に忙しい季節。ある日、祥子が自室で死んだ。部屋は密室、自殺か、他殺か?

    初期の作品だからか、今の作品程のワクワク感を感じなかったかも。

  • シリーズものだときいていたけど、
    加賀恭一郎シリーズ第一弾とのこと。

    読みやすいミステリー。
    ほどほどにわくわく。

    続きを読んでいくつもりなので
    今後の展開に期待。

  • ドラマで新参者を見て気になりました。加賀恭一郎シリーズ1作目です。刑事になる前の大学生の時のお話です。
    トリックは流し読みしてしまいましたが、物語としては青春要素が強くとても楽しめました。卒業間近で最後の部活の試合、就職で離ればなれになり疎遠になっていきそうな切なさ。人間描写が良く、トリックよりも動機が気になって読み進めていました。
    しかし青春といっても爽やかではなく、少しドロドロしています。どんなに仲が良くてもちょっとした些細なことから裏切ってしまい、それが連鎖していく救いのない悲しいお話でした。

  • 加賀恭一郎初登場作品。らしい。笑 雪月花のくだりはめんどくさくて飛ばしてしまった。東野圭吾だから、まぁいいけど。という感じ。

  • 加賀恭一郎シリーズ第一作。本格推理の常道を踏んだ本格推理なのだが、びっくりするほどつまらなかった!人物にもストーリーにもトリックにも興味を持てず。「よく似てるのにちっともおもしろくないモノマネ」みたいな感じである。
    読んでいて何度も、同じ著者の『名探偵の呪縛』を思い出した。本格推理への執着と訣別、そして今なお残る複雑な愛が描かれた作品(←と私は思っているが、ほかの人はそう思わないかも)。おそらくこの『卒業』こそ、著者の本格推理時代に書かれたものだ。そしてこれが本格推理時代の白鳥の歌なのかも…。続編『眠りの森』は、雰囲気が少し違うから。少なくとも、いわゆる「化ける」前の作品であることは間違いないと思われ。
    なんとなくしみじみとした気分になる。

  • 加賀恭一郎。
    雪月花の所を真面目に考える気にならなかったので全部読んでも未だによくわからない話。

    ってかあんな人の限定される茶室で殺人を行おうとする犯人…
    動機も全くピンと来ない。

全1157件中 1 - 25件を表示

卒業 (講談社文庫)に関連するまとめ

卒業 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

卒業 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

卒業 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

卒業 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

卒業 (講談社文庫)の単行本

ツイートする