卒業 (講談社文庫)

  • 12848人登録
  • 3.22評価
    • (323)
    • (1112)
    • (2723)
    • (535)
    • (89)
  • 1152レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1989年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061844407

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

卒業 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • トリック2つ、少々難しい。ちょっと動機に無理があるように思える。

  • 仲間とか友達とか恋人とか、清い関係に描かれがちだけれど、そんな甘くないんだよと現実を突きつけられた気分。
    仲間でも友達でも恋人でも、自分の人生の岐路に至っては、裏切るし、憎むし、突き放すし、殺してしまう。
    学生と社会人との転換期、過剰に怯え防御してしまったのだろうが、しかし、この関係性の崩壊はどれもこれも辛すぎやしまいか。
    大学生な加賀が冷静で論理的であるのが余計に、この結末をいたく苦しいものにしている気がする。
    しかし、加賀。
    付き合ってないのにプロポーズとか…真っすぐなんだけど、どこかズレてるんだよなー。

  • 加賀恭一郎を主人公としたシリーズの一作目の物語。
    加賀にも大学生のときがあったのだ・・・とあらためて気づくほど、現在の加賀のキャラクターからは想像もできない言動が描かれている。
    まさに加賀の青春がこの物語の中にはある。
    後に刑事として活躍することになる加賀は、学生当時から観察眼も鋭くじっくりと推理を練り上げて行く片鱗をのぞかせている。
    登場人物のひとりひとりも丁寧にキャラクターが描かれ、読みやすいだけではないミステリーに仕上がっていた。
    「雪月花之式」も解説がきちんとされているために、予備知識がないまま読んでも悩むことはない。
    「加賀恭一郎シリーズ」が好きな人にとっては読み逃がせない物語だと思う。

  • 再再読くらいになるか・・・・・
    メインのトリックは現在の状況からみるとたいしたことが無いように思われるが、発表された当時にはかなり最新の情報を入れたものだったと思う。
    それとお茶という古典的な様式との対比がおもしろい。
    『卒業』という題名にふさわしい内容に思う。

  • 加賀シリーズ一作目。
    シリーズものとは知らずに偶然最新作を読み、ではシリーズのスタートは?と購入。
    茶道はわからないのでそこは雰囲気で読み進めました。
    なんとかなります。
    帯には丁寧にシリーズ全作が記されていた。
    段々完成度が高くなるのだろう
    か。
    順に読うと思った。

  • あんまり好きではないけど

  • なんとなく、話の頭から、伏線に気づいてしまう。あえてそれを狙っているのか、よても読みやすいし、面白い。

  • 加賀恭一郎シリーズ、初読。
    う〜ん、つまらなくはなかった。

    初登場だからかもしれないけど、加賀恭一郎が期待よりも個性がなくて、ちょっと物足りなさを感じた。続編ではもっと濃いキャラになっていくのかな…。

    それと、殺人に絡む動機が緩めだったのと、雪月花之式のトリックがちょっと複雑すぎる気がした…、その辺が残念だったかな。

  • 大学生の加賀恭一郎が身近に起こった同級生の死の真相を解明していく青春ミステリー。父親との確執もこの頃は既にある・・・謎を謎として放っておけない。常に理論的で、情に流されない。恋した女性にもストレートな告白。加賀の人物造形がこのころからしっかり書き込まれているのに驚く。
    ただ、ミステリーとしては、密室のトリックも、雪月花之式のトリックもパッとしない。特に雪月花のカードトリックは図まで書いてあったけど、茶道の心得がない者には今一つピンとこないのでは?最後は、面倒くさくなってきたのが残念。

  • 茶道のトリックは行き当たりばったりで、トリックとしてはあまり完成度は高くないと思うが、複雑で読み飛ばしていました。祥子の死も衝動的過ぎるし、全体の完成度としては東野圭吾にしては高くないかもしれないです。

  • 加賀シリーズ1作目。
    茶道のトリックは
    理解できれば感動するのだろうけど
    全くわからずでした。
    そしてラストも気に入らず。
    このタイプのラストは
    本当に苦手というか嫌いです。
    推理で追い詰める
    ってのがそもそも嫌いなのかな。


    2016.12.17 読了

  • 加賀恭一郎シリーズの第1巻。

  • 加賀恭一郎が学生時代の事件。

    茶道のトリックは図解もあるが、わたしにはついていけなかった…。難しい。
    今の大学生からは想像もできないほどのバブル感。それに慣れるまですこし時間がかかりました。

  • 自殺、他殺?なぜ?が読み進めるにつれてどんどん引き込まれていく構成。トリック自体は難解で大体こんなもんかなという理解。剣道、茶道と日本的なのもとても好感が持てた。

  • 新刊に読みたい本もなく、このシリーズは最後の3冊しか読んでいなかったこともあり、思い切って最初の巻に戻ってみることにした。
    1989年5月が第1刷初版だが、私が買った本は今年9月のもので第151刷。このサイトで登録している人が12,551人って、桁違いに凄いなぁ。
    加賀の同級生の女性が亡くなり、当初は自殺と思われたが、状況に不自然なところがあり事件性が疑われることに…、という出だし。
    下宿屋の存在や学生生活の小道具にも年代を感じさせるものが多く、設定も“密室”となれば、もはや古典の趣。
    と思っていたら、次には作法がややこしいお茶会の席でまたひとりが亡くなり、今度は衆人環視の中での事件となって、“フーダニット”の設定が重なる。
    かなり凝ったというか才気走ったつくりを楽しみながら、下宿のレイアウトやお茶会の作法が図解されるのもよく覚えておかねばと注意しながら読み進む。
    が、2つの事件の関連性も、動機も、手口も、きっかけすらつかめず、そのまま謎解きに突入したが、解説されて、何度も図を見て反芻して、それでようやく何となく分かった、かな?
    今にして読めば、ガリレオシリーズを連想させる手口があったり、こうして昔に帰るのもなかなか良いと感じられた。

  • 読みにくいし、ベタな推理小説って感じで
    トリックがくどすぎ、わかりずらい。
    仲間としての個々の行動も、?の部分も多く、
    途中で読むのやめちゃったー

    初期作品だからかなー

  • 久々のミステリー。加賀さんが魅力的。
    ミステリーは映像の方が好きかな。ちょっと不得意。

  • さすがの加賀恭一郎でしたが、茶道のトリックは全然頭に入らず。

  • 加賀恭一郎シリーズ一作目。
    デンソーに居たとか。理系作家らしいトリック。
    切ない。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:913.6||H
    資料ID:95060341

  • なんといっても一番大事な殺人の種明かしである茶道のトリックの所が私には難しく全く理解出来なかったので著しく消化不良。それに恭一郎が事件の真相を突き止めて後、友人である犯人を警察に行かせて罪を償わせることもなく放置し、その後その友人が自殺するという結果には頭をひねらざる負えない。

  • 加賀恭一郎のシリーズの第一作だが、アパートの密室トリックも、お茶会のくじ引きイベント「雪月花之式」のトリックも、理屈っぽくて読んでいて引き込まれない。本格推理小説が性に合ってないのかも。

全1152件中 1 - 25件を表示

卒業 (講談社文庫)に関連するまとめ

卒業 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

卒業 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

卒業 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

卒業 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

卒業 (講談社文庫)の単行本

ツイートする