総門谷 (講談社文庫)

  • 264人登録
  • 3.70評価
    • (29)
    • (32)
    • (50)
    • (4)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 高橋克彦
  • 講談社 (1989年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (784ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061845053

総門谷 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんかもうUFOやら宇宙人やらピラミッドパワーやら民俗学やら、一冊読むうちに、それなりに語れそうな気がしてしまうほどの情報量。
    少し引いてしまいそうなネタなのに、つい「へええ」って聞いてしまう。
    これはこれで終わったのだろうから、続篇は、また「やり直し」た時の話なのかな?

  • ちょうどこの時同時に読んでいた柳田さんの「遠野物語」とリンクする部分が多く、シンクロニシティを感じたのを覚えています。東北地方の不可思議さにも関心をもつきっかけになりました。普通のSFとしても一級品と思います。

  • 『青夜叉』『星封陣』に続いて挑んだ高橋克彦作品。
    何でもアリ過ぎてレビューが書ききれない。

    トンデモではあるかもしれないが、一気に読み終えた。

  • かなり昔に完読

  • 伝奇SF小説というくくりを超えた
    ぶっ飛んだ感じが楽しめるかどうか。

    前半パートと後半パートでテンションが変わってくるんだけど
    後半はやや口ポカーン( ゚д゚)気味。

    前半の雰囲気は好きだった。

  • 何とも分厚い一冊。
    高橋節が炸裂しているなぁ。

    先に竜の柩を読んでいたので、ネタ被りしている部分もあったけれど
    今作もトンデモ説盛りだくさんで楽しめました。

    名だたる歴史上の偉人たちが、陳腐な敵役になっていて笑ってしまったー。
    しかし伝奇小説としては、やはり竜の柩が数段上ですね。

  • 終わり方が気に入らない。
    それまでは良かったのに。

  • 高橋克彦が、吉川英治文学新人賞を受賞した作品。ミステリー作家と思われていた氏が、とんでもない伝奇SFを書いてしまった。ネタが凄い、あらゆるSFのテーマがほとんどつぎ込まれている。文庫本で778ページ。上下巻に分けないところがミソ。読み始めたが最後、読み終わるまで、飯も食えない。だって私がそうだったもの。

  • 歴史の事実を随所に散りばめながら、UFOの謎に迫る本書は、歴史ファンタジー小説とでも言おうか。

    小説の前半までは、うんうん、ありえる、ありえると頷かされることが多かったが、後半になってくると、役小角やハンニバルなどが登場し、さすがに、少し笑みがこぼれてくる内容だが、そういう小説だと思って読めば、なかなかに面白かった。歴史的な知識の裏づけがなければこのような小説はかけない。東北に関する歴史小説も多く書く著者だが、本書も東北を舞台に話が進む。広島出身の私としては、庄原にあるピラミッドの話も入れて欲しかったと、少し残念に思った。

    明日からは続編の総門谷Rだ。

  • 高橋克彦版『猿丸幻視行』みたいな話。と思っていたら、後半はまるで『イデオン』みたい。カバー裏のあらすじは、ネタを割っている。

全29件中 1 - 10件を表示

総門谷 (講談社文庫)のその他の作品

総門谷 (講談社文庫) Kindle版 総門谷 (講談社文庫) 高橋克彦

高橋克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

総門谷 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

総門谷 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする