北斎殺人事件 (講談社文庫)

  • 243人登録
  • 3.65評価
    • (13)
    • (42)
    • (47)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 高橋克彦
  • 講談社 (1990年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061847156

北斎殺人事件 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今回は葛飾北斎が実は隠密だったのでは、という謎に迫る物語。
    研究の過程で発生する事件はひとつのエッセンスに過ぎず、作品の本質は膨大な調査に基づいていると思われる北斎の謎。
    単なる小説とは思えない奥深さに感銘を受けました。
    いつか小布施に行ってみたいな。

  • 北斎隠密説の説得力、考証が緻密で素晴らしい。元々資料が少ないらしいので、どうとでも書けると言えばそれまでかもしれ無いが、門外漢の私には、間違いない仮説のように思える。学会はどう評価しているのだろうか。一小説家の戯言と捉えているのかな。資料絶対主義からいけば黙殺しているんだろうな。

    肝心のミステリーの部分も悪くはないのだが、この作品に限っては、余計な物にも思える。歴史ミステリーとして、隠密説だけを追う展開にしてもよかったのでは。

  • 浮世絵シリーズ第二作、北斎隠密説に迫ります。
    現実でも時間が起こっているのですが、それが霞むほど浮世絵に関する謎の部分が面白いです。状況証拠を積み重ねて事実だと思わせる説得力、すごいですね。

  • 2014/01/25購入
    2014/02/15読み始め
    2014/02/18読了

  • 浮世絵シリーズ三部作、2作目。今作では葛飾北斎がテーマ。

    前作は写楽別人説を元に写楽は一体何者だったのかを追究するものだったが、今回は北斎が実は幕府の隠密(=スパイ)だったという説を追究する。正直、隠密という陰謀めいたキーワードからして、前作よりもこちらのほうが断然興味が湧き、面白かった。現代の方の贋作トリックも面白く読めた。
    前作に続き、元研究員の津田が登場。探偵役としては今作から登場する塔馬双太郎の方が役割が大きいか。

  • ボストン美術館で殺された老日本人画家とは何者か?一方、日本では謎の生涯を送った浮世絵師・葛飾北斎の正体に迫ろうと研究家たちが資料を追う。北斎は隠密だった?日本とアメリカを結ぶ鍵はどこにあるのか。また鍵を握る人物とは?浮世絵推理の第一人者の「写楽殺人事件」に続く傑作。日本推理作家協会賞受賞作。

  • 東北地方などを舞台とした作品です。

  •  浮世絵三部作・「写楽殺人事件」「北斎殺人事件」「広重殺人事件」を総括して。

     三作とも個別に独立した内容だが、通読して包括される世界と、伝わる願いがある。
     浮世絵の蘊蓄と日本近世史の動向が絡み合い、生きた存在としての絵師を浮かび上がらせる。
     基本的な構成は、三作通じて同様。
     プロローグで当該作品の紹介、本編で絵師の実態についての仮説と調査の展開、死者からの手紙による告白、贋作判明後も残される仮説の有意性。
     文化や研究の興隆よりも、私利私欲の我執に取り憑かれた愚挙に揺れ動く現実社会。
     学者の曖昧な態度への批判、学問の怖さ、名声や商売に翻弄される研究者の哀しさ。
     「北斎」で語られる観光学の土産意識や、日本と海外の色彩感覚の差異、嗜好による調整、虹彩の違いにまで言及しての比較文化論も面白い。
     そして、「写楽」と「広重」の対比に見る、探偵視点の推移と、真相吐露側が入れ替わる、位置の相似性。
     三部作読了後は、「ゴッホ殺人事件」で示唆される塔馬双太郎の過去にも思いを馳せる。

  •  歴史ミステリをからめたミステリ。ボストンでの殺人事件と、北斎に関わる問題が同時進行する。当然といえば当然なんだけど、両方が結びつくってことはない。歴史ミステリは、殺人事件の方から見ればただのおまけである。が、そのおまけの部分がどれだけおもしろいかで、こういう小説の楽しさは変わってくる。この小説は、思い切り楽しかった。本編の殺人事件の話より、ずっと楽しかった。
     が、本編の方もおもしろい。ある瞬間から、同じ場面がまったく別の意味を持って見えてくるような、気持ちの良さを感じた。ラスト、切なかった。主人公に感情移入ができる。彼の持つ感覚を、素直に自分のものと感じることができるような気がするのだ。
     物語の話主がふらふらと変わっていくところが気になったけど、それをのぞけば傑作ミステリだと思う。おもしろかった。

  • 北斎は魅力的な人物。ここでは隠密にしてあるけど、どうかな? 
    小布施には行った。江戸から離れて、あんなところに独りで....。天才北斎がこんなところに住んでいたって思って、感動した。

  • 葛飾北斎の幻の作品をめぐる罠。

  • 写楽殺人事件から続く高橋克彦の浮世絵シリーズだが、この北斎が一番好き。
    これを読んでからずっと北斎は隠密だったと私は信じているのだ。

  • 浮世絵三部作第二弾、北斎。
    津田と塔馬の初体面。
    津田が北斎隠密説を展開する。
    その頃ボストンでは日本人の他殺事件が見つかり―――。

  • 前作の「写楽殺人事件」もとっても面白かったのですが、私はこの作品の方が上をいくと思います。まずボストンで起こった老人の殺人から始まるのですが、最後には日本での事件とピタっと出合うところなんてメチャ面白いですよん。また北斎隠密説、本当にそうなんじゃないだろうか!?と思わせるほど、きちんとした推理になっていると思うんです。(ん・・・私が単純だからかな?)。読み進めていくうちにもうウキウキしてきましたもの。本当にすごい作家だと思います、高橋氏は。あっ、それと、できれば「写楽殺人事件」から読まれることをオススメします。北斎を研究する人が同じ人物であり主人公です。前作での事件のことに関係している部分もでてきますので。

全22件中 1 - 22件を表示

北斎殺人事件 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

北斎殺人事件 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北斎殺人事件 (講談社文庫)のKindle版

北斎殺人事件 (講談社文庫)の単行本

ツイートする