そして扉が閉ざされた (講談社文庫)

  • 1535人登録
  • 3.38評価
    • (79)
    • (226)
    • (390)
    • (66)
    • (11)
  • 227レビュー
著者 : 岡嶋二人
  • 講談社 (1990年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061848160

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • クローズ・ド・サークルもののミステリー。
    推理小説が好きでいろいろと読んでいる人は、かなり面白く読める物語だと思う。
    閉じ込められた空間には四人の男女。
    彼らはみんなある女性の事故死に関わっているのでは?と疑われた人たち。
    自分が犯人ではないことは自分だけが知っている。
    だが、状況的には四人の中に犯人がいるとしか考えられない。
    自分たちはなぜ拉致されたのか?
    事故について自分たちは何を知っているのか?
    たどり着いた真相には驚かされた。
    構成、伏線の張り方、そして結末。
    どれも素晴らしく楽しめた。

    舞台向きに書かれたのでは?と思ってしまいそうな展開だった。
    回想シーンや冒頭部分に工夫をこらせば、そのまま舞台として演じることも可能な気がした。
    推理小説の基本的なルールというものがある。
    謎解きに必要なものはすべて読者に提示されなければならない。
    いきなりラスト近くに登場した人物が実は真犯人だった・・・などということはルール違反だと言えよう。
    この物語はそれらを含め、推理小説の王道をいく物語だと思う。
    かなり昔に書かれた物語だけれど、面白さは少しも目減りしていないと感じた物語だった。

  • こいつが犯人だろ。ってのは、結構簡単に分かってしまうのだが、まあ、そんなことはどうでも良くって面白い。

    もっとも、犯人予想は伏線があってそっから読み取れるってわけじゃなく、メタ的な予想だから話の出来が悪いってわけではない。

    ただ、なるほどなー、と思わせる部分もあるけれど、結構、予想できる範囲でのストーリー展開だけに満足感はあまりないかも。

    分量も多くないから気軽に読み解いていく。そんな軽い気持ちで読めてしまうのが良いところかもしれない。

  • 久しぶりの純本格ミステリ(島田さんの解説を読んでいると、僕のジャンル区分もだいぶ不安になりましたが)
    ミステリとしてだいぶ楽しめる作品でした。しかもとても読みやすかったです。
    まあ、だんだんと大まかな真実は分かりましたが、伏線には全然気づけませんでした。伏線の張り方がうまい!!

  • 閉鎖空間における推理プラス脱出もの。
    地下の核シェルターに閉じ込められた四人の男女、とはいえデスゲーム的な緊迫感を狙った話ではなくて、『十二人の怒れる男』のように登場人物たちの議論を追いつつ論理の冴えを楽しむことに狙いを定めた舞台設定。
    ややこしくて面倒くさい恋愛模様はあるものの、少しずつ真実に近づいていくロジックはミステリとして申し分なし。こんなに少ない登場人物、かぎられたシチュエーションでどんなオチが用意されているのか怖かったが、見事に意外なものだった。満足。

  • 核シェルターに閉じこめられた男女4人の脱出劇。
    閉ざされた空間での会話劇って、
    まるでお芝居を観てるみたいでワクワクします。

  • 岡嶋二人にしては、読みづらかったです。地下シェルターの中で特に大きな事件が起こることもなく、ひたすら過去の殺人事件の真相を追い求めるというのが……
    私は苦手です。でも、これが「本格」なのでしょうか。

  • 地下の核シェルターに監禁された4人が、命がけの推理合戦をする…という設定はとっても楽しいですが、もっと緊迫感が欲しかったな、と思います。
    徐々に明らかにされる事実、そして解決までの道筋はおもしろく、真相も納得でした。

  • 完全に閉鎖されたシェルターに閉じ込められた4人の男女。
    その中で彼らの共通の友人が死亡した真相が暴かれることになる。

    特に文章が稚拙なわけでも秀逸なわけでもなく、
    仕掛けられたトリックも凡庸。

    しかし、読みやすく、最後まで読ませるだけの勢いはある。

    登場人物の心情が薄っぺらくてリアリティにかけるのが、
    結局は作品の筋を嘘っぽくしている最大の原因であるように思えた。

    人にオススメできるレベルではないが、暇な人は読んでもいいかもしれない。

  • 主人公達の人物描写に無理がありすぎて・・・。

  • 密室に閉じ込められた男女4人の会話や様子から、別荘で起こった殺人事件の犯人が明らかになる様子を描いた小説。
    面白いけど、こまかいところはおいといてって感じは否めない
    70年代位の映像や音の質感でドラマ化されてたら見てみたい。

  • すっっっごい面白かったです!!!!!
    回想と、閉じ込められた扉の中のほぼ二場面で構成されているのですが、読んでいて全然飽きない。先が気になって、夢中で読みました。
    謎がじわじわと明かされていったり、新しい疑問が生じたり…ペース配分が絶妙です。
    そしてオチがまた…見事に気持ちを揺さぶられました。

  • あんまり記憶に残らない

  • 2017.6.23読了 71冊目

  • 登場人物に対するストレスが無ければ4.5点。

  • 目が醒めるとそこには、3ヶ月前に集まった4人がいた。そこは完全に閉ざされた地下のシェルター。
    咲子という女の死因を事故死ではなく殺人だと思っている母親が、事件に関わりのある4人の男女を別荘の地下シェルターに閉じ込めてしまう。
    雄一、正忠、千鶴、鮎美の4人は、この空間で咲子の死を否が応でも振り返ることに。

    密室で仲間4人を疑う環境は、精神的に追い込まれる。それにしても4人のキャラクターは、灰汁が強くてちょっと苦手だった。特にすぐヒステリックになる千鶴。あの子好きじゃないわー。
    最後の推理は驚いたのと、あーー!がーん!って感じ。気持ちが行動に表れたせいだなぁ。

  •  作品解説:富豪の若き一人娘が不審な事故で死亡して三ヶ月、彼女の遊び仲間だった男女四人が、遺族の手で地価シェルターに閉じ込められた! なぜ? そもそもあの事故の真相は何だったのか? 四人が死にものぐるいで脱出を試みながら推理した意外極まる結末は? 極限状況の密室で謎を解明する異色傑作推理長編。

     異色でありながら本格という以外書くとネタバレになりそうなので書きませんが、限られた人物の中で、誰が犯人なのか? また、どのようにして殺したのか? 読み終わった後に「それはズルイ!」という方は少ないはずです。

  • 読みやすくわかりやすいし意外な犯人像だった。深読みしたが最後はシンプルだった。

  • 閉ざされた空間で、しかも囚われてわけがわからない状態で推理が行われる密室劇。
    ほとんど一気読みでした。
    読みやすいし、内容も気になってページをめくる手が止まりません。

    密室劇+推理する事件は一つ、と、ある意味とてもシンプルなのに、読み応え抜群。
    真相も「そうきたか!」としっかり騙されました。
    久々に面白い推理小説を読みました!

  • あれ、この話、どこかで見たことがある…。
    車のトリック、知ってたかも。
    テレビドラマでやったかな?
    検索したけど出てこない。

    途中までは割と面白く読めたのに、
    鮎美が結構しつこいので誰が犯人で誰が庇ってて、
    誰が細工を…っていうのに気が付いて、
    そうなるとアリバイ工作もわかってしまった。
    私ごときが気がつくはずがないので、
    きっと以前どこかで見たのだと思う。

    でもそれが何なのかがわからないため、
    作品にはあまり関係のないモヤモヤ感が残った。

  • 切り口が新鮮で面白い

    不審な死を遂げた女性の死の真相を探り合うのですが
    実は犯人すらも自分が犯人だと気が付いていない
    故に、読み手としても騙されているわけではない

    でもちゃんと犯人はいた

    ただ、登場人物それぞれが少しずつ何か手を加えたことで
    真相がわからなくなってる、というような仕掛けでした

    真相は案外、なーんだそれだけかというくらい普通なのですが最後まで飽きずに読めました

  •  富豪の一人娘が事故死した3か月後、その遊び友だちだった男女4人が、遺族である母親によって、地下シェルターに閉じ込められる、という結構怖い設定。
     脱出を試みながら、4人が事故の事故の真相を推理するんだけど、まさに極限状態だな、と。
     事故の真相は意外だったけど、何か切なかった。
     てか、その4人の結末は切なかったけど、母親の結末は、何かちょっとうーん…て感じだったかな。

  • 結末は予想できなかった。

  • 結構ハチャメチャな展開をシリアスに書いてる感じ。
    とりあえずこういう、どんでん返し系好き。

  • そして真実の扉が開かれる
     核シェルターに監禁された男女4人が、命をかけて事件の真相解明に挑む。
     殆ど情報が入らないなかでの推理戦のため、思うように議論は発展せず平行線をたどります。それでも単調な感じがしないのは、パニック小説や、恋愛小説としての見所があるから。レビューを見ると、登場人物に関する批判が多いようですが、極限状態で冷静でいられる方がおかしいですし、何の不満もありません。
     フーダニットも優秀です。ラストは物悲しさが残りました。

  • ちづちゃんかわいそう

    密室が殺人と関わっていない
    ある種、被害者(の母、この人も被害者か)が作った密室
    容疑者達が記憶を元に、犯人?を追い詰めていく


    掃除がされていないのも複線か、用意したのはその人じゃないってことで。
    気付けない程心が支配されていたのだなぁ。
    悲しい事故と言えるし、勘違いが勘違いを産んで絡み合ったからこそ犯人がわかったとも言えるのか。
    一気に読んでしまった。
    結局、話し合っていればコンクリ壊さんとも出れたのかな。

全227件中 1 - 25件を表示

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)に関連する談話室の質問

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)のKindle版

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)の単行本

ツイートする