魔球 (講談社文庫)

  • 4141人登録
  • 3.43評価
    • (222)
    • (499)
    • (933)
    • (124)
    • (20)
  • 403レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1991年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061849310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

魔球 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 全く先が見えない、予想もつかない、メークドラマが私は大好き。
    どれ程に実力があって、
    敵う者など無い、と誰もが認める強豪が相手だとしても、
    『球』の行方だけは最後の最後までわからない。

    九回二死満塁。
    ピッチャーの手を離れた瞬間、その『球』にどんな奇跡が起こるのか?
    序章からぎゅっと心を鷲掴みにされてしまった。
    すでに物語の中心である、
    ピッチャーマウンドに立っている天才『須田武志』は
    眩しいほどの光を輝き放っている。

    東野さんは、
    ここからどんな魔球を魅せてくれるのだろう?
    そう期待し始めた途端、
    天才が死んでしまった。

    筋書きの無いドラマが好き、と言いながら、
    まさか、ここで主人公級のエースの存在を失うなんて予想だにしていなかった。

    序章はスカッと晴れた爽やかなゲームで上がった幕であったが、
    読み終えてみると、
    ぽつり、ぽつりと振り出した雨が、
    最後にはどしゃぶりにでもなっていた様な、
    あまりにも悲しい結末。

    することがなくて、
    でも、何か考えたくて、
    表紙をじっ…と見つめ続けていたら、
    『魔球』のなかに潜んでいた
    『鬼』を見つけてしまった。

    (こいつが、真の犯人じゃないか?)

    私はそう思う事にした。

  • 「魔球」はちょっと仰々しくないか…?ただ揺れて落ちるボールに。そして、その魔球はどれだけ物語の中核を担っていたのか…それと、お兄ちゃんの性格の歪みっぷりが残念だ。約束を守ることは美徳だけど、固執しすぎれば病気だ。でも様々な要素が一つに集約していくときの高揚感は流石です。一度物語を分解して、並び替えて、配置して、俯瞰してって作業なんだろうな。その作業はやっぱり理数系の脳の動きなんだと思う。

  • とある高校球児の話。

    スポ根ではない。
    なにも殺すことなかったんじゃないかな。
    しかしやっぱり小説に図説はいらない。

  •  1988年に刊行された『魔球』は、『放課後(1985年)』で江戸川乱歩賞を受賞してデビューした東野圭吾さんが30歳の時の作品である。

     私が読んだことのある作品の中では『卒業(加賀恭一郎シリーズ/1986年刊行)』に次いで古い作品なので、近年の『祈りの幕が下りる時(加賀恭一郎シリーズ)』のように、読者を序盤から物語の中に引きずり込んでいくような力強さはなく、まるでスタンドから観戦させられているような疎外感を感じる。しかし、後半になると並行する二つの筋の中で、素性があいまいだった登場人物たちの関係が徐々に紐解かれ、紛れもない東野作品であることが判明するのだ。

     血のにじむような努力を重ね、運命を切り開こうとした兄を襲った不運とは何か、改めて書くまでもないことだが、東野圭吾さんの作品は、悲しい生い立ち、苦しい経験、辛い結末の3拍子が揃った作品が多い…読んでいる時は結末を知りたくて緊張しているので感じないが、読了後は、その場に居合わせたかのような疲れが出る。

     私は、故障した投手が魔球を編み出そうとする設定から、横山秀夫さんの『出口のない海』を思い出した。

  • 切なく、哀しいミステリー。
    テーマは家族愛。

    東野圭吾の初期の作品(1991年の作品)。やはり東野圭吾はこのような人間模様や泥臭い感じのテーマの作品のほうが好きです。
    題名のとおり、野球がらみの物語です。
    魔球を投げた高校野球の天才ピッチャー。そしてそのキャッチャーが大会後殺害されます。また、時同じくして、ある企業での爆弾騒ぎ。そして、また次の殺人事件が起こります。一連の殺人の犯人は誰なのか?企業での爆弾との絡みは?天才ピッチャーの野球へのこだわり、魔球とは?とさまざまな謎とその伏線が回収され、最後その背景には、哀しい物語が隠されていました。

    犯人やトリックがわかってスッキリというミステリーではなく、野球にかける思いや高校生らしからぬクールさと非情さを持ち合わせた主人公、そして複雑な余韻を残すミステリーはさすが東野圭吾だと思います。

    時代設定が昭和39年だったり、主人公の「約束」へのこだわりが異常だったり、そもそも右腕を切断された殺人などなど、ちょっと違和感を覚えるところはありますが、それらすべてがひとつのテーマにつながっていくところがすばらしいと思います。

    あっという間に読みきってしまいました。

  • すごく悲しいお話。壮絶です。

    野球がテーマの小説って、東野圭吾さんの作品にはあまりないので
    新鮮で興味深かったです。

  • 読み終えて気付いたのですが,この本わたしと誕生日が同じ年でした.

    バブル期のなんとなく必死に生きている感じ,悲壮感みたいなものがすごく伝わってくる秀作だと思います.

    辛く悲しい,必死に生きるということを感じつつ,伏線の張られた2つの事件が関わりあっていくストーリーを単純に楽しめました.

  • 1984年第30回江戸川乱歩賞最終候補作品「幻のデビュー作」
    発行にあたって、どの程度加筆、推敲されたかはわからないが、
    「青春ミステリー」の枠を大きく越えた「新本格ミステリー」、
    東野初期作品の中でも秀逸な作品の一つだと思う。

    東野圭吾氏の作品ランキングは十人十色どころではなく、
    100人いれば100人、読者によって違ってくるとは思うけれど、
    「秘密」や「手紙」好きな方にはもちろん、加賀恭一郎シリーズやガリレオシリーズファンの人にも読んでもらいたい作品

  • 先が気になるので、どんどん読める作品でした。ただ、犯人あてをするサスペンスでもなく、犯人がわかっている上で人間の心理を描くヒューマンドラマでもなくて、社会問題に焦点をあてたものでもなく、中途半端であった気はします。

  • 主人公(?)の武志がすごい!
    壮絶でストイックで天才で努力家で冷徹で冷静ででも育ててくれた母親にすごく感謝してて・・・
    ただ犬殺すのはどうかと思うけど。
    そんな武志が最期弟勇樹にあてた手紙に人間らしいことが書いてあるのがたまらない。
    2006.3.6

  • こないだ『変身』を読んで、なんだかあんまりだなあ、という印象
    だったので、もう一冊手にとってみました。
    野球サスペンス、ということでチョイス。

    これは、『変身』を読んだときにも思ったのだけど、非常に親切な
    エンターテイメント作品だ、と思った。
    図まで交えた親切な説明や文体、わかりやすく登場人物の性格を示して
    くれるエピソードの挿入、少しずつ消されていく犯人の可能性。
    章ごとに、視点を変えて犯人像が絞れていくその話の運び方、技術の
    高さと構成力の見事さは、非常に理知的である。

    しかし一方で、解説で賞賛されているほど、この作品が青春小説として
    優れているかはどうかは、にわかに判断しがたい。
    若者の「何」をテーマにしているかが、僕にはわかりにくかった。

    また時代設定も、なぜこの時代にしたのか。
    高度成長期における貧困層を題材にしたのかもしれないが、別にそこに
    必然性は感じないなあ、という印象である。
    なにかを訴える力は弱く、作者の世界観を提示するわけでもなう、歴史に
    残る作品ではないが、エンターテイメントとして十分な力を持った作品
    といえるのではないだろうか。

  • 同時期に読んでいた陸上の青春小説とは違い、かなり重かった。
    まさか、育ての母への恩返しのために、そこまで思い切ったことをしてしまったとは。
    実子の弟もかわいそう。
    ーーー
    九回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる”魔球”を投げた!すべてはkの一球に込められていた……。捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬とともに刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

  • 最後の武志の手紙の内容が感動的(T_T)

  • 残された者を思うとやりきれない、哀しい話。人間関係が絡み合っていて面白かった。

  • 面白かった。
    魔球と爆弾事件がどう関係してくるのか想像つかなかった分、終盤はグイグイ引き寄せられた。

  • 内容紹介

    9回裏2死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた!すべてはこの1球に込められていた……捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

    内容(「BOOK」データベースより)

    9回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた。すべてはこの一球に込められていた…。捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

  • 母子家庭で育つ兄弟
    兄は高校野球でドラフト確実の名投手
    弟は勉強で、それぞれ親孝行に励む
    ある時、兄とバッテリーを組む捕手が殺され、
    さらに兄も殺される

  • 春の選抜高校野球選手権に出場した開陽高校野球部のバッテリーが連続して殺害された。また、平行して起こった、東西電機に仕掛けられた、不発の爆弾。
    最後の謎解き部分を読むまで、犯人が誰かよく分からなかった。犯人の性格や動機が今一つしっくりこない作品でした。

  • 9回裏二死満塁、春の選抜高校野球大会、開陽高校のエース須田武志は、最後に揺れて落ちる“魔球”を投げた。すべてはこの一球に込められていた…。捕手北岡明は大会後まもなく、愛犬と共に刺殺体で発見された。野球部の部員たちは疑心暗鬼に駆られた。高校生活最後の暗転と永遠の純情を描いた青春推理。

  • 伏線の張り方は相変わらず圧巻でした。犯人の悲しみがひしひしと伝わってきて心が揺さぶられました。ただ、動機が意外と単純だったのが少し残念でした。途中でだいたい予想がついてしまいました。

  • なんからしくないなと思ってたら初期の作品でした。

  • 開陽高校野球部の北岡明が、愛犬と共に刺殺された。彼は、その春の選抜高校野球では、キャプテンとしてチームを率いていた。聡明で、人望も厚い少年だった。 容疑者を特定できぬままに過ぎる時間が、北岡の所属していたチームに有形無形の不協和音を生み出して行く。
    そんな中で、新たな事件が発生した。
    プロ野球のスカウトからも熱い期待を寄せられる開陽高校野球部のエース、須田武志と、彼の家族を核に物語りは展開して行く。亡くなった北岡は、武志が甲子園で投げた最後の一球は「魔球」であったと述べている。第2の事件現場でも、死体のそばには「魔球」と読める文字が残されていた。

    真相解明の鍵を握るのは「魔球」なのか!?


    ミステリーという面では、最後に複雑な全ての謎が見事に解決されるという面では、非常によかったと思う。ただ、武志のキャラクターは非常にいいのだが、結末があまりにも悲しすぎるのである。もう少し、ハッピーエンドになればいい話で終わらせることができるのだが、非常に悲しい気持ちになってしまった。

  • 3
    意外な真相。須田武志の1人で抱え込む感じは悲しいものがあり、周りの人がなんとかできないものだろうかと感じた。

  • この作品を読んだのが、『11文字の殺人』の直後だったこともあってか、『魔球』の重厚さ、深さ、面白さが際立っていたように感じます。

    この日、100ページ目あたりから読み始め、一気に読み終えてしまった。
    2つの事件が絡み始めると、もう止まらないッ!!といった感じ。
    ワタクシ自身に野球経験があることものめりこませた一因かとも思いますが...

    やはり、強烈なキャラクターたちがいて、その背景や関係性にドラマや深みがあり、相応の説得力を持って構成されると、作品全体としての「威力」みたいなものが違って感じられる気がします。

    時代背景を、あえて古く変更されたそうですが、その「時代」設定も非常に効果的であるのだと思います。

    ほんのちょっぴり残酷なシーンはあるけれど、またいつか読んでみたくなる作品です

全403件中 1 - 25件を表示

魔球 (講談社文庫)に関連するまとめ

魔球 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

魔球 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔球 (講談社文庫)の単行本

ツイートする