雪密室 (講談社文庫)

  • 622人登録
  • 3.12評価
    • (11)
    • (46)
    • (195)
    • (24)
    • (5)
  • 65レビュー
著者 : 法月綸太郎
  • 講談社 (1992年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061851115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
法月 綸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

雪密室 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 法月親子のやり取りが笑ってしまう、仲の良さそうな親子で何より。いろいろ詰め込みすぎてなんだかわからなくなった感はあるし、3歳の女の子が…と納得いかない点は残ったものの総評するとおもしろかった。

  • 2016/1/18

    913.6||ノリ (3階日本の小説類)

    雪降る山荘で起こった殺人事件。現場は発見者以外の足跡がない、雪に閉ざされた密室。
    犯人は? その手口は?

    父・警視、子・推理作家。
    2人が活躍するシリーズ第1作目になります。

    図書館に入り浸りだった常連さんに薦められ、本格ミステリーを読むきっかけにもなった思い出の1冊です。

  • 法月貞雄警視のキャラが鰻食ってビール飲むオッサンから重い過去を背負う渋いオヤジになりました。すごくクイーンって感じでした。被害者のモデルはローマ帽子の人なのだろうか。

  • 密室ミステリー。オーソドックスな作品だと思います。ミステリーはどうしても時代の影響を受けてしまいますね。最後の最後までミステリー色を残してくれました。

  • 複雑に絡み合った人間模様とそこから生まれる悲劇を上手く描いている。密室トリックもシンプルにして明快なのが良い。惜しむらくは、事件の背景とエピローグが若干蛇足だったかなという点。

  • 緻密な新本格ではあるけれど、やられた感じはない…
    軽めのエラリー・クイーン。

  • 悲惨な家庭環境に育った子供の縮図と、積年の恨みの復讐が動機だと思います。そして、不可能犯罪と思われる密室殺人の計画を実行する。
    ※最初から仕組まれた事件なのか・・・。
    法月綸太郎の長編第二作目にしては、よく練られしかも本格ミステリの王道を真正面から当たる作品に仕上がっていると思います

  • 法月綸太郎初期の作品で、典型的な本格推理物です。
    法月シリーズはトリック云々より、人間関係の描写や、誤解が誤解を呼ぶ複雑なドラマが魅力だが、本作もその萌芽が見て取れます。

  • ★2.5だな。
    (推理小説の)本筋でない部分が、ストーリー展開の邪魔をしていると思う。

  • 日本版エラリークイーン。
    内容が濃く読みでがありおもしろかった。

  • 法月綸太郎の『雪密室』を読了。本作は法月の二つ目の作品であり、同作家の以降の作品にも登場し続けることになる探偵の初登場作品でもある。ちなみに探偵の名前は作家と同じで、法月綸太郎である。ちなみに息子が探偵で父親が警視という設定は、エラリー・クィーンを意識しているものだと見て間違いないだろう。

    殺人が起きた庭の離れは密室であり、その離れから本館までの雪上には死体の第一発見者の足跡しかない。いわゆる二重密室が本作の最大の謎。この二重密室、古典ミステリの時代からよくみられるものである。

    トリックはさておき、本作はところどころ無理があると感じられた。例えば、まだ3歳の子供が一昨日の夜中にあったことや、その時間など覚えていられるだろうか。時計のことがまだ理解できないというのは納得できたが、デジタル時計の表示を形として覚えていたというのには流石に無理があるのではと感じた。

    だが前作の『密閉教室』よりは全体的に謎が優しい。前作はどんでん返しが多すぎてどうしようもなかった。本作は「読者への挑戦」もある。厳しいところもあるが、解けないこともない。オレは無理だったが。

    エピローグを二つにし、冒頭と最後に分けたのは面白いと思った。結末はどうなるのかを読者に気にさせ、最後まで読ませる手法の一つとして有効なのは間違いない。

    ただ、まずは法月親子の父子関係を書いて欲しいというのはあった。このことに関しては、文庫版あとがきで触れられているが、本作では不透明なままに終わってしまう。それについては次作で描かれているようだが、それをあとがきで反省していると見られる法月には好感が持てた。

  • 記念すべき〈法月綸太郎シリーズ〉第1作(第1長編)は、法月貞雄警視自身の事件でもある。
    著者があとがきでも触れているが、シリーズ第1作にこの父子関係がテーマとなる事件をもってきたことには、
    著者のマニフェストが掲げられていることに他ならないらしい。
    警視の言動がキャラクターとして定まらないのもあえてなのだそう。

    さて、本作は冒頭に「白い僧院はいかに改築されたか?」とあるように、『白い僧院の殺人/ジョン・ディクスン・カー』へのオマージュでもある。
    途中でそのネタバレもある。
    状況は似ているようで、謎はより強固だったが読者に大ヒントをあたえる描写がpp.200にあり、そこで考えたことがだいたいあっていたため、結末にあまり驚くことはなかった。

    著者は30年代お屋敷パズラーを主とする黄金時代に安穏と閉塞するつもりではないと心強い。
    今後の作品でそれを証明しているのだろうか。しているはずだ。

    ミステリ  :☆☆
    ストーリー :☆☆☆
    人物    :☆☆☆
    文章    :☆☆☆

  • トリックに難あり。科学捜査によって簡単にわかるはず。

  • 初期作品らしい直球勝負な犯人当て。法月警視の過去は意外。

  • 雪の離れで女性が殺されます。足跡は女性らしきものが一組しかない…という王道の密室モノです。「読者への挑戦」もありますし、雰囲気も悪くなかったと思います。
    しかし、色々詰め過ぎてパッとしない印象ですし、作品全体のバランスも悪い気がしました。

  • 読了直後の率直な感想としては、

    そうそう!これこそミステリー!!!

    …といった感じ。

    「読者への挑戦」とか、久々に見てワクワクしてしまいました。

    このシリーズは続けて読みたいと思います。

  • 初の法月綸太郎作品。
    多少、ブツ切り感はあるけど、比較的読みやすかったです。
    密室トリックもよくあるものなので
    解明が苦手な私でもわかりました。

    これから法月親子がどうなっていくか楽しみです。

  • 正統派の密室トリック。序章と終章のつながりがしゃれてる。

  • 10月の9冊目。今年の181冊目。

    初法月綸太郎氏。雪が降る中足跡をつけずにどうやって脱出したのか?これは密室の定番っちゃ定番ですよね。それをどのようなトリックで可能にするのか。本格の楽しみ方ですね。しかし、いかんせん描写がよくわからない。なんかごちゃごちゃしてよくわからなかったなーという印象を受けました。そして、もう1つ強い違和感を覚えたところもありましたね。ま、そこはあえて言いませんが、おそらく大半の人は違和感をそこに持つと思うので。

  • 裏のありそうな招待客達
    雪が作り出した密室殺人
    殺された女は殺されて当然だったのか!?

    といういかにもなミステリー要素に加え、黒幕の存在、出生の謎、叙述トリックと盛り沢山な内容です。
    個人的に『読者への挑戦状』は好きではありませんが、楽しく読めました。
    初期の作品だからか、地の文が固い感じ?

    ゆりりんこと中山美和子についてはもやもやしか残りませんが、それについては『ふたたび赤い悪夢』にて。
    順序を逆に購入してしまったため、二度手間になった読者です…。

  • 2012/06/14
    これは、筆者あとがきの、これ。
    「この本で対決を避けた問題が、形を変えて『一の悲劇』に噴出していることは確実なように思える。すなわち、後者の結末で交わされる会話は、本来、この本の最後に置かれるべきものだったのかもしれない。」(p.272-273)
    これにすべてを持っていかれた感がある。
    慌てて『一の悲劇』のラスト数行を読み直したときの溜息はなにものにも変えがたい。

    プロローグからエピローグへの落とし方が上手いなあ。上手い。綺麗な叙述トリックだと思う。

  • ザ推理小説、超古典的(あってる?)、「雪が降って足跡がどうの...」みたいな分かりやすいネタ。
    誰が読んでも楽しめる作品ではないかと。

  • 作者と同名の探偵(小説家だが)、法月綸太郎とその父親法月警視のコンビが登場するシリーズである。

    『月蝕荘』に招かれた人々。彼らは、何故招かれたのか。そしてそこに住む人々の複雑な関係。招待された中に、法月警視もいた。
    そしてその夜、『月蝕荘』で、招待主が殺された。いや、それは自殺にみえた。現場は月蝕荘の離れで、周りに降り積もった雪には新しい足跡が一つ。それは、異変を感じて離れを見に行った人のものであった。雪による密室。その一見、自殺に見える事件を法月警視は殺人であると感じていた。彼は自分の息子を『月蝕荘』へ呼び出し、その事件の解明に乗り出す。

    登場人物が非情に多く、その割りに多くの人間の役割がない。さまざまに作り込まれた登場人物の背景も、直接事件とは関係のないものばかりで、ミステリやトリックを楽しむには無駄な混乱要素が多い。また、警察が来ているにも関わらず、調べればわかるいくつものポイントが、綸太郎氏が来るまで見過ごされているのも気になる。

    先が気になるストーリー展開なだけに、密室のショボさやトリックの不在が残念だ。しかしこのシリーズ、なんとなく惹かれるものがあるのできっとまた次の作品を読んでしまうのだろうなぁ。

  • 法月綸太郎の2作目の長編。
    同名の探偵作家が活躍するシリーズの初舞台作品と言うべきか。
    雪山の山荘、謎の宿泊客、雪と鍵で二重に閉ざされた密室殺人と、3大要素が揃った本格推理小説。
    最後には読者への挑戦もついているという念の入れよう。
    でもまぁ、あんまり面白くなかったなー。
    まず法月警視のキャラが不安定。
    他の登場人物もイマイチ書ききれてなくて、いろいろ説得力がないし何より区別が付かない。
    それから何と言ってもトリックが弱い。
    雪山の山荘パターンはそれこそ数多く輩出されているので、その中で印象に残ろうと思ったらそれはそれは大変なことなのだろうなぁ、と思った。

    ところで本人のあとがきによると、この本で決着を避けた問題が『一の悲劇』に引き継がれているらしい。
    たぶん法月親子の件だと思うのだけど、それは読まなくては。

  •  作者と同名の探偵が活躍する法月綸太郎シリーズの一作目。
     密室状態の離れに発見者の足跡が一筋しかないという不可能的状況。
     少し反則気味だが、スマートな解決法でため息が出ました。近頃、ぶっ飛びトリックばかりだったので正統派なミステリーを読み、満足した。古典と現代を結ぶ架け橋の一冊といえる。
     
     主人公の設定はやりすぎ感がある。魅力的な探偵像を創るならマイナス効果だと思う。もう少しキャラクターを大切にすべきかと。
     今後どうなるのかは気になるところ。

全65件中 1 - 25件を表示

雪密室 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪密室 (講談社文庫)の作品紹介

誇り高い美女からの招待で信州の山荘に出かけた法月警視だが、招待客が一堂に会したその夜、美女が殺される。建物の周囲は雪一色、そして彼女がいたはずの離れまで、犯人らしい人物の足跡もついていないのだ。この奇怪な密室殺人の謎に法月警視の息子綸太郎が挑戦する。出色本格推理。

雪密室 (講談社文庫)の新書

雪密室 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする