密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本清張
  • 講談社 (1994年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061857001

密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1994年(底本1984年)刊。

     何となく判った点。
     司馬遼太郎の空海本が、空海の生き方や来し方に注目していた小説的評伝である。
     ところが松本清張は、空海個人よりも、密教がインドで生まれ、中国に流入し、さらに日本で芽を出した。その淵源と変遷、文化・宗教的意味の解読に関心があったこと。

     よく判った点。
     中国の特に隋唐時代(奈良・平安時代の同時代史)の固有用語に無知な自分。

     もっと良く判った点。中国の文化史、文化財の淵源系譜を知らず、宗教関連文化史は猶更知らない自分。
     より一層判った点。インド関連の宗教・地理の無知な自分。


     本書は、松本清張が空海が創始・拡散した真言密教の淵源をたどり、中国・インドを旅する紀行文。大阪のテレビ放送局担当者が同行しているので、いわゆるTVドキュメンタリー制作に関連したものであったかもしれないが、中印の密教関連文化財を訪れ、写真を開陳しつつ叙述される本書は、具体的なイメージを喚起できるものといえそう。

全1件中 1 - 1件を表示

密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)はこんな本です

密教の水源をみる―空海・中国・インド (講談社文庫)の単行本

ツイートする