炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)

  • 391人登録
  • 4.07評価
    • (74)
    • (40)
    • (59)
    • (0)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 高橋克彦
  • 講談社 (1995年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061859272

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ここに来て急ピッチで物語が進行する。
    この本を読むまで存在さえ知らなかった清原家。奥州の陰にこんな一族の存在があったとは。
    結有や清衡の行動原理については賛否が難しいところ。大義のためにここまで己を殺して耐え忍ぶことについて、自分としては共感できない。
    作品を通して感じるのですが、脇役として位置付けられた人々が繰り広げる某略の醜いこと。。。私利私欲の権化となった権力者のみっともなさはいつの時代も同じですね。

  •  後三年の役。
     藤原(清原)清衡の勃興物語であるが、少数で勝ちを収める展開は、本来ならカタルシス満載のはずだ。
     が、余りに出来過ぎ。殊に前半、奥六郡の中の三郡を支配下におさめるまでがそうだ。その上、本巻の人物造形が、清衡に倫理的かつ全面的正義を仮託する如きなので、どうにも上っ面感が拭い去れない。
     清原氏に対する復讐心と忍従の日々による心理的成長が齎した清衡自身の謀略戦という展開の方が納得し易いが…。

     しかも一巻に全部を盛り込むため全体的に舌足らず。藤原経清の物語と比較して、バランスの悪さは顕著である。
     それゆえか、義家や結有の心理変化がト書き的に展開されるのみで、ホントに小説かと目を疑ってしまった。
     清衡が奥六郡に覇権を立てようとする上で、彼の心の裡を描くのに、母や疑似父との確執や葛藤は避けて通れない重要な要素と考えるからなのだが…。
     ここは台詞や行動、会話で描くべきだったのではないだろうか。

  • 後三年の役を舞台にした東北武士の物語。ここから奥州藤原氏は始まる。源義経を理解するならここから読み始めろ!!


     東北の歴史はブツブツと知る程度だけれど、脈々と続いていたことがよくわかって、歴史の勉強としても非常に理解が深まる。確かに正史ではないかもしれないけれど、この解釈は非常に納得がいく。というか、気持ちいい。


     前巻までの安部貞時や藤原経清らのように熱い感じは少ない。だけれど、生き残るには生死をかけないといけない、弱肉強食の時代を感じられる壮絶さを描いている。迫力ある描写は読みごたえあり。なんていうか…ページをめくるとその先は、血でべっとりしてる!!



     藤原清衡は…、我慢強かったから藤原清衡になれたんだろうと強く感じた。
     武士道とは「潔いこと」だと新渡戸稲造の著書で勘違いが広まってしまった。本当は、「初志貫徹」こそが武士道である。己の定めた崇高な志を実現するために、どんな困難も耐え、壁を乗り越える。
     「志」という不定形の物のために己を捨ててまで執着する。その心意気が「武士道」なのである。
     清衡にはその武士道を感じる。父である経清のようにプライドであっさり志を諦めるような体裁を気にする男じゃあない。
     江戸時代に作られた美学的武士像。そういうんじゃなない、リアリストな当時の武士像がわかる。

  • 読了。レビューは最終巻で。

  • 後三年の役と奥州藤原氏の成立を描く第4巻。安倍氏と源氏の争いだった前九年の役と比べると、スケールも登場人物もスケールダウンの印象も、高橋克彦氏の筆の冴えはさすが。はずれ無しです。

  • 貞任と経清が前九年の戦に負け、その後の陸奥を頼義に味方した清原一族が牛耳る事になった。経清の妻の結有は、復讐を胸に清原の妻となり、清原との間に子供を持つ。最終的にはこの子(旧清原)と清丸(+頼家)が戦う後三年の戦が締結し、陸奥における黄金期のはじまりとなる。
    内紛が主題になっているのでちょっとドロドロした感じが否めないが、面白かった。当時の人がどこまで情勢を先読みしていたかは分からないが、家来や敵の心情を読みながら策を考えていたのかと思うと、現代人とあまり変わらないのではないかと思う。使う道具や、仕事が変わっただけで人間自体はあまり進化していないのかもしれない。

  • 3巻の主人公の子供が主人公。母親と2人で敵の館で暮らしているという過酷な生活。
    でもこの人が陸奥を纏めるようになるんです。どうやってそこまで登り詰めたのか。
    この人もすごく気丈。 

  • 観劇の予習でこの巻だけ読みました。
    人間関係と戦さのまぁ面白いこと。
    大河ドラマにもなったし難しいかな?と思ったけど続きが気になってサクサク読み進められました。

  • 経清の妻、結有が夫や安倍一族の仇、清原武貞の妻になっていたことがショックでしたが、ここで彼女が屈辱に耐え、後に清衡となる息子を守ったからこそ奥州藤原氏の繁栄があったんですね。
    でもそこへ至るまでの後三年の役は彼女の命を奪います。
    もう、すごい話だとしか言いようがないです。

  • 真の大河作品。

全34件中 1 - 10件を表示

高橋克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)の単行本

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする