それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)

  • 90人登録
  • 4.10評価
    • (17)
    • (12)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : Tove Jansson  渡部 翠 
  • 講談社 (1991年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061878716

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)の感想・レビュー・書評

  • なんで ヘムレンさんが わるいひとって いってるんだろう?(※母注 本文“こわいヘムレンさん”)
    なんで ミィはミムラねえさんが すわってたところから にげだしたんだろう。みつかると おもったのかな。
    えも、おはなしも、おもしろかった。

  • 「それからどうなるの?」という題名に恥じぬ作品だと思います。

    読んでいくたびに「次は?」「次は?」とめくっていくわくわく感がうれしい。

    と、独身時代に読みましたが、今回息子と一緒に再読。
    何度読んでも面白い。

    さがしているはずのミイがあちらこちらにいて細かい部分も楽しめる。
    ページをぶち破るフィリフヨンカや、本の中に留まるというミイ。
    なんとなくムーミンらしい(コミックをイメージ)

    最後にヤンソンさんのメッセージ原文を載せるあたりとかかなり熱が入っている感じがする。いいなあ。

    3歳息子も何度も読んでを繰り返す。
    とくに目立った感想はないけれど好きみたい。

  • しかけ絵本。各ページのどこかが前後へとつながっていて、物語との相乗効果でとても楽しめました。
    ママにミルクを買ってきて、と頼まれたムーミンが家へと帰る途中、「ミーがいなくなった」と泣いているミムラねえさんに出会い、一緒にミーを探します・・・。
    いつも思うのだけれど、ムーミンママって“誰にでも公平に愛情を注ぎ、何事にも動じず、叱らず、すべてを受け入れ、相手の話をきちんと聞く”、母親の理想像のような素敵なおかあさんです(H17.7.7)。

  • 自分でムーミンが移動する場所を切って物語を楽しめる自分で作るからくり絵本。

  • ムーミントロールがミルクを買って家に帰るまでに、森の中でいろいろなことに巻き込まれてしまいます。絵本に切り取り線が書いてあって、それを切り取ると通り道ができて次のページの絵がちょっと見えてます。
    ページをめくる前には必ず「さ〜て、それから どうなるの?」という言葉が出てきます。

  • 4歳児に読み聞かせ。ヤンソンらしい世界。ページに穴を開けるかどうかまだ悩んでいます。当時はあまり響いていなかったようなので、もう少ししたらもう一度読んでみようと思います。

  • しかけ用に切り取り部分があるけれど
    いつまでも切る勇気が出ない。。。

  • *贈り物*
    フィンランドで見つけたポストカードの絵を
    見つけた!絵を見ているだけでも楽しい!!
    表紙の鮮やかな色彩も気に入っています。

  • これは読む用というより、眺める、もしくは飾る用の本。子供だけのものにしておくのは、もったいない!

  • ミルクを買いに行った帰りのムーミンとミムラねえさんが、この絵本の各ページにあいた穴をくぐってミイを探しに行きます。
    それからどうなるの?

  • 本当のムーミンの世界があります。

全12件中 1 - 12件を表示

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)に関連する談話室の質問

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)の作品紹介

ミムラねえさんとムーミントロールとちびのミィのおはなし。

それから どうなるの? (講談社の翻訳絵本―トーベ・ヤンソンのムーミン絵本)はこんな本です

ツイートする