しろばんば (少年少女日本文学館18)

  • 42人登録
  • 3.17評価
    • (3)
    • (3)
    • (20)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 井上靖
  • 講談社 (1986年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061882683

しろばんば (少年少女日本文学館18)の感想・レビュー・書評

  • この作品との初めての出会いは、NHKの少年ドラマシリーズで夕方6時過ぎからやっていたように思う。
    父母と離れて伊豆湯ヶ島で祖母と暮らす洪作少年の日常を描いた心がきゅんとなるドラマだった。
    二回目の出会いは、なんと高校の国語教科書。
    たいがい、そんな作品は忘れるものだが、すごく印象に残った。
    長編のごく一部だけが掲載されていたのだが、ドラマでは小学生だった洪作少年が、中学生になっていたので原作をいつか読もうと思ったものだ。
    あっ!そうそう。
    台詞もひとつ覚えている。
    「若様ハ、イラシッタ」

    高校三年のときにこの長編小説を買うことが出来て、読み始めた。
    読み終わったのはおそらく5年後だったと思う。
    少しづつ気が向いたときに読んでいたものだから、そんなに時間がかかったのだ。
    推理小説やホラーならすぐに読んでしまったものを、これほどの時間をかけて読んだのは「レ・ミゼラブル」全4巻を読破したとき以来だった。
    作家井上靖の自伝的小説というわけで、このあとの続編があることを巻末の宣伝で知ったため、読みたくなり、またしても数年がかりで入手して(たまたま本屋で見つけたため買った。つまり忘れていたとも言う。)読むのだった。これまた数年がかりで。

    巻末でその次の作品があることを知り(いつまで続く)、こうなるともう読まずにはいられない。
    でも、これは一気に読んだと思う。

    ところが番外編もあることを巻末で知り、登場人物の名前も違ったけど一応読んだ。これはあまり面白くなかったな。
    ちなみに続編は「夏草冬涛 」、次が「冬の海」といって「しろばんば」よりさらに長編である。
    番外編は「あすなろ物語」。
    明日は大人になろうなろうと思いつづけるという意味があるらしい。でも、これはうろ覚えなので間違っているかもしれない。

  • 伊豆市などを舞台とした作品です。

  • 国語の授業で配られたプリントに載っていたお話。少年の素直な心などが透けて見えてくる気がします。

  • 読んでて自分の幼少時代と重ね合わせてしまいました。あーーその気持ちわかるよ わかる ってのが多いんだよね。

    伊豆が舞台

  • 学校の宿題で読んだ本。もう内容わすれた。

  • 小学校の時の愛読書

  • おめざ、私も体験したい。

全7件中 1 - 7件を表示

しろばんば (少年少女日本文学館18)を本棚に登録しているひと

しろばんば (少年少女日本文学館18)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しろばんば (少年少女日本文学館18)を本棚に「積読」で登録しているひと

しろばんば (少年少女日本文学館18)はこんな本です

ツイートする