テーブルの したには ふしぎが いっぱい (講談社の翻訳絵本)

  • 23人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Aur´elie Guillerey  石津 ちひろ 
  • 講談社 (2002年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061892279

テーブルの したには ふしぎが いっぱい (講談社の翻訳絵本)の感想・レビュー・書評

  • レストランで大人が食事している間、退屈しちゃうよね・・・

  • テーブルのしたには・・・・なにが全く別の世界がひろがっているのかと思ったのだけれど、
    まあ、確かに全く別の世界ではあるのだけれど、
    そこにいる大人たちと全く関係ないわけでもなく。
    足か~。そーくるかーと思った。
    ちょっとふふふ。
    いちごタルト私もたべたーい。

  • イラストの青緑色にひかれたんですけど、
    我が子の年齢には幼過ぎるストーリーでした。

    親達のランチに付き合い飽き飽きしてきた子供が
    テーブルの下にもぐって靴で色々妄想する話。
    実際に子供ちゃんがやっちゃいそうな危険もありw

  • フランスの絵本作家の作品。

    娘が図書館で選んだ。

    絵が魅力的。
    子どもの想像の世界の広がりが面白い。

    娘もなかなか気にいった(★4つ)よう。

全4件中 1 - 4件を表示

テーブルの したには ふしぎが いっぱい (講談社の翻訳絵本)はこんな本です

ツイートする