赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)

  • 131人登録
  • 4.31評価
    • (37)
    • (7)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 26レビュー
制作 : Lucy Maud Montgomery  掛川 恭子 
  • 講談社 (1990年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061898219

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)の感想・レビュー・書評

  • なんでいままで読まなかったんだろう。
    予想よりも素晴らしかった。人物がみんな素晴らしい。
    マシュー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

  • この完訳シリーズで、赤毛のアンを初めて読みました。絵もすてきだし、本当はすべて手元に置きたいです。

  • 母の少女時代、思春期を支え続けてくれたアン。特別な思い入れをもって娘に勧めたけれど、読み終えての第一声が「読み終わった」で、がっかり。わかってる、自分の好きと娘の好きとは違うって。わかってるけど、そうかーって(笑)
    また、いつか話せる日を楽しみに。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    赤毛でやせっぽちのみなしごアンは、男の子とまちがえられて、孤児院からカスバート兄妹にひきとられた。〈宿命の友〉ダイアナとの出会い、水薬入りケーキ事件、ギルバートとのけんか…おしゃべりで空想好きのアンは、つぎつぎにゆかいな事件をひきおこす。美しいプリンス・エドワード島の自然と、あたたかいカスバート兄妹の愛情に見守られて、アンは、たのしい少女時代をすごす。

    【キーワード】
    単行本・シリーズ・児童書・カナダ・モンゴメリ・青春・アニメ化・映画化




    ++1

  • 何事も、楽しくとらえる、アンの前向きな姿勢、感動する!何度読んでも、明るい気持になる。

  • 村岡花子ではなく、あえて掛川恭子訳を読んでみた。
    ルピナスさんとかを訳した人とは…!
    繋がった~

  • プリンスエドワード島に行ってみたくなった。

  • 小学生の時、アンを読みに図書館に随分と通い詰めた。
    シリーズ10巻。
    出会えてよかった宝物。
    今現在でも、日本の小説より海外小説が読みやすいのは本書の存在のせいなのかな。

  • なんか思ってたよりすっごく面白かった!
    私は子供のころから翻訳モノが苦手だったので、読んだことがなかったんだけど、ちょっと勿体ないことしたなあという気持ち。
    続きは読もうかどうしようか考え中。

  • 第23回「あの人が語る、この一冊」
    三葛館一般 933||MO

    保健看護学部 鹿村眞理子先生 『図書館報 みかづら』14 号(2011)より
    『子供の頃、身体が弱くて運動の得意でなかった私は、本が何よりの友達でした。愛読書は、『赤毛のアン』でした。赤毛のアンと聞くと児童文学書とお思いでしょうが、実は8 冊のシリーズと2 冊の関連した本が出版されています。孤児のアンが成長していく有名な物語です。アンが大人になって教師として働き、やがて結婚し母親となって子育てをするという女性としての人生も描かれています。訳者は村岡花子さんが有名ですが、村岡訳は内容が省略されているところがあり、完訳版は掛川恭子さんが訳しています。両方の本を読みましたが、訳す人によって文章のニュアンスが異なってくることに気づきました。そんな読書体験から、言葉の持つおもしろさに魅せられていきました。』

    和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=4965

  • プリンスエドワード島、カナダなどを舞台とした作品です。

  • 赤毛でやせっぽちのみなしごアンは、男の子とまちがえられて、
    孤児院からカスバート兄妹にひきとられました。
    宿命(さだめ)の友ダイアナとの出会い、水薬入りケーキ事件、
    ギルバートとのけんか等。おしゃべりで空想好きのアンは、つ
    ぎつぎにゆかいな事件をひきおこします。美しいプリンス・エドワード島の自然と、あたたかいカスバート兄妹の愛情に見守られて、アンは、たのしい少女時代をすごします。

  • 2月14日の給食にブラウニーが出ました。
    栄養士の先生から、ブラウニーが出て来るお話ってなかったかしら?と言われ、調べた結果わからず。
    結局、原作の「赤毛のアン」にはないが、世界名作劇場というアニメのお話の中に、アンがブラウニーを作る話が出て来るというのを見つけました。
    ちなみに、給食で出たのは、米粉のブラウニーなので、レシピは別です。
    ブラウニーが出て来るおはなし。ありそうで見つからなかったので、知っている方がありましたら、教えてください。
    この本は、掛川恭子さんの訳です。

  • うわーー赤毛のアンって面白いんだ・・!笑

    なんか、「赤毛のアン」って、いかにも女の子が読む!ってかんじで、(まあそうなんだろうけど)
    あんまり興味もなかったし
    小学校高学年~中学生くらいに読むものなのかな?
    その頃はこういう王道なやつは読まなかったので
    今まで読まずじまいでした。
    もったいなかったなー
    すんごい面白かった^^

    アンのおしゃべりっぷりにはあっけにとられたし(なにこのマシンガントーク)
    空想癖もやばいんじゃないのってくらいだし
    有頂天になったり落ち込んだりの感情の起伏がびっくりするくらい激しいけど、
    アンが魅力的なのも、やさしいのも、素直なのも、頑張り屋さんなのもいろいろ好感が持てて
    本人にその気がなくてもトラブルメーカーなのが読んでて楽しかった。

    最後、大人になったって言ってもまだたったの16歳半で、
    その年齢で自分の進む道や、やりたいことややらなければならないことをきちんと考えていて偉いなあと思いました。

    あと、カナダってスケートが盛んなんだろうなーとか
    メイプルシロップおいしいとか
    そんな知識しかなかったけど

    自然がやばいきれいなんだなーいいなー!!

    アンはアニメでちょびっとだけ見たことあったのかなー
    ギルバートの頭で黒板かち割るとこは知ってたけど^^

    高畑さんが監督なんだっけ?
    なんかどこかで、編集しなおして映画?にする?総集編つくる?
    とかっていう話をききました。
    みたいな~

    とても面白かったので、
    機会があったら2巻以降も読みたいな!

    でも大人になっちゃったアンの話は、子ども時代ほどは面白くないんじゃないかな、って思っちゃいます。

    なんだか、赤毛のアン読んだら、
    生きてるのってすごくステキで素晴らしいんじゃないか、とか
    努力してかなわないことなんかないんじゃないか、とか
    明るく楽しくロマンチック(ロマンチックって言葉いっぱいでてきたなー)に生きたら人生楽しいんだろうな!
    って思いました。
    影響されてる!!!笑

  • 久しぶりに読み返した。人物の描写なとやはり面白い。言葉の美しさでは村岡版だと思う。けれど完訳も全巻読んで損無し。

  • 言わずと知れた名作。絶対自分の子供に読ませる。

  • 学校の図書館で借り、読み始めてから徐々に惹かれていきました。
    アン、マリラ、ダイアナ、マシュー、デイビー、ドーラ、ギルバード、そのほかにも、たくさんの登場人物が物語りに引き込んでくれます。
    一度はよんでみる価値があると思います。

  • 途中から心惹かれて、止められなくなった。
    素晴らしい描写、アンの真っ直ぐな性格、素敵な人々…。
    アンが街に行くところと、マシューの死で思わず涙。

  • 有名な本。マシューの最期と、アンが先生になるときめたとき、本当に感動した。最初は面白そうじゃないなーとか思って読んでみたんだけどやられた!

  • 忘れられない一冊。

    これからどこで暮らしても、何をしていても、この本はいつもあたしの本棚にあると思う

  • 当時小学生だった長男に届けられた本。本棚にずっと眠っていたので暇つぶしに読んだ。もちろん名作であることは知っていたが、読んでみてびっくり!アンの想像力、感受性に拍手を送りたい。藤原正彦先生は子供時代に読まないと大人になって読んでも心に残らないといったが、そんなことはない。みなさん読むべき。

  • 全10巻。話が進むにつれ、戦争の色が濃くなっていき…。アンとギルバートの新婚時代のらぶらぶっぷりにほのぼのします。

  • 心の拠りどころ。

  • 私にとって、まるで人生の聖書のようなもの。

全26件中 1 - 25件を表示

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)に関連するまとめ

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤毛のアン (完訳 赤毛のアンシリーズ 1)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする