金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)

  • 147人登録
  • 3.49評価
    • (15)
    • (10)
    • (54)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 折原みと
制作 : 折原 みと 
  • 講談社 (1990年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061905177

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後まで読んでないので再読を始めました。この作者さん自体が甘ちゃんなので出てくる登場人物はみんな考えが甘いんだけどね。

  • 小学校の時大好きだった折原センセイ。
    うちのガッコは何故か折原派と別派に分かれてたなぁ。因みに折原派は少数だった…なぜだ、スティーブ!!!
    図書館で偶然見つけたのでこれを機に再読スタート。
    ユナちゃん可愛いよ。
    そしてこれに登録する為に検索かけてびっくり。20巻まで続いてたのか。途中までしか追いかけてなかったなー。全部読みたい!
    センセイの本、結構持ってたけど、何処にやったのか…。捨てられた、かな…(ションボリ)。

  • 当時、学生だった私がハマっていた本。
    異世界に行ってしまう女の子が金髪イケメンと出会う。しかも、特別な存在で、いたるところのイケメンが絡んでくる。--という私にとって初めての異世界ものだったような気がする。
    題名が毎回素敵で、次はどんな題名なんだろうと、それだけで毎回ドキドキしたのを覚えています。絵はあんまり…という感じですが、ファンタジー初心者には向いているんじゃないかな。

  • 最終巻『黄金の最終章(エピローグ)』まで読了。

  • きゃぁーと。マルタさんリタさんと同じくミーハー心で読み終わりした。

  • アナトゥール星伝1作目。
    15年続いて現在完結。
    昔大好きだった作品で、大人になってから最終巻まで購入。
    昔のように純粋に楽しむことは出来なくなったが、それでも世界観などやはりおもしろいと思う。
    小中学生に読んでもらいたい作品。

  • アナトゥール星伝1巻目。
    高校受験に失敗し、意に染まぬレベルの低い女子高に通っている結奈が、学校をさぼって入った個人運営の図書館で出会った“アナトゥール星伝”。
    これを開いたときからこの物語は始まる…。

  • 略して金バ。 銀メシと一緒にどうぞ。 このシリーズは一度読むと止まらなくなります。

  • アナトゥール星伝シリーズ1作目。

  • 面白かったというより、楽しかった。

全17件中 1 - 10件を表示

折原みとの作品

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)に関連する談話室の質問

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)に関連するまとめ

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)を本棚に「積読」で登録しているひと

金の砂漠王(バーディア)―アナトゥール星伝 (講談社X文庫―ティーンズハート)はこんな本です

ツイートする