オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)

  • 81人登録
  • 3.81評価
    • (9)
    • (5)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 松谷みよ子
制作 : いとう ひろし 
  • 講談社 (1991年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061952829

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★★★
    むかしむかし、といっても、きのうのきのうくらいむかしのこと、ある森の中に、おばけの家族が住んでいました。パパおばけと、ママおばけと、その子供のオバケちゃんです。
    オバケちゃんは礼儀正しいオバケですから、いつも丁寧に、精いっぱい怖い声を出して挨拶します。「こんにちは、かいじゅうじゃありません。ぼく、オバケちゃんです。ねこによろしく」
    これがいつものご挨拶。ところが今日は相手が悪かった。「ねえねえ、どうして『ねこによろしく』なの?ぼくもねこだよ。ぼくによろしくなの?」現れた知りたがりの白猫ホワイに問い詰められ、自分探しの旅に出ることになったオバケちゃん…。
    ★★★

    オバケちゃんシリーズ2冊目。
    4歳くらいから。
    話の内容は大人でも考えてしまうところがあって流石は松谷みよ子。
    おばけちゃんが死にそうになって、昔むかし人間だった時に死んだ(そしておばけちゃんになったわけなのだが)時のことを思い出す記述など大人でも唸ったり考えたり涙ぐんだりてしまう。

    子供には数日かけて読んだのですが、「どうして『ねこによろしく』っていうのかまだ分かってない~~」となかなかやめさせてくれませんでした(笑)。(でも1回で読むのは親が疲れるんだよー寝かしつけどころか寝なくなっちゃうし)
    ★★★

  • なんで「ねこによろしく」なんだろうって思った。

  • お店で怪談レストランを目にし、何故かふとこの本を思い出しました。
    そしたら同じ松谷みよ子さん!

    何気に少しトラウマ本かも。
    化け猫の話がこんなに怖いなんて。
    昔の子供の本てどことなく暗くて怖い。
    戦争体験者を通じて語られるとそうなるのかな。

  • 少しこわいところが、あったからよかった。

  •  白ねこのホワイに、なぜ『ねこによろしく』とあいさつをするのか聞かれたオバケちゃん。自分でもよく分からない。旅に出れば何かが分かるかもと、ベレおじさんのリュックサックの中にとびこみ、旅について行く。

  • 「なんでなんで」と聞きたがり屋なねこのホワイ。
    パパとママの愛情をいっぱい受けいているおばけのおとこのこ、おばけちゃん。

    ホワイとのやりとり、おばけちゃんのこどもらしい心のうごきがいい感じです。

    小学校2年生くらいからかな?
    わたしはおとなになってから読んで、おもしろいなーと思いました。

  • オバケちゃんもホワイも可愛い。
    サラッと読めるのに、読後感はとても濃いです。たしか小学生の時に読んだ。22になって読み返したけど、相変わらずおもしろかった。
    ねこによろしく。

  • おばけちゃんが旅にでます。
    猫のホワイとのやりとりがとても楽しいです。

  • 「ねこによろしく」の理由、解明。

  • 図書館でかりました
    オバケちゃん2巻

全12件中 1 - 10件を表示

松谷みよ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)に関連する談話室の質問

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)に関連するまとめ

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)を本棚に「積読」で登録しているひと

オバケちゃん ねこによろしく (オバケちゃんの本2)はこんな本です

ツイートする