波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)

  • 52人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 富岡多恵子
制作 : 加藤 典洋 
  • 講談社 (1988年7月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061960213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
谷崎 潤一郎
ジェイムズ・P・...
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • この作品の主人公はとても頭のいい方で、この人に比べたらたいていの男は頭が悪いってことになってしまうと思います。しかし、「カツミさん」だって女慣れしてないだけで、別に馬鹿ではないとも思います。本物の馬鹿男だったら、本作の主人公は耐えかねて逃げだしてしまうか、最初から鼻もひっかけないかどちらかではないかと。

    どうやら主人公は、男性一般を軽蔑するためにわざわざ関係を持っているようです。その辺の心理は私にはちょっと理解できないのですが。最後まで読むと、カツミさんにたいしてなにがしかの愛情をお持ちのようで、業の深さを感じます。

    自殺なさった年下の友人は、本当はカツミさんとか子供とかでなくって、主人公そのひとがターゲットではないかと感じます。自殺されたのも、カツミさんだけが原因ではないのではないかと。

    あと女性作家らしく、周辺描写がアメーバのように増殖していって、やや息苦しさを感じなくもないです。

  • 世界は言葉で出来ている、と改めて思い知る神経質な視線。日常や雑談といった擬制を、言葉から解体していく。この世界では言葉を操るものだけが知的であり、言葉に操られるものの愚かさが露骨に描写される。肉体的なメロドラマチックな筋書きが笑える。

  • 遺跡発掘と宅地醸成が同時に行なわれる新興住宅地。そこに生まれる新種の女達。彼女らがどんなに《言葉》の武器で武装し戦いを挑んでも、健康で鈍感な厚い脂肪に象徴される厚顔無恥な大男には太刀打ちできない。何度斬り込んでも、まるで脂ぎった皮膚に掛る水の如し。虚しく弾かれ傷を負うのはこちら。ブルドーザーで削られ均される波打つ土地でも、大男カツミは《北斎の波》が描くシブキの弧の中に富士のようにそそり立つ。フラジャイルな女達は打ちのめされ、討死していくしかない。

    『芻狗』鶴見俊輔との対談で、同世代以上の男たちを挑発するつもりで書いたというのが興味深くて。 でも、どうかな…ターゲットの彼らは嫌な夢を見たくらいに思って意識から抹殺するだけの気がする。 『箱根』『環の世界』同じ日本語を話していても意思疎通が成り立たないのは不愉快や怒りを通り越して不気味だ。ホラー以上に怖い。背筋が凍った。

  • 尋常じゃない名作。

全4件中 1 - 4件を表示

波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)に関連する談話室の質問

波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

波うつ土地・芻狗 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする