田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)

  • 366人登録
  • 3.88評価
    • (36)
    • (28)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 藤枝静男
制作 : 川西 政明 
  • 講談社 (1990年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061960831

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【田紳有楽】
    骨董屋の部屋を訪れた男が、自己流処世術を語り庭の池に飛び込むところから物語は始まる。
    男は池に沈められている朝鮮生まれの抹茶茶碗の柿の蔕(ヘタ)。地下水脈を通って出歩いたり人に化けたりしている。
    池の中には偽物陶器たちが埋められ、五十六億年後の弥勒説法の成仏永世を得るまでなんとかうまいことやりたいなあなどと思っている。
    志野筒型グイ呑みは色気漂う金魚のC子との間に生命を超えた情欲を持ち卵を産卵させ、
    モンゴルから来た丼鉢の丹波は触手を出して空を飛んだり柿の蔕と出し抜きあったり。

    こんな物資を所有する人間たちだってただもんじゃない。自称『永生の運命を担ってこの世に出生し、釈迦の遺命によって兜率天に住し、五十六億七千万年後に末法の日本国に下向して龍果樹の元で成道したのち、如来となって衆生に説法すべき役目を負った慈氏弥勒菩薩の化身であるが~~~』、なんて大仰なこと言っているがこの世では老人性掻痒症(そうようしょう)に悩まされる骨董屋、
    時節に合わせて姿を変える人間体の地蔵観音、
    骨董屋の庭で待ち合わせする妙見菩薩北斗尊星王と大黒天の化身、
    彼らはそれぞれにそれなりに五十六億年後の釈迦説法を待つ。

    …なに~?五十六億年後には太陽が膨れ上がりブラックホールに地球も月も呑みこまれるから説法どころじゃないって?!
    こうなったら唄って踊ろう。
    骨笛に銅鑼、鐘に槌。
    丼鉢は飛び回り、柿の蔕は飲んだくれ。
      ププー、プププー
      デンデンデデン、ドドン
      ペイーッ
     オム マ ニバトメ ホム
      ペイーッ ペイーッ
    「田紳有楽 田紳有楽」

    【空気頭】
    冒頭で著者は二つの私小説手法について語る。
    ひとつは『自分の考えや生活を一分一厘も歪めることなく写していって、それを手掛かりとして、自分にもよく分からなかった自己を他と識別するというやり方で、つまり本来から言えば完全な独言で、他人の同感を期待せぬものである』
    もうひとつは『材料としては自分の生活生活を用いるが、それに一応の決着をつけ、気持ちの上でも区切りをつけたうえで、わかりいいよに嘘を加えて組立てて、「こういう気持ちでもいいと思うが、どうだろうか」と人に同感を求めるために書くやり方である。』
    そして著者は「自分は今まで後者で書いてきたが、前者のやり方で書こうと思う」として、自分の生活や心情を語る。
    身内の醜さには怒りを感じる。
    自分の妄執、憤怒、他者への無関心を語る。
    多くの兄弟を結核で亡くし、妻も同じ病で長いこと入退院を繰り返している。
    病の妻との日々、妻へ愛着を感じながらも妻の死を楽しく空想する。
    果たして自分たちも夫婦は二世なのか。

    …そこまでは自分の現実的な過去をシビアな自己分析ていたのだが、その後は文体も内容も一変します。

    自分は親族から受け継いだ静的乱脈に悩まされていました。
    病の妻以外の女の躰と交わり、女の幻に追われたり、そしてその肉体から逃げ出したりします。
    そんな時は自分の考えた人口気頭装置を取り出します。皮下注射に空気を入れ、針を眼球の奥から視神経交叉部へ、そして脳下垂体まで届かせ抽出液を挿入し脳内に空気を送るのです。(←この辺体がムズムズしてきたのでちゃんと読めなかったので違ってるかも/-。-;)
    この人口気頭装置の元は、人糞研究から考えられました。
    人糞に関する科学実験、利用法、漢方効果、病気療法、飲食法、一通り試しました。(←この辺もちゃんと読むと変な臭いを感じそうで表面だけ読み~~/-。-;)
    或る時自分の意識が空中に飛び、自分の躰を見下ろす経験をしました。それは糞尿からも女体からも解放された時だったのです…。

    …いやいや、『自分の考えや生活を一分一厘も歪めることなく』と言って語ったのが糞尿生活に眼球から空気頭治療法って、どうなってるんだこれ(@@)

    性欲や糞尿飲食や手術の描写に「これだから医者が作家になるとコワいんだよ~~(´д`)」となりながらも本から目が離せない。
    いったい自分は何を読んだのだろう。全く読書と言うのは自分をとんでもない所へ連れて行く。

  • 焼き物になりたいという願望を持つ弥勒菩薩の主人公、その主人公が買った焼き物を池に沈め、その沈められた焼き物が生き物としての特性を獲得して己のルーツを語る「田紳有楽」、私小説「空気頭」の二編いり。

    風景描写の美しさに圧倒された。そんなにたくさん書かれているわけじゃないんだけど、田紳有楽の一ページ目は本当に美しいと思う。

    「空気頭」は中間、そのばかばかしさとまともに向き合うしかない空虚感というかそういうものが染みます。

    巻末の作家紹介がすごくよかった。書かない文学修行。かっこいいな藤枝静男。他の作品も買おう。

  • 「田紳有楽」がとっても面白かったです。骨董屋の主人に池に沈められている陶器たちが、おのおの自分の半生(?)について語りだし、池の金魚と恋仲になったり、人間に変身できる能力を身につけて主人の前に現れたり、モンゴルやチベット、インドを持ち主のラマと共に放浪して空飛ぶ円盤の能力を授けられていたり、いやはやもう陶器のくせに付喪神もかくや、という自由自在っぷり。

    そしてその百鬼夜行のような連中の主人もこれまた実は人間ではなく弥勒菩薩の化身というとんでもっぷりで、56億7千万年後を待たずして物語は祝祭的結末を迎えます。まさかこんな話だと思っていなかったのでびっくりでしたが、いい感じに力が抜けていて、かつ別にふざけているわけではなく大真面目なあたり、とても好きでした。

    「空気頭」のほうは、前半はいわゆる「私小説」の王道で、病気療養中の妻との闘病生活がえんえん生真面目に綴られているのですが、途中でいきなり一変して、それまでの「である」調から「ですます」調になり、「私」自身はそのままに、妻そっちのけで自分の性欲との格闘の歴史が、非現実的なエピソードの数々と共に繰り広げられます。

    作品の冒頭で、私小説には二通りの書き方がある、というようなことを作者自身が書いているのですが、その二通りのやり方を、まるで1作品の中で両方試してみたかのような実験作。個人的には、ぶっとんだ展開の後半部分のほうが圧倒的に面白かった。大真面目に現実をうつしとっただけの私小説は疲れますが、一度噛み砕いてユーモアなりファンタジーなりで味付けされたもののほうが、読者としては受け入れやすいのかも。

  • 藤枝静男的私小説二題。

    「田紳有楽」とにかくシュール。ユーカリの木の描写で始まる導入部がすごく昭和の私小説なのに、蛸足が生えたりくるくる回転したり、世界の底が抜けてしまったような話だった。私小説版「天才バカボン」(サブキャラの雰囲気がウナギ犬とかに近い)というか、力強い「これでいいのだ」が鳴り響く。

    「空気頭」表面と裏面があって、表では妻の病を負って生き、裏では家系的な(と本人は思っている)性欲過多に振り回された挙句に痛々しく解脱する主人公。とにかく当人にとってはとてつもない苦悩だということが伝わってきて、解脱も疲れ切ったあまりに自分の心を殺してしまったように思われて哀しかった。でもこれを抜けた先が「田紳有楽」の「これでいいのだ」感なのかもしれない。

  • 「田紳有楽」
    有機物と無機物が交歓する、私にとっては理想の境地がこの作品のなかで現前していて、驚きました。
    チベット仏教は今読むとオウム真理教をほうふつとさせるのでちょっと読んでて辛いところもあります。「草木悉皆成仏」というのは、日本仏教独自の考え方であるという話も聞いております。そのへんの齟齬は気になりますが、あまり細かいこと考えるとつまらないので。何も考えないで、この融通無碍の世界に心を遊ばすことがよろしいのではないでしょうか。


    「空気頭」
    これは私小説なのかなあ・・・?なにか筒井康隆的なスラップスティックギャグSFのように私には思えます。
    おそらく前半、奥さまの闘病生活を描いた部分は現実に基づいているのだと思われます。医者の奥様(女性にとっては理想の結婚相手の職業ナンバーワンなのでしょうけど)になるのもいいような悪いような……医学が十分発達してない時代は医者の対応もこんな感じにならざるをえなかったのか。それともこの方の個人的資質でああいう対応をされていたのかわかりませんが。
    私の祖母も若い頃からの結核で、晩年には肺の細胞がすかすかになっていたそうで、他人事と思えず読みました。
    後半は……糞尿ネタが多くて、突発性フロイト野郎になって作者の精神分析を始めたい心持になってしまいます(笑)。ネタそのものはちょっとしたアイデアみたいなものですが、医学的な専門用語の衣をきせられると、どことこなく霊験あらたかな感じがなきにしもあらずで、困ったもんだなあと思いました。

  • 『空気頭』のほうは読み始めてしばらくして読むのをやめてしまった。
    『田紳有楽』、これは読み始めてしばらく何が起きているのかわからず呆然としっぱなしだった。それが中盤、驚愕にかわり、終盤は笑った。無生物が生物に、言語が音楽に「変身」する過程を描いた小説。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784061960831

  • 「田紳有楽」
    楽しげなことはわかるのだが、初読では置いてけぼりをくった。いずれまた読んでみます。

    「空気頭」
    人の属性の描写に血液型を持ち出した小説は初めて読んだ気がする。

    視神経と精神活動との関連が小説内に横たわっていたが、著者が医師としての経験から直感的に感じ取っていたことなのだろうか。それとも当時からその医学的知見は存在したのだろうか。

    性欲とセックス欲と支配欲と承認欲求を切り分けて考えられればもっと生きやすかっただろうに。とはいえそこをきれいに切り分けられていればこうした小説は生まれないわけですが。

  • [ 内容 ]
    あくまで私小説に徹し、自己の真実を徹底して表現し、事実の奥底にある非現実の世界にまで探索を深め、人間の内面・外界の全域を含み込む、新境地を拓いた、“私”の求道者・藤枝静男の「私小説」を超えた独自世界。
    芸術選奨『空気頭』、谷崎賞『田紳有楽』両受賞作を収録。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 田紳有楽がクレイジーです。とてもとてもよかった。

全35件中 1 - 10件を表示

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)に関連する談話室の質問

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)のKindle版

ツイートする