さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)

  • 1062人登録
  • 3.88評価
    • (170)
    • (94)
    • (176)
    • (14)
    • (7)
  • 135レビュー
著者 : 高橋源一郎
制作 : 加藤 典洋 
  • 講談社 (1997年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061975620

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 弟に勧められて読んだ。確か一年位前、熱海へ向かう東海道線の中一人黙々と読んでいたのだが、この本を読むのにその環境は異常にマッチしていた。

    私にとってははじめての高橋源一郎作品。もうちょっと小難しい文章を書く人だと勝手にイメージしていたのでこんなにとっつき易いと意外だった。しかし、内容は決してとっつき易いというものではない。難しい。
    斬新で奇妙な。
    斬新な小説なんて滅多にないからうれしい。
    今もう一度読みたいと思うし、何度読んでも分からないんだろうという気もする。

  • よくわからないけどキャッチーで読ませるなあ、とすらすら読んでいたが、ある時70年代だかの現代詩手帖とユリイカを見て、あ、高橋源一郎の文章ってきちんと時代を引き継いだ詩だったんだなと気がついた。中島みゆきソング・ブック。

  • 言葉で言い表すことが難しい作品。
    言葉を与えることで、何かに分類されてしまうのは、何かもったいない気がする。
    この作品がいいと思える人には、わかってもらえると思う。
    あえて言うなら、「チェストーッ!」くらいか。
    この作品が、チンプンカンプン、なんじゃこりゃ?という人も多いと思う。
    高橋源一郎が言葉の裏側に見えるよい作品と思う。

  • 高橋源一郎唯一の傑作。もう彼がこれ以上の作品を書くことはない。単なるドナルド・バーセルミの継承ではないことを、自身の目で確認して欲しい。

  • かっこいい文章が出てくるとオッとなるが、どうもそれ以外は断片的でわからない、とにかくわからないのひと言に尽きる。

  • サイコー、この言葉に尽きる。

  • シュールレアリスム的な文章。詩的。ギャングになれなかった詩人。

  • 「さようなら、ギャングたち」と名付けられた詩人と、「中島みゆきソングブック」と名付けられた一人の女性と、「ヘンリー4世」と名付けられた一匹の猫の物語です。

    詩であり、詩論であり、小説であるような作品、としか、私には読めないと感じました。おそらくもっと作品そのものに即した理解の仕方もあるのだろうと思いますが、このような観点から理解するのが精いっぱい、という感じです。

  • 当時の文壇という観点から見れば、新しい精鋭の一人がまた登場したといった具合か。大学紛争を境に、ジャズが学生の間では流行り、アメリカ文化なんかの影響を受け、旧来には無かった前衛的な作風の作家が多く輩出された(村上春樹や笙野頼子や島田雅彦あたりがそうだろうか)。
    高橋源一郎もその一人で、突飛した内容が酷評され、吉本隆明の鶴の一声もあり、刊行され、ポストモダンの第一人者と呼ばれるまでになった――。という前評判を聞き、未だに読んだことが無かったため、手に取った運び。強烈な一冊。

    発想がどこから来ているのか、滅茶苦茶な世界、理解出来ない構造、詩として綴られる文体。絶版になったのも仕方ないと思えてしまう。登場人物の殆どが死に、前後の脈絡に関係無く何十、何百ページも前のことを引っ張り出したり(伏線とかそういうのではない)、無意味な動作を必死に行ってみたり、唐突な展開が、尾を引かない軽さで描かれる。一部には絶賛されるだろうが、一般的には評価されないのが本作の魅力と言えばおかしいが、今も昔も将来も、評価が大きく変わらない普遍的な作品だと思う。
    三部の、ギャングが詩を生み出すところと、
    「二回とも少しも悲劇的なところがなく
     だから だれも回想してくれないな
     かわいそうな
     かわいそうな
     わたしの死」
    という文章は良かった。
    夏目漱石が、いい小説というのはどのページから読んでも面白い、と言ってる。その流れを汲んでる一作だと思う。

  • 非常に荒唐無稽な物語である。キャラウェイが出てくる場面と、「アガートは大好きさ、フレガートが」のところに出てくる幼児用基地の受付の女の子がセックスしている場面、それから、SBとの出会いの場面、以上が気に入った。これは小説より、詩とみなすべき。あらかじめ決められた名前を誰も持たず、好きなように自分でつけていい、という設定は好き。

全135件中 1 - 10件を表示

高橋源一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)の作品紹介

詩人の「わたし」と恋人の「S・B」と猫の「ヘンリー4世」が営む超現実的な愛の生活を独創的な文体で描く。発表時、吉本隆明が「現在までのところポップ文学の最高の作品だと思う。村上春樹があり糸井重里があり、村上龍があり、それ以前には筒井康隆があり栗本薫がありというような優れた達成が無意識に踏まえられてはじめて出てきたものだ」と絶賛した高橋源一郎のデビュー作。

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)のKindle版

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)の文庫

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫)の単行本

ツイートする