モンテッソーリの幼児教育 ママ,ひとりでするのを手伝ってね!

  • 290人登録
  • 3.88評価
    • (25)
    • (36)
    • (31)
    • (1)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 相良敦子
  • 講談社 (1985年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062016087

モンテッソーリの幼児教育 ママ,ひとりでするのを手伝ってね!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • モンテッソーリ教育に対して自分はある程度理解しているつもりだったけれどよく考えたら一度も系統だって本を読んだことがなかった。しかもモンテッソーリやシュタイナーの教育を熱く語る母親と言うのはなんだかちょっとずれた教育熱心というかそういうイメージで偏見を持って見ていた。理想だけど、実際やるのは難しいとも思っていたし。
    でもこの本を読んで、私の方が偏った教育ママのようなことをしていたとおもった。子供たちの変化の箇所ではじわじわと涙が溢れてきた。そのことそのものに感動したと言うよりは自分がいかに自分の子供たちのその個性の豊かさを封印してきてしまっていたかということに気がついたからだ。家事に追われてお稽古ごとに毎日連れて行ってと言うことよりも少しの時間でも一緒にゆったりとした動作で何かを共にして子供の心や脳にいい刺激が与えられたらそのほうがずっと素晴らしいと思った。
    この本はモンテッソーリはこうだから皆こうしなければいけないと言うことが1つもなかった。キャラクターものはだめとかテレビはダメとかそういうことを書くのではなくて、こうしたらいいよと言うことが書いてあるので、もし自分の子供にちょっと変化が欲しいと思った人は1つだけでもやってみると面白い結果が得られるかもしれない。難しい学術でもノーハウ本でもなかった。

  • モンテッソーリ教育。幼児教育の核心がかかれている本。いま読んで本当に良かった!これから親になる自分。教育に携わる自分のこれからの方向性がひらけた気がする。
    子どもも見ること。自由と放任は違うこと。子どもは本来学びたがっていること。すべてが勉強になった!

  • ◆きっかけ
    ブログ こそあど記録 2015/4/15の記事よりhttp://chiyokopen.hatenablog.com/entry/2015/04/15/065423
    2017/5/1

  • 2016/12/24

  • 宇宙との調和とかなんとも言えない言葉も出てくるが、ゆるぎない哲学、意志があるので、これまで読んだ育児書の中でいちばんよかった。

  • 敏感期をのがすと編み落としの目になる。
    手をつかうこと。自然からの宿題。
    自立をたすける環境。
    C5037

  • タイトル通りで全くブレがない本。
    子供を自由にさせて自立を目指す教育方法。


    子供は、自然からの宿題を日々こなしている。大人がそれを先回りしてやってしまったり、やめさせたりして、機会を取り上げたりしてはいけない。
    大人は子供から学ぼうとする謙虚な姿勢を持たないといけない。

  • 勉強になりました。
    例が多くてわかりやすかったです。
    自分が今まで、自分中心に子供を叱ってしまっていたことに、気付けました。

  • 63

  • モンテッソーリの幼児教育についての理解を深めたくて読みました。
    敏感期やそれに対して大人のできることなど、
    知っておいて良かったと思うことが多々ありました。

    とりわけ感動したのが、「子どもの体に仕えるのではない。
    生命に使えるのだ。」という考え方です。
    我が子を自由自在に操り、支配できる時期だからこそ、その尊い生命に使えることを知らねばならない、と戒める言葉に
    親としてのどうあるべきか、その心構えを教えられました。

    この哲学があれば、少々育児が大変でも、何とかなるかな
    と思えた言葉です。

全39件中 1 - 10件を表示

相良敦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
なかの ひろたか
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

モンテッソーリの幼児教育 ママ,ひとりでするのを手伝ってね!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

モンテッソーリの幼児教育 ママ,ひとりでするのを手伝ってね!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モンテッソーリの幼児教育 ママ,ひとりでするのを手伝ってね!を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする