ワイルド・スワン(下)

  • 541人登録
  • 4.04評価
    • (107)
    • (65)
    • (88)
    • (3)
    • (1)
  • 57レビュー
制作 : 土屋 京子 
  • 講談社 (1993年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062062541

ワイルド・スワン(下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このドキュメンタリーを
    発刊以来はや20年は
    過ぎてしまい、中国の人口は
    今や13億、経済の自由化
    は著しいが政府は独裁一党の
    共産党だけであることには
    変わりはなく、毛沢東の時代
    は終わり、学生たちだけで
    世の中を変えようとした
    「天安門事件」がなぜ起きたか
    中国の政治背景が非常によく
    分かったような気が、今はしています。
    20世紀近代史に於ける偉大なる
    ドキュメンタリーです。
    いつの時代も言いたいことを言い
    やりたいことをする権利や自由を
    謳歌できることの有り難さを
    忘れないようにこれからも中国を
    少しでも勉強していこう。
    そんな気持ちになりました。
    ジャスミン茶を飲みながら…

  • この下巻では、上巻の続きです。

  • 下巻は文革による混乱と迫害を乗り越えて、著者自身が中国人初のヨーロッパへの留学生に選ばれるまでを描いている。文革によって、どれほど中国国内が混乱し、多くのものを失ったかがわかる。もちろん、著者からの視点限定だが、一読の価値がやはりある。このサイトの一部のレビューに、中国人へのヘイトスピーチになっているものが散見されるが、正直、日本も隣国の悪口が言える立場ではないと思う。

  • 毛沢東の独裁化が進み、文化大革命という狂気の政策がメインの下巻。
    自らを守るために誰かを迫害し攻撃しなければ生きられない異常な時代に10代を過ごした私(著者)の迷いや苦悩、成長がリアルかつ繊細に描かれている。
    迫害され精神を病みながらも信念を貫いた著者の父の誇り高い姿勢が特に印象深い。

    自分の持つ中国の知識などほんの一部でしかも表面的なものに過ぎないと痛感させられた。無知な自分をつい恥じてしまいそうになる。
    かなりのボリュームと情報量だが質の高さと息を呑む内容で心を揺さぶられる作品。

  • 上も下もダメだから、抜きに出ると潰される、フラットであることが正。

    運動会で手をつないでゴールする。
    こういう精神は押し付けるものではなく、
    生まれてきてこそ意味があるのではないだろうか。

    恐怖とは異なる何かが周りを支配してはいないだろうか。
    サービスを提供する側が過剰になりすぎて、
    何かがおかしくなってきていないだろうか。

    線引きは自分でやるようになれないと、おかしな社会に飲み込まれていっていしまう。
    いや、線引きをしない社会が当たり前になってきてしまっているのかもしれない。
    そうなったときに自分はどうすればいいのだろうか。

  • この本により文化大革命の悲惨な実態を知ることができる。
    興味深く読み進められた。

  • 中華人民共和国の建国の父、毛沢東のしてきたことがよくわかった。中国政府がいかに自国民の生命を軽視してきたかということ、毛沢東が自分の権力にしがみついてきたかということ。現在でもそんな中国政府の考え方の名残りがまだまだ残っているように思う。今の中国という国のあり方はここから始まっているのだと思った。だから、事故を起こした電車を埋めようとしたり、爆発の原因もうやむやに隠そうとする。中国は自らの失敗を隠すために日本を敵視するよう国民にしむけているということはもう世界中の人が知っている。いい加減に謙虚さというものを少しはもったらどうか。

  • 読了。
    昔、中国で仕事してた時のパートナーが、「Cultural Revolutionがあらゆる価値観を破壊し、Selfishな人しか生き残れない国を作り出した」と言ってたのを思い出した。本書は、そんな中でも、愛情や人間の尊厳を失わなかった人たちの貴重な記録でもあると思う。
    一方、文革を終わらせた鄧小平に対する慕情からか、時系列としてあって然るべき第二次天安門事件の記述はほぼ皆無で、エピローグの唐突感は否めず。

  • 本当に、なんという歴史を中国の人たちは生きてきたのでしょう!
    ワイルドスワン、ついに下巻です。

    上中巻でもあまりに衝撃的な事実に頭がクラクラしましたが、下巻で更に明らかになる毛沢東の所業には・・・言葉が見つかりません。
    このようなあまりにも不条理な世界が、私が生まれている時代に現実に起こっていたとは驚きでした。

    毛沢東の潜在的敵を排除するため、だ・け・に、知識階層を農村等に追いやり過酷な労働を強いたり、罪を着せ、気が狂うか死ぬまで拷問をさせられていくことにより、子が親を密告するような殺伐とした世界があっという間に出来上がります。もちろん学校も機能せず、学ばない青年層が増え、その上で一つの思想で民衆を縛ることによって毛への不満や暴動は起こらず、すべての人が狂気の中で踊らされるのです。

    毛が病死したことでこの狂気は終焉を迎えますが、この時代に知識人がことごとく排除されているので、この後まともな人間が政治活動を行えていたのだろうか、と不安を感じました、っていうかまともじゃないから今の中国、ですね。
    こういう歴史を持つ中国人なら、と尖閣問題等理不尽な言いがかりを堂々と言う国民性にも納得出来てしまいました・・・

    いや~、本当に衝撃的な本でした。
    長いけど、みんなに読んでもらいたい本です!

  • 中国恥ずべき時代

全57件中 1 - 10件を表示

ユン・チアンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ヘミングウェイ
東野 圭吾
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

ワイルド・スワン(下)に関連する談話室の質問

ワイルド・スワン(下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワイルド・スワン(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワイルド・スワン(下)の作品紹介

いつ誰かが言わねばならなかった現代中国の衝撃的な真実。今世紀中国のあまりにもすさまじき歴史と、中国文学の力を凝縮した天才的才能との出会い。壮絶な事実に世界は言葉を失う。中国の大地で人々は翻弄されながらも、何と力強くすばらしく生きてきたのか。

ワイルド・スワン(下)の文庫

ワイルド・スワン(下)の-

ツイートする