名探偵の掟

  • 518人登録
  • 3.10評価
    • (19)
    • (41)
    • (130)
    • (32)
    • (12)
  • 65レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1996年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062074001

名探偵の掟の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説の中の名探偵と名物警部が、役だから仕方ないけど本当はこんな見え透いたことしたくないんだ!って駄々をこねながらも与えられたとおりに演じているというお話し。
    原作よりテレビが面白かった。

  • 改めて通読するとイマイチだった
    2.2点

  • 何か気分で再読。
    勉強にはいいね。
    まあまあおもしろいしね!

  • 数年前に読んだが、第一作目の短編で読むのを止めてその後は読まなかった。流石にその時は、東野さんも『このなの書くんだ』と残念に思った…が、
    今、東野さんの作品の完全読破を目指し、未読の約十作品を読んでいる。
    改めて読んでみて、東野さんが書いた狙いを想像してみた。
    この作品は、真面目に真正面から考えたらいけないように感じた。ハスに構えて読むのが丁度いいと思う。

  • 読書録「名探偵の掟」4

    著者 東野圭吾
    出版 講談社

    p49より引用
    “人物紹介で、名探偵ってことはないだろう。
    探偵だけでいいじゃないか。書くなよ、恥ずか
    しい。何を考えているんだ、この作者は。”

    目次から抜粋引用
    “密室宣言
     最後の一言
     切断の理由
     殺すなら今
     凶器の話”

     事件を次々に解決する名探偵と、その周り
    でピエロ役を演じる刑事を主人公とした小説
    の、お約束事を皮肉りながら事件を解決する
    短編集。
     密室殺人からバラバラ死体まで、ミステリー
    でよくお目にする展開が描かれています。

     上記の引用は、小説の中でピエロ役を引き
    受けている刑事が、登場人物表を見ての感想。
    こういうパロディ作品ならば、名探偵と書いて
    あっても笑うところとしてなりたつのでしょうが、
    シリアスなミステリー小説の人物紹介でこの
    ように書いてあったら、雰囲気台無しかもしれ
    ませんね。しかし、シリアスな作品でこのような
    人物紹介がそのまま印刷されていたら、作者
    ではなく編集者がまずいのではないでしょうか。
     ミステリーが好きであれば、息抜きとして
    いい一冊なのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • 世の中にあふれる「名探偵モノ」に、必ずいる脇役警部の視点で進行するお話。推理小説の登場人物、そして作者の「こっちも大変なんだよ!!」という思いがひしひしと伝わった。
    どれもあるあるばかりなので、「うん、まあ、そうだよね」と一章一章の読後感はそんなに良くない(笑)それでも最後の話は意外性があった。予想していたとしてもすごいね。漫画や映像では不可能な、小説ならではのトリックだと思う。サクサク読めて面白い、オススメの一冊。

  • 近所の市民センターに足を運び、東野さんの本を探してみた。

    その前に如何ほどの著書があるのか検索してみたら、
    いやぁ~、あるわ、あるわっ☆(無知とは恐ろしいものです。)

    新聞みたら、番組タイトルに『東野圭吾ミステリースペシャル』なんてのも放映されている様だし、
    恐ろしい程たくさんの作品を、すでに世に送り出されていたスゴイ作家である事に今更ながら驚いた。

    (どの本が面白いのかな?)全くわからないので、とにかく足を運んでから直感で決めよう!と、思っていた次第でして。

    すると。
    あ、あれ~~?
    東野さんの本はこれっきりより他は無かった。
    選択の余地なし。

    しかし、もとより直感に頼ろうと思っていたくらいだったから、むしろ潔くて良いかも!

    と、言う事でそれなりにズシリ、とした重みと厚みのある本をわくわくしながら借りてきて、ページを開いたのが昨日。

    読了が今朝。

    ものすごく面白かったのか?!と、言えば、
    特にそうではない。

    しいていえば、軽いのだ。
    内容が軽い。

    一冊の本をこれ程のスピードで読み終えたのはこれが始めてかも知れない。

    簡単に言うと、ミステリーの可能性を示唆する本。
    そして、ミステリー初心者には、とりあえずうってつけの本だったと言えよう。

    なにしろ、読者を巻き込み、筆者までしゃしゃり出てきて、
    いろいろ釘を指したり、言い訳の様な前提をおきつつ、

    子供に噛み砕いた餌を親が与えるかのごとく、分かりやすく物語を進行させているのだ。

    結果的には、私にはうってつけの本であったが、
    ミステリーの真髄にはまだ触れられずにいる。

  • 東野圭吾の作品としては最悪。ふざけているとしか思えない。途中で詠むのをやめた。

全65件中 1 - 10件を表示

名探偵の掟に関連する談話室の質問

名探偵の掟を本棚に「読みたい」で登録しているひと

名探偵の掟を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名探偵の掟の作品紹介

密室トリック、首なし死体、消えた凶器…快刀乱麻の名探偵・天下一が挑む難事件。

ツイートする