蒼穹の昴(下)

  • 1091人登録
  • 4.15評価
    • (309)
    • (139)
    • (194)
    • (8)
    • (1)
  • 137レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 講談社 (1996年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062080392

蒼穹の昴(下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこまでが 史実 だとか そうでないとか
    そんなもの どうでもいいや
    と おもわせてもらえるほど 愉しませてもらいました

    一気に読んでしまうのはもったいない
    途中で 今日はここまでにしておこう
    と 次の愉しみのために栞の紐をはさんでいたのですが
    やはり 気になって
    いつのまにか また 手にしている

    噂には聞いていたのですが
    それ以上の満足感、読後感を持つことができます

  • 胸に迫るクライマックス。
    下巻に入り、怒涛のような展開に、振り回されっぱなしの心!

    清朝末期の動乱に翻弄される登場人物たち。
    立場や思想はばらばらでも同じ願いを持っていた彼ら。
    対外的には列強に国土を蹂躙され、体内的には不正や汚職にまみれて失墜間際の清朝末期。
    断末魔にあえぐ王朝を司る西太后。この人物造形が類型的ではなく、斬新。人の心を持ち、知性を兼ね備えている彼女の姿はちょっとした驚き。

    政にかかわる官僚、宦官、軍人。市井の人々、外国人報道記者、スパイ……
    多くの登場人物の視点から中国の歴史の一部分を切り取っていく重厚な物語。

    涙なくして最後は読めないだろう。しかし、余りにも多い登場人物ゆえ、その全てを描ききれていないのも確かなところだろう。

  • やっぱり、
    運は自分次第
    と勇気付けられました。

  • 読み応えたっぷり!ぐちゃぐちゃになってる清王朝末期の政局の話で、時々頭がこんがらがるものの、面白くて次へ次へと読み進んでしまう。

    人間って、複雑なんだなぁ…ということと、どんなに善意をもって行動していても、どうしようもないこともあるんだなぁと、思った。(これって、作者の伝えたかったことの正反対かも;)

    個人的には、下巻で春児と文秀たち個人の影が薄くなってしまったのが、残念。政局があまりにも複雑になってて、個人どころじゃなくなったのかな。それに、もう一度龍玉が出てくるのかなーと期待してたら、そういう話じゃなかったのね(^^;

    …というわけで、とても面白い、質の高い作品でよかったけど、私の好みとしては、ほんのちょっとツメが甘かったので、☆4つ。

  • 香港租借99年の話は本当に最後のほうなのね。面白かったからよし。でも、この人女性を描くのはあまりうまくない。

  • おもしろかった。泣ける。李鴻章がめちゃかっこいい。けど下巻は、なんかいろいろイラついた部分が多かった。慈禧と載湉の上手くいかん関係とか、無能の康有為とか、なぜかトントン拍子の栄禄とか、めっちゃ重要人物っぽかったのにどっか行ってしもた王逸とか、これまたどっか行ってしもた龍玉とか、何も言わずに妻を残して死ぬやつとか、急に荒れて急に反省する文秀とか、白太太の予言がすごいのか外れてんのかよおわからん感じとか、主人公が誰なのかわからん感じとか。かわいそうな人が多すぎた。

  • 生きる勇気を与えてくれる物語です。何かに躓いた時、また読もうと思います。

  • 后党と帝党を巡る国内の政治対立と外国列強による領土の蚕食が進む清朝 末期の近代史を生々しい人間ドラマとして描いた歴史小説の傑作だと思う。西太后 李鴻章 光緒帝といった歴史の表舞台 に立った(実在の)人物たちと梁文秀(科挙 状元 士大夫) 李春雲(宦官 大総管太監)といった歴史の裏舞台を支えた(架空の)人物たちのそれぞれに絡まり合う人生を縦軸に、清朝最盛期の六代皇帝乾隆帝の亡霊や路上の占星術師白太太の予言などを横軸に織りなされる光と影、虚と実、の壮大な歴史絵巻。
    天から与えられた運命と、時にそれすら変え得る人間の強さと優しさ。それぞれの過酷な運命を背負いながらこの時代を懸命に生き抜いた梁文秀や李春雲らが最後まで人としての本当の優しさを失わなかった姿に、私は何回涙を流したことだろう。

  • 凄い壮大なストーリーだった。上巻は非常に読みづらく挫折しそうになったが、頑張って読んだ甲斐があった。歴史が苦手な私にも分かる名前がちらほら出てきて、おぉ!となる場面もあった。下巻の後半はまじか!ってなるくらい大事になって、チュンルとか李鴻章とかやばかった。

  • 岡圭介さんが編集を担当されました。

全137件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼穹の昴(下)に関連する談話室の質問

蒼穹の昴(下)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蒼穹の昴(下)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼穹の昴(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼穹の昴(下)を本棚に「積読」で登録しているひと

蒼穹の昴(下)の作品紹介

落日の清朝には領土を分割せんと狙う列強の牙が迫っていた。科挙進士の友とも別れ、西太后の側近となった宦官の春児は、野望渦巻く紫禁城で権力をつかんでいった

ツイートする