萌がさね―藤原道長室明子相聞

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 鳥越碧
  • 講談社 (1996年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062081245

萌がさね―藤原道長室明子相聞の感想・レビュー・書評

  • 平安時代の権力者藤原道長の妻、源明子の生涯を描いたもの。道長の妻といえば倫子のほうがいくらか有名だが、この明子も倫子に劣らず尊重されていた。道長がいかに明子を愛したかということばかりでなく、明子という女性から見た道長がどのような男性であったか、という点にも作者の興味が置かれているようである。日記も何も残していない女性を描くのは大変な作業である反面、自分の空想をフルに活かせるという楽しみがありそうだな…と思ってみたりした。

全1件中 1 - 1件を表示

萌がさね―藤原道長室明子相聞を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

萌がさね―藤原道長室明子相聞を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする