やみとり屋

  • 10人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 多田容子
  • 講談社 (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062103671

やみとり屋の感想・レビュー・書評

  • 生類憐れみの令のまっただ中、万七郎と春之介はやみとり屋で鳥を焼いて売っていた。そんな彼らと色々な身分の客と、女の話。

  • 春之助と万七の会話の調子が面白いと思う。けど 途中から話が駆け足だったかな。気づいたら終わりみたいな感じでした。
    やみとり屋の面子の詳しい素性が気になった。個人的には亮山が気に入りました。

  •  生類憐れみの令の時代の江戸を舞台とした時代小説。

    「何かが起きそう?」という期待を持たせるんだけど……なんというか後が続かない、尻切れトンボ過ぎて寂しい。
     ぷつっぷつっという感じのエピソードである。

     主人公視点がなく、すべて三人称の方が謎が深読みできて楽しそう。というか主人公視点ちょっとおかしいような。
     いつか文庫版をよんでみようと思った。

  • 男のロマン???かなぁ違うかも大志を抱けって感じなのか、違うのか大人に刃向かう思春期の葛藤?平和ボケした大衆のちょっと冒険してみたいな(●^o^●)的な端から見たら少しむかつく集団?

全5件中 1 - 5件を表示

やみとり屋はこんな本です

ツイートする