家族善哉

  • 22人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 島村洋子
  • 講談社 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062111935

家族善哉の感想・レビュー・書評

  • 大阪などを舞台とした作品です。

  • ラスト、悲しい時には泣き悔しい時には耐える息子が泣き、悲しい時には耐え悔しい時には泣く娘も泣いたシーンが良かったね。

  • 大阪の家族のお話で笑えました。父・母・妹・弟の各目線がリアルで引き込まれていきました。おかんはこんな目であたしを見てくれていたのかとおもうと、胸が温かくなりました。

  • 2009.11.25

    高校を中退して子供を産んだ咲子が、娘と同じ高校に通い始め、1年下に息子も入学して、2年で娘と同じクラスになって・・・
    東京からの転校生の高千穂暎子以外は思考の中まで関西弁なので、読んでいる間は、こちらも頭の中が関西弁になってしまいそうな感じ。でもまた、そこもおもしろい。

  • 母と娘と息子が同じ高校に通うってのはちょっと設定に無理がありすぎる。そこまで舞台に乗せるなら、もう少し家族を掘り下げてほしかった。

  • もう一度高校生をやり直す母親と同級生になった娘、恋をした弟、熱い父親。とその他大勢の取り巻く人たちのお話。

  • 高校を中退して母親となり、二人の子供を育てたが
    もう一度勉強したいと
    娘の通う高校に再び入学しクラスメートになってしまう。
    そんな母を中心に、次々事件が…
    どたばたしながらもほんわか暖かく家族の生活ぶりが
    描かれている

  • とーてーも!面白かった。登場人物はちょっとずれてる方向に一生懸命だったりするんだけど、皆根っこで物凄く大事な事が分かってる。今の社会で、こんな芯を持ってる人達はどれだけいるんだろう?
    文庫版の解説はとても面白くなかったので、敢えてハードカバー版をお勧めします。

全9件中 1 - 9件を表示

家族善哉の作品紹介

めげない家族の愛と侠気を描いた長編小説。

家族善哉はこんな本です

ツイートする