大輝くんの くじら (講談社のノンフィクション絵本)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 講談社 (2002年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062113366

大輝くんの くじら (講談社のノンフィクション絵本)の感想・レビュー・書評

  • 沖縄、ガン、1日社長、シェラトンホテル

  • 読み聞かせの会でお友達に紹介してもらった絵本です。
    メイク・ア・ウィシュが沖縄に住む大輝くんという男の子の夢をかなえたお話です。
    大輝くんの夢をかなえるために、尽力した人々に感動して、2010年の3月に私たち家族は、大輝くんが感動したサービスをしたホテルに宿泊して、「くじらの絵」を実際にみてきました。
    こんな心のこもったサービスや、想いをつないでいくホテルや企業がふえてほしいな~と思っています。
    残念ながらこの本、出版元の講談社に問い合わせても、手に入れることはできません。増刷の予定がないかもしれません。
    版を重ねていってほしいと願う絵本です。読み聞かせにもおすすめです。

  • メイク・ア・ウィッシュの活動で闘病している子供たちが夢を叶える実話です。
    電車の中で読んでいましたが。
    涙が止まりませんでした。

全4件中 1 - 4件を表示

大輝くんの くじら (講談社のノンフィクション絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大輝くんの くじら (講談社のノンフィクション絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大輝くんの くじら (講談社のノンフィクション絵本)の作品紹介

沖縄で闘病をつづける大輝くんは、メイク・ア・ウィッシュの応援で、「ディズニーランドに行く夢」をかなえます。そのとき大輝くんがつぶやきました、「ホテルの社長になって、病気の子をたくさん招待するんだ。」そのことばから始まった、これは、ほんとうにあったお話です。読みきかせるなら5才から。ひとりで読むなら小学校低学年から。

大輝くんの くじら (講談社のノンフィクション絵本)はこんな本です

ツイートする