半落ち

  • 2138人登録
  • 3.63評価
    • (243)
    • (410)
    • (599)
    • (54)
    • (7)
  • 399レビュー
著者 : 横山秀夫
  • 講談社 (2002年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062114394

半落ちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 病気の妻を殺してから自首するまでの空白の二日間。彼はいったいどこで何をしていたのか。犯行を自供しながらも頑なにその理由を語らない元警部。取調官、検察官、新聞記者、裁判官、弁護士、刑務官がそれぞれの立場からその謎を追う。 彼にあと1年生きようと思わせた理由は何なのか。それを知った時、なんとも切なく、そして胸があつくなりました。

  • 最後はじーんと来ます。
    人は絆によって、生かされている。

  • 逮捕され、裁判になり、刑務所に入っても半落ちのまま。誰も正義を貫けないまま話が進んでしまうところに現代日本の病理を感じました。警察、新聞記者、検察などを書かせたら作者の右に出る者はいないのではないか、と思ってしまいます。この作品の核心である「ある点」にケチをつけた直木賞選考委員の某作家には、「事実がそんなに偉いのか」と言いたいです。作品の面白さが全てであることは、この作品が売れて、多くの人に愛されていることが証明していると思います。

  • 学生の時、何となく母の本棚から拝借して読んだ本です。

    確か初の横山作品だった気がします。
    この本をきっかけに、横山さんにハマっていったんだよなぁー。

    私にとって、ひとつの思い出の本。

  • 〈内容〉「人間五十年」―請われて妻を殺した警察官は、死を覚悟していた。全面的に容疑を認めているが、犯行後二日間の空白については口を割らない「半落ち」状態。男が命より大切に守ろうとするものとは何なのか。感涙の犯罪ミステリー。

  • 文句なしの傑作。

  • 心地よい読後感−「死なせない」「この男を死なせてなるものか」
    シンプルで力強い文章に引っ張られて一気に読めた。被疑者の「余白」の部分を解明しようとする男たちのそれぞれの思いと、組織の圧力、それに屈する男たちの無念と執念。命を奪うと同時に命を守ろうとする男・・・作者の正義感が伝わってくる傑作。

  • タイトルどおり、なかなか落ちなくてもどかしかった。
    ラストはなるほどー。
    いろんな人の生きる意味を問いつつ、警察の内部をちくちくしつつ、面白かった。
    空白の2日間については勿体つけすぎ?
    いいラストなのに拍子抜け感も否めない。

  • 現職警官の妻殺しから物語が始まる。謎として残る妻を殺害したあとの空白の2日間。なぜ彼は2日間さ迷い、死ではなくいきることを選んだのか。全てを明らかにするラストは謎が解ける心地好さの中に、生きることを選んだ彼の強い意思と切なさを感じる。是非一読いただきたい作品。

  • とても面白かった。引き込まれた。謎が最後に解ける。現代の諸問題を盛り込み(認知症の介護など)、刑事事件にかかわる人達の様々な視点から物語が紡ぎ出されている。この作品が直木賞を取れなかったのは、ちょっとおかしい。十分直木賞に相応しい面白い作品だと思った。

全399件中 1 - 10件を表示

横山秀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

半落ちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

半落ちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

半落ちを本棚に「積読」で登録しているひと

半落ちの作品紹介

「人間五十年」-請われて妻を殺した警察官は、死を覚悟していた。全面的に容疑を認めているが、犯行後二日間の空白については口を割らない「半落ち」状態。男が命より大切に守ろうとするものとは何なのか。感涙の犯罪ミステリー。

半落ちのKindle版

半落ちの文庫

ツイートする