キャベツの新生活

  • 79人登録
  • 3.20評価
    • (3)
    • (17)
    • (19)
    • (7)
    • (3)
  • 19レビュー
著者 : 有吉玉青
  • 講談社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062114608

キャベツの新生活の感想・レビュー・書評

  • 恋愛小説だけど、結末がわけのわからないどんでん返し。 え?何??となる。作者の頭の中だけで完結しちゃったよ。

  • 始まりから続くざわざわとした不快感。終わりのページに近づくにつれて、その理由に気づく。

  • 優柔不断でこだわりが強く、なかなか決められない主人公が自分とかぶる。だからこそピンと来たものに巡り合えた時の感動も共感できる。ディズニーランドの虚構性もなんとなくわかる。

  • 読みやすかったしおもしろかったけど、なにかが残るってことはないかな。最後のパラレル感が、逆に現実的でちょっとコワイ。

  • 一度目にいつぐらいに読んだのか定かではない。2006年あたり?
    しかし私は幼なじみとつき合ったり同棲したりしていたのに、そういう話題が出てきた話だと覚えてなかったのでそれより前かと思っている。
    内容忘れてたんだけど、でも人に勧めたり自分の中でも大きな位置をしめている本だったので、もう一度読み返す。
    傷ついた事って、自分以外のことを知れたってことなのかな。
    ボキャブラリー増えましたみたいな。

    引用はあとで更新したいと思う。

  • うーん、イマイチ。
    過去と現在が交互に出てくる書き方は混乱して読みづらいし、
    キウイや夏帆のキャラクターも魅力に欠ける気がするし、
    キャベツという主人公のあだ名もなんだかなぁ、という感じ。
    キャベツが杉崎に殴りこみ(?)に行くシーンでも、彼の言うことが
    ちっとも説得力の無い気がして…。
    なんでここでこうなるの?っていう場面が多かった気がします。
    何よりラストのオチが全く理解できない!!
    結局どういうことー??

  • シンプルで都会的なライフスタイルに身を置きながら、
    人を傷つけないやさしさを持つ“キャベツ”という主人公に癒されます。
    それはキャベツが、人の話を「聴く力」があるから。
    「キャベツといると、人の好きになり方を思い出せそう」というキウイ。
    日を追うごとに愛されていたと実感する夏帆。

    キャベツの言った言葉、ふるまいが、仕事に疲れた私の頭に
    やさしいヴェールとなって包みこんでくれるような余韻が残り、
    眠る前は傍らにこの本を置いて、
    少しずつページをめくっていくことが日課となりました。

    単なるラヴストーリーに終わらせない、結末の意表をついた構成。
    主人公の、生きている痕跡を残さないような
    簡素な暮らしぶりの意味が最終章で理解できます。
    タイトルの「新生活」が何を指すのかも。

    表紙に描かれている抽象画もこの作品の
    心憎いキーワードになっています。癒しの一冊。

  • 序盤は非現実的な描写が続き、結構読み進めるのが辛かった。まずキャベツとキウイという登場人物名からして馴染めなかったというか。でも、中盤から最後にかけては一気に読めてしまった。物語全体を通してというより、キャベツの台詞がすごく良かったので星4つ。

  • 物語の初めはすごく惹かれるものがあって、すいすいと読める本だけど、最後がいまいち繋がりが難しく感じましたxx
    ただ登場人物のキャベツとキウリの不思議なオーラが好き
    ただ私的になぜ夏帆を選んだのかも謎ですねxx

  • 失恋して、彼は運命の人じゃなかった嘆くキウイに対して。
    彼は運命の人だよ。運命の人は結ばれる人という意味だけじゃないんだ。君の人生に大きい影響を及ぼした人のこともいうのだよ。何も残らなかったというけれど、君はいつまで残りたいのだ。地球が滅びるまでか。違うだろ。君が彼を愛したことは彼に永遠に刻み込まれたのだ。それでよかんべ。
    と、話をするキャベツがよかった。
    そしてキウイを彼に刻みつけようと走るキャベツ。
    爽やかですなぁ。
    420

  • 2回読みました。
    読みましたけど、?しか頭に浮かばず面白くなかった。
    はっきりしない結末が更に後味が悪かったです

  • 途中まで、いいなと思って読んでいたのに、最後、なんか、落胆。うーん。キャベツって名前に惹かれて読んでみたのですが…残念だ。

  •  ソフト。
     女っぽいなー と思いながら読み進み、現実感に欠ける理由が最後の方で明らかになる。

  • 最初からあった違和感(予想)があ〜やっぱりなと思って終わった。でも、やっぱりなんだかおかしい・・。実際誰?って思ってしまう事多かったし。

  • 著者の伝えたいことが確かにそこにあるのはわかったけど、端っこしかつかめませんでした。

  • いろいろな感想があるらしいが俺は結構好き。

  • キャベツとは勝部拓人のことである。
    カツベ→キャツベ→キャベツとなった。

    少し長めの出張から帰ってみると 住んでいたアパートが原因不明の爆発事故によって跡形もなくなっていた、というところから物語は始まる。

    時間も空間も自由にふわふわと行ったり来たりする。だまし絵のように ここがどこに繋がっているのか どこまで行くとそこに出るのかが判然としない。判然としないながらもどこまでも滑らかにストーリーは流れる。大事なことを見過ごしてしまいそうなほどに。

    とても自然で幸福で悲しく切ない物語である。

全19件中 1 - 19件を表示

キャベツの新生活を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キャベツの新生活を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キャベツの新生活を本棚に「積読」で登録しているひと

キャベツの新生活の作品紹介

キャベツ、キウイ、夏帆…0から∞(無限大)へのラブストーリー。透明感のある清清しい筆致で描く書下ろし恋愛小説。

キャベツの新生活はこんな本です

キャベツの新生活のKindle版

ツイートする