紫の領分

  • 21人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 藤沢周
  • 講談社 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062114615

紫の領分の感想・レビュー・書評

  • いまいち。狂気じみたものも感じなかったし、二重生活をしているハラハラ感もなかった。

  • 小説中に繰り返し出てくる紫色の稜線。その風景を抜けて主人公は二つの生活を行き来する。嘘をついたまま死んだ同僚の心情を想像しながら、自分の嘘についても思いを巡らせる。結末は、主人公が心のどこかで望んでいたものなのかもしれない。淡々とした描写が逆に登場人物の心の揺れを鮮やかに描き出す。

  • 「世界の限界という奴から脱出したかっただけだ、
    ほんの1ミリでいいんだ、1ミリで……」

    二つの家庭の間で二重生活をおくる数学教師。
    日常の底を抜く狂気と虚無の烈しい誘惑――
    芥川賞作家の傑作長篇小説。

  • 「世界の限界という奴から脱出したかっただけだ、
    ほんの1ミリでいいんだ、1ミリで……」

    二つの家庭の間で二重生活をおくる数学教師。
    日常の底を抜く狂気と虚無の烈しい誘惑――
    芥川賞作家の傑作長篇小説

全5件中 1 - 5件を表示

紫の領分の作品紹介

二つの家庭の間で二重生活をおくる数学講師。日常の底を抜く狂気と虚無の烈しい誘惑-芥川賞作家の傑作長篇小説。

紫の領分はこんな本です

紫の領分のKindle版

ツイートする