悪戯王子と猫の物語

  • 284人登録
  • 3.33評価
    • (24)
    • (27)
    • (116)
    • (10)
    • (3)
  • 58レビュー
著者 : 森博嗣
制作 : ささき すばる 
  • 講談社 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (86ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062115810

悪戯王子と猫の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森博嗣さんのちょっとシュールな文章と、ささきすばるさんの幻想的な美しいイラストからなる20の短編集。詩的で、大人の絵本といったところか。ちょっと心に引っ掛かり、じわじわ響いてくる感じ。図書館で借りたのだが、これは手元に置いておきたいなぁと思った。

  • ぶよぶよっとした玉みたいなはなし。ちょっと気持ち悪くなる。
    短編。詩かな?
    C0093

  • ちょっと怖いところもある不思議な大人の短編と艶のあるイラスト。イラストは森博嗣さんの奥さんかな?
    短篇集というよりは、絵本ですね。

  • 美しくミステリアスな珠玉の20篇。
    「BOOKデータベース」より

    簡潔にして了、な感じのことばと絵.
    過不足のないことばたち.

  • ただの「おしゃれ系絵本」かと思って手に取り、ぱらぱらとめくってみると、小さい字。
    これは短編集です。
    森博嗣の文章は、クールで無駄がなくて好きなのですが、この本には彼の世界観がキュっと詰まっている感じ。
    ファンタジーも(そして猫も)好きな私にはハマりました。
    妙にリアルな情景を描くファンタジー短編集、とでもいいましょうか。
    海岸で彼女の死を思い出す男性の話を、パッと読んで、この本を選びました。
    猫の生まれ変わりの話も心に残りました。

  • まずプロローグで、読むと文字が消えてしまうので一度しか読めませんと。そう言われると、文字の上を只通過するだけのような読み方は出来なくなる。不思議でノスタルジックな短編&イラスト集。夢の中か、追憶の彼方の世界みたい。『海岸を歩く』好きな人の瞳越しにピンクの水平線を見るところが好き。『夢の街のアパート』は覚えていないのに、確かに存在する。『美智子さんの筆入れ』蓋を開けると海辺がある筆入れなんて、私も欲しい。『6番目の女』は7番目の女の所業は女が読むとニヤリ、男が読むと怖い。

  • 森さんの詩は美して溶け込みちゃいそう…s氏のイラストも可愛くてセクシー感を帯びるくらい

  • 2013/03/30
    図書館

  • 装丁の筆記体が気に入り手に取ったけど悪戯王子と猫の話はない。
    森博嗣、イラストはささきずばる。2,3ページ程の短いファンタジー溢れる話が20だけ載っている。これで定価2000円の価値があるとは思えないが。

    夢の断片のような感じ。話にはエッジもオチも特にない。俺は特に気に入った話は一つもなかったけど、自分に合う断片が見つかった人は時折開きたくなる本になると思う。いわゆる田舎に俺は縁がないけど、田舎の家の縁側でのんびり読みたい種類の本なのかな。

  • 森氏のシニカルな散文もいいが、背景を彩るイラストが文章と絶妙なバランスをもってちりばめられており興奮を誘う。壮麗すぎる大人向け絵本といったところか。

全58件中 1 - 10件を表示

悪戯王子と猫の物語に関連する談話室の質問

悪戯王子と猫の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪戯王子と猫の物語の作品紹介

美しくミステリアスな珠玉の20篇。

悪戯王子と猫の物語の文庫

悪戯王子と猫の物語のKindle版

ツイートする