編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びと

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 大崎善生
  • 講談社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062117005

編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びとの感想・レビュー・書評

  • 「聖の青春」を書かれた大崎善生さんのエッセイ「編集者T君の謎 将棋業界のゆかいな人びと」です。2003年1月発行で少し古いですが、とても楽しく読みました(^-^) 「升田なくて なにが日本の将棋かな」と書かれた湯のみを愛用してた升田幸三さん。投了の美学では、終盤相手のミスで勝利したときの谷川浩司の第一声「すみません、詰んでいなかったですね」
    「申し訳ない。勘違いで勝ってしまっていいのだろうか」と。囲碁で勝負が終わりダメを詰めてた時、「終わりと言ってない」と言って石を取った王立誠、これにはびっくりでした。

  • 「聖の青春」「将棋の子」からの流れで。

    羽生さんが、英語でマニアによって自費出版されたたった1500冊の本に興味をもって、著者に連絡をよこした行ではたまげた。ほんとうに将棋を想い、好きな天才だと思う。


    高橋和さんが多く出てくるなと思ったら、
    後のお嫁さんなのだった。

    ありゃー

  • 将棋に少しでも興味があれば
    面白いです

    4.1点

  • 将棋誌の編集長を務めた大崎さんが、愛情たっぷりに将棋界・棋士の魅力を面白おかしく紹介しているコラム集。将棋に興味のない人が楽しめるかは分かりませんが、将棋好きとしてはとても楽しめました。

  • 将棋という全く知らないジャンルを初めて見るには面白かった。
    作者の、酔っぱらいのおやじの自慢話のような語り口は好きじゃないけど。

    将棋関係者が、「名人を小学生の頃から知っている」とか「あの名人とは仲がいい」とか、かなりの部分がそれから始まるのは途中で飽きる。もう少し違う語り口は出来なかったものかと。

  • 元『週刊 将棋世界』編集長の著者が語る、将棋界にまつわる人やもののエッセイ集。
    軽い語り口でぽんぽん読めてしまう。どっひゃ~な話やアハハな話から、ちょっとジンとくる話まで色々収録。将棋の世界はこんなにも面白い。
    そして棋士はヘンな人ばっか。
    将棋界に関わる人たちに対する、著者の暖かな視線が非情に好印象。

  • しまった。文庫版もでていたとは・・・!(講談社文庫)
    将棋界の裏話に目がない私としては、内容からして最高点をあげざるをえない

全8件中 1 - 8件を表示

編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びとはこんな本です

編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びとの文庫

編集者T君の謎―将棋業界のゆかいな人びとのKindle版

ツイートする