都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)

  • 1922人登録
  • 3.90評価
    • (294)
    • (219)
    • (339)
    • (15)
    • (3)
  • 226レビュー
  • 講談社 (2003年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120630

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
あさの あつこ
はやみね かおる
有効な右矢印 無効な右矢印

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

  • 児童書が唐突に恋しくなったので、妹の本棚から引っ張ってきました(笑)
    かなり久しぶりにはやみねさんの作品を読んだのですが、いつまでもわくわくする気持ちは消えませんね。小学生の頃は、内人や創也みたいに冒険したい!と思い、中学生、二人と同い年になると、「あぁ、あんな二人がクラスにいたらいいのに!」と思っていました。
    高校生になった今も、読み返すと「いいなぁ!二人と冒険したい!」と思ってしまいます。
    多分この気持ちはもっと大人になっても(想像つかない未来ですが)この本を読み返す毎に思い出すんだろうなぁ。
    私にとって、はやみねかおる先生の作品は、本が好きになるきっかけだった、大切な宝物です。

  • 面白かった。おっさんが電車の中でひと目を気にしながら読む価値はあった。知らない人、知らない道にどことなく興味を持ち、憧れる不思議な気持ちを思い出す。
    ただ、なんかちょっと古めかしい感じがする。1990年くらいの話かな、と思ったら2003年に出版されたらしい。スマホとネットの時代の子供の冒険は、バケツと捕虫網のぼくらの時代の冒険とは、またずいぶん違うんじゃないかと思っていたが、そうでもないのかな。

  • 平々凡々を自負する内人(ないと)。ある日、塾の帰りにクラスメートの創也(そうや)を見かける。何の気なしに後をつけたら、突然姿を消してしまった!この夜こそが、すべての冒険の始まりだった。
    面白ーい!冒険もの大好きです。内人が創也に巻き込まれていき、あーあと思いながらもその環境に順応していく様が面白い。平凡だって自分で思ってるけど、全然そんなことない。危険回避能力というかサバイバル力が強過ぎです。創也は天才と言われてますが、
    内人の応用力も天才的です。
    挿絵に見覚えがあると思ったら、にしけいこさん。『姉の結婚』『娚の一生』の人ですね。この人の絵は少し苦手ですが特徴的なのですぐ分かりました。
    2003年の本か~。冒険=山海無人島ではなくて、冒険心があればどこでだって、この瞬間だって冒険になるという考え方、好きです。

  • 塾通いに忙しい中2の『内人(ナイト)』は、夜の街を歩くクラスメートの『創也』を見かけ追うが、彼は角を曲がったところで消えてしまう。その後彼が『砦』と呼ぶ廃ビルの一室に通うようになった内人は、謎のゲームクリエーターを探す創也に付き合い数々の災難に巻き込まれる。


    でこぼこコンビの冒険譚。設定は有りがちだけれども、外れも少ないといえる。キャラや展開にどれだけ魅力を出せるかが勝負。
    この主人公の内人君、初期設定では至って普通とのことだったらしいが、こんなサバイバル能力に長けた中学生はいないよ!いや、凄いのは死んだ(ん?死んでないか?)おばあちゃんかな。なんにせよ応用力が高いのには感心します。
    実際には冒険なんて易々と出来ない世の中だけど、読んでワクワクするのも良いよね。

  • できれば彼らくらいの世代のころに読みたかった本。

  • クラスメイトの創也の秘密を、偶然知ったぼく、内人。その日から、塾通いに追われる退屈な生活が、がらりとかわった。創也といると、冒険がむこうからやってくるんだ。-中学生コンビが活躍する、はやみねかおるの新シリーズ。



    はやみねかおるは面白いよね!いつだって!

    まぁ、うまく言えないけど内人が受けか攻めかで大きな議論を呼ぶと思う。(そればかり!!)


    だって、可愛らしさと男らしさを十分に備えそれなりに女の子に優しくて


    みたいな普通男子の感じするんだめん。




    中身はよくわからないいつもの推理だったけどそれはそれでいつものはやみねかおるさんだと思う(´Д`



    二巻も読みたいな

  • まちとむ1巻
    生徒の人気作品なので、どんなもんか読んでみました。
    多分、知識の多い創也よりも、サバイバル能力の高い内人の方が人気あるんじゃないかな…と思いつつ、続きが気になる展開に、小中学生が夢中になるのもわかります。

  • 【再読】地下室のパソコンのネットワークの仕組みがすごく気になる。ゲームクリエイターの道は感心が向かないなと認識。創也もいいが、内人がいい味でてる。
    11巻で止まっているのだが。

  • 私は1、2巻まで読みました!
    小学4年生の息子がはまり、13巻までいっき読み
    評価は、息子の気持ちですね

  • 一行目:平日半額ってことは、土、日、祝日は倍額ってことだよな…。
    頭が良くお金持ちのクラスメイト創也に何となく近寄り難かった、主人公内人。ひょんなことがきっかけで仲良くなっていく。
    気になっていたYAなんだけど、やっぱり子供向けかなあ。

  • たまにこういうヤングジュブナイルものを読みたくなる。何かの記事でこの作品の評価を見た記憶があり、手にしてみた。10巻ある内の最初の話。
    また気が向いたら次巻に手を出そう。

  • こうな風にワクワクしながら、早く次を読みたいって思ったのは久しぶり!

    中2の少年2人の謎解きも面白いし、飽きさせない。続きが読みたいなぁ〜

  • 小学生の時に好きだったシリーズ。

  • 2009/06/03 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • 都会を舞台にゲーム作り!?
    平凡中学生・内人(ないと)が秀才中学生・創也(そうや)と共にゲーム作りのための冒険へ!

  • この著者は、小中学生に向けた本を書かせると抜群にうまいんだよなあ。本書もよくできている。
    でも、平凡であるとされている主人公がなんであんなすごいことできるのか、てのは不自然ではあるなあ。もっとばあちゃんとのエピソードを膨らまして、「すごいこと」とつなげれば面白いのに。

  • 内人のサバイバル知識が面白くて大好き!
    全然へーぼんな少年じゃない笑

  • 実際に読んだのは文庫版だけれど、レビューなしで登録してあったのでこっちを登録。

    はやみねかおるからの挑戦状のためにシリーズを読み返そうと思ったけれど、時間がなくて1巻のみ。

    1巻が出てからもう12、3年経っているのか。
    昔は気づかなくて変なタイトルだとしか思わなかった四大ゲームの元ネタに気付くなど、時間の流れを感じる。

    今ではすっかり漫才コンビになっている2人が、特に創也にあまり人間味がないのが新鮮だ。
    今ではネットで流行った言葉を多用しまくっていて食傷気味だけれど、このころは「神の味噌汁」くらいしかなくて、まだ中身で勝負している感じがあっていい。

    オープニングの前の「ミシシッピ川がないから、トム・ソーヤになれなかった……。」やオープニングの「どんな大人になるかはわからないけれど~」のあたりは大人目線での回想が入っていて寂しいな。
    大人は通れない狭い通路。
    内人たちも成長したら砦を出るときが来るんだろうな。
    子供は大人に成長しなくてはならない。
    寂しさが残る…。

  • 中学生の時に初めて読んで、本当に好きな小説のひとつ。大人になって読むとまた違う目線で読めました。

  • 甥への誕生日プレゼント2/2。
    残念ながら自分が読んでから渡すことはできなかったけど、パラ見した感じで面白く読んでもらえそうだったので。
    大企業の御曹司という紹介を見て義姉は「こういうの私好き!通勤の時電車で読むわ」
    おーい、おねーさーん。まあ息子でも母親でも読んでくれるなら嬉しいけど。

    4/2読了。なるほど、現代のトムソーヤの冒険です。サバイバル入門のような知識は、同年代には余計に楽しいでしょうね。

  • 図書館で。結構前から気にはなっていたので読めて満足。主人公のサバイバル能力がすごい。というか適応能力というか。まだ中学生なのにねえ~
    そして追い求めたい謎の人物がゲームクリエイターというのが今ドキっぽいなあ、と。漫画家とか小説家じゃないんだな、うん。

    面白かったのですが出てくる女の子可愛くないなあ。女の子だからおごられて当然、とかそういう子、苦手だ。読んでいて主人公が彼女に惚れる要素が一つもなかったんですが恋は盲目というやつなんだろうか?う~ん、謎。これで学校イチのかわいこちゃん(死語)とかならわからなくもないんだけど。
    という訳で続きもそのうち借りて読んでみたいと思います。

  • 小学生の頃特に好きだった作家さん。作品を読むのは久しぶりでしたが、とても楽しめました。

  • ふ~む、どうにも創也の性格が苦手。
    ホームズや古畑任三郎やコロンボに続き、私の中では同じく苦手な探偵タイプにカテゴリーした。
    必要以上にネチネチ理論を披露する人や他人の領域に土足で入り込んだり人を巻き込むことに躊躇ない人がどうも苦手。

    ストーリーはところどころ雑学があって楽しめたが、テレビ局の監視係が何故にドイツ語読みなのか、はたまた犯人の拉致した場所や行動など、ちょいと腑に落ちない点があった。伏線なのか?

    ゲームブック目当てで読んでいるので、もう少しシリーズを読んでみるつもり。

全226件中 1 - 25件を表示

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)に関連する談話室の質問

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)に関連するまとめ

はやみねかおるの作品一覧

はやみねかおるの作品ランキング・新刊情報

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「積読」で登録しているひと

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)の作品紹介

クラスメイトの創也の秘密を、偶然知ったぼく、内人。その日から、塾通いに追われる退屈な生活が、がらりとかわった。創也といると、冒険がむこうからやってくるんだ。-中学生コンビが活躍する、はやみねかおるの新シリーズ。

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)の文庫

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)のKindle版

都会のトム&ソーヤ(1) (YA! ENTERTAINMENT)のAudible版

ツイートする