NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)

  • 2906人登録
  • 3.89評価
    • (614)
    • (342)
    • (759)
    • (14)
    • (5)
  • 406レビュー
制作 : 影山 徹 
  • 講談社 (2003年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062120654

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

  •  ネズミの、紫苑に対する執着は大したものだ。まだまだ話は核心にも触れていないんだろうな。早く続きが読みたい。

     余談だけど、ネズミが紫苑を呼ぶときの人称が、ふだん「あんた」なのに、ネズミが我を忘れるくらい動転したとき(紫苑が死にかけたとき)に「紫苑」と変わるのが、もえた。

  • 【図書館本】アニメを観て原作に手を出した逆輸入パターンw 終わり方はイマイチだけど、比較的面白かったので楽しみ。 初読み作者。文章は読みやすく、流れもスマートで何よりネズミさん……いや、キャラが素敵。世界観はアニメでの予習がなければ把握できてないかも。アニメで大筋は分かってるけど、面白かった。やっぱり文字の方がキャラの心情とかストレートに伝わる。嵐の日に叫ぶ紫苑とか、自分では気付かないNo.6に対する違和感とか。これからの動きも、そういうアニメでは分からない部分が楽しみ。
    余談。挿絵代わりのあの写真が意味わからなくて邪魔。世界観を壊している気がする。あと、奥付の後ろの白紙ページは何だろう? 余談の余談。紫苑とネズミの出逢いが2013年だったことに、読むべき時に読めたとほくそ笑むw

  • 小学生の時にふと手にとってあまりの面白さに震えました。あの時の衝撃は社会人になった今でも忘れられません。読み終わった後も余韻が続く、引き込まれる世界観です。

  • 私が本好きになったきっかけの作品。相反する環境を描く力はぴかいちなあさの先生の、疾走感あふれる少年たちの物語。ネズミと紫苑さんの関係は言うまでもなく、あとイヌカシが好き!

  • 読みやすく、SF設定だけど世界観が割りと掴めた。

    紫苑とネズミのこれからが気になる。

  • 小5、長男。のつもりが、案の定、どっぷりはまった。もちろん、長男も。読み始めたときには、長男にはヤバイかな、とチラリと思ったりもした。でも面白い。というだけでは言葉が足りない。もっと若いうちに出会いたかった。若いときに自分がどう読んだであろうかはともかく。

  • 理想は現実に失墜する
    塗り固められた裏側をどうか、僕に見せて

    たとえ君が僕を敵といっても、僕は君の敵にならない

  • 久々に会えた良作でした…!!

    この2人の行く末がとても気になります

  • 楽しい。
    完結まで読んだらアニメを見ると決めてる。

    もしアニメのキャラ絵を見る前に読んでいたら
    紫苑やネズミのビジュアル、どんな風な想像をしたかな。

  • 最初こそ食い入るようにして読んだ。後の記憶がない。

  • 中学生時後輩とイヌカシの性別についてガチ討論

  • 何だか読みすすめていくとだんだんと面白みの渦に巻き込まれる感じ。
    ネズミと紫苑のこれからが気になる。

    マクベス、ファウスト読んでみたいなと思った。だけどきっと難しいだろうから読む日は来ないだろう…。

    でもわたしも古典的知識をつけないといけないな。わたしはでもまず一般的知識を身につけないと。

  • あさのさん作品で一番好きなシリーズです。
    キャラ萌えとか差し引きしても十分すぎるくらい面白いと思います。はやく続きが出てほしい…

  • 今さらながら、あさのあつこ先生を初読み。
    児童書だと油断していたら、「精子が欲しい」「セックスしたい」なんて言葉がポンポン飛び出して、あーびっくりした。中高生向けなのですね。
    近未来サスペンスは好きなジャンルなので続刊に期待。
    ただ、私の脳がよどんでいるのかもしれませんが、言動がすごくBL臭い。男同士の会話じゃないよなぁ。
    作者の脳内でつき合ってる感じ。そこはかとないBL臭は三浦しをん先生の作品に似てた。
    あと、挿絵に写真を使うのは興ざめでした。背景はともかく、人物は……。そこは自分の理想を反映したい所です。

  • 面白かった…!星5個と迷ったけどまだ話は序盤なので後にとっておきます!←?
    なんだ萌えてしまったじゃないか腐っててすみません
    なんかこれ読んだら色々勉強したくなりました。生物学やら他にもシェイクスピア読んだりとか(紫苑と一緒にネズミに「本読めよ」と言われた気になった。はい、頑張りまする)
    ネズミかっこいい…!紫苑も意外と根が強い!名コンビだー
    なんかどんどん暗くなりそうな気がしなくもないですが先が楽しみ!

  • あさのさんの著作ではこのシリーズが一番好きかもしれない。光と闇、生と死、過去と未来を巧みに描いている。シリーズ途中までしか読んだことがなかったので購入し再読。

  • 友達に進められて読んだ本。
    やばいハマリました。

    キャラが素敵なのと、お話に引き込むのが上手い。
    ファンタジーと分かっていても、生々しさが伝わってくる。

  • 全力でおすすめ

  • 試しに読んでみたら結構面白い!
    あさのあつこさんの本は、ただ単に「物語」と、言うだけではなく
    今の現実はどうか、とかいろいろ考えさせれる話ですね

  • イヌカシのツンデレめw
    かわゆすぎる・・・。

    密かに、「ネズミとイヌカシくっつけ!」とか思っているのですが、そんな雰囲気はまったくないようで・・・。

    でも、少なくとも、イヌカシはネズミ大好きだよね。
    意識しまくりだもの。

    でも、それ以上に紫苑のことばっかりなのが、気に入らない(私には)
    あんなお坊ちゃま放っておいて、野生児(?)同士で仲良くしようぜ?(ストーリー変わっちゃうから・・・)

  • なんでこんなにBLなんだー!と思いつつも、
    息もつかせぬ緊張感あるストーリーに目が離せない。
    ネズミの恰好良さ、非情になりきれない優しさに最初は悶絶してましたが、
    最近は紫苑の底知れない感じも気になります。一体どうなっちゃうんだ。

    【A/〜7巻、X/8巻】

  • まじ、あさのあつこさんやばいです!!!

    この人に児童書かかせたらすげーよ

    今はまってる一冊です!!

    ネズミと紫苑の性格の違いもおもしろい。

    二人の見てる世界の違いがやたらと今のこの世界とかぶる

    希望をつかんでほしいです。

  • スリリングでちょっと切なくてときめいて、あさの先生のすごさがにじみ出てると思う。
    ネズミと紫苑、仲良すぎだと思うの…^^^

  • ネズミの台詞は全て名言。

全406件中 1 - 25件を表示

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)に関連する談話室の質問

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「積読」で登録しているひと

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)の作品紹介

2013年の理想都市「NO.6」。エリート居住区に住む紫苑は12歳の誕生日の夜、特別警戒地域から逃走した少年・自称ネズミと出会う。その瞬間、紫苑の人生はリセットされた。待つのは破滅…!?どうしてあの夜、ボクは窓を開けてしまったんだろう?飢えることも嘆くことも戦いも知らずに済んだのに。

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)はこんな本です

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)のKindle版

NO.6〔ナンバーシックス〕#1 (YA! ENTERTAINMENT)の文庫

ツイートする