慟哭―小説・林郁夫裁判

  • 25人登録
  • 3.62評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 佐木隆三
  • 講談社 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122450

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

慟哭―小説・林郁夫裁判の感想・レビュー・書評

  • 地下鉄サリン事件の実行犯である林郁夫無期懲役囚に焦点を当てたドキュメント。オウム関連の書籍は村上春樹のアンダーグランドも読んだが、なぜこのような事件が起こったのか、考えさせられる。大義の前に思考停止したサリン事件の実行犯たちは、現状の排外強権政府の復活を唱えている人々にも重なり、世の中の危うさに思い至る。

  • NHKの特集、最後の指名手配犯の逮捕で最近再びよく耳にする話題。事件当時は幼くて、事件の大きさも把握できていなかったと思う。
    今こうして本書を読んでみて、事件の大きさ、そんな事件を実行させた信仰心の恐ろしさに、ただただ絶句した。

  • 地下鉄サリン事件の実行の動機がとんでもなく場当たりで驚愕。しかし彼らは実行してしまいました。1人の狂人の妄想のために。真面目でまっすぐな精神だからこそ染まりやすかったのか。彼の慟哭はたとえようもない虚しさを感じます。

  • 作者の講演をラジオでよく聞いてた

  • うむむ。
    趣旨とはちょっとずれたところに、リアルさを感じたりする。たとえば、看守さんは何年も顔を合わせた囚人に情を感じるとか。
    虚構で塗り固められた教団が自滅していく過程で、人間味を感じる心情が描かれて、少しほっともした。

    それにしても、信じる力の影響力に改めて恐ろしさを覚える。何が本質なのか、常に自分で見極められるようにならないとね。

  • オウムサリン事件の実行犯のエリート医師の物語風の裁判記録。一部の遺族の方が、「殺して欲しい。」から「死刑は望まない。」に変化していった裁判の過程が、克明に描かれている。彼は、世間一般より「正義感が強く」「まじめで」「賢い」人だったようだ。ただ、チャート式受験世代の例に漏れず「答えを焦った」のだと思った。ここらで足を止めて人生を振り返ってみたい人にオススメ。

全7件中 1 - 7件を表示

慟哭―小説・林郁夫裁判の作品紹介

オウム「治療省大臣」にして地下鉄サリン事件の実行犯・林郁夫。その慟哭の法廷から、未曽有の無差別殺人事件とオウムの真相に迫る渾身のノンフィクション・ノベル。

慟哭―小説・林郁夫裁判はこんな本です

慟哭―小説・林郁夫裁判のKindle版

慟哭―小説・林郁夫裁判の文庫

ツイートする