伊藤まさこの ポッケのなかから

  • 246人登録
  • 3.58評価
    • (33)
    • (26)
    • (97)
    • (1)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 伊藤まさこ
  • 講談社 (2004年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062123341

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡尾 美代子
大森 〓@41F...
高橋 みどり
ジュウドゥポゥム
岡尾 美代子
ジュウ・ドゥ・ポ...
有効な右矢印 無効な右矢印

伊藤まさこの ポッケのなかからの感想・レビュー・書評

  • 近所のカフェに置いてあった本。

    食器や料理、旅のお土産、リネンや収集癖の話等、広く浅く、な内容。写真多め字少なめで読みやすい。

    瓶詰めのジャムや砂糖漬けが美味しそう。

    この人のことを知らなかったのでちょっと調べてみたら、職業はスタイリストで料理だけでなくファッションや旅本執筆等なんだかいろいろやっているそうな。

    この本のような生活していて×2ということに驚いた。
    旦那の胃袋掴んでそうだったのに、多忙でそれどころではなくなるのか、さてはて。

  • 再読

    大好きな唐津やいつか行ってみたい盛岡の紹介や、
    あと色々細々となんちゃない事が書かれてるんだけど
    なにかイチイチツボで写真のムードも好き。

    逆にツボじゃない人にはなんーてことない本なんだと思いマス(笑)

  • わたしの暮らしのバイブル。もう本当に大切で、大事にだいじにしてるのだ。伊藤まさこさんの著作は、ほとんどうちにあるけれど、ぜんぶの基本や原点がこの本にぎゅっと詰まっている気がするよ。何気ないけれどシンプルで惹かれるスタイリング。独特な文章の言い回し。使われているフォントさえも特別で、この世界にすごく憧れる。とても素敵なのだけど、日常の暮らしから離れすぎず、地に足をつけて歩む感じがいいなぁ。と。
    「テーブルの上」のページが一番すき。テーブルの上には「つとめて何も置かないようにようにして」いる姿勢を、わたしも忘れずにいたい。なんてことないふつうの暮らしを、大事に慈しめますように。

  • 伊藤まさこファンになったきっかけの本。両親が買ったものを手にしてみて。当時私はまだ小学生。変な子供?

  • 伊藤まさこさんの大切にしているものの本。

    リネン。お皿。和食器。ごはん。ひとりのじかん。旅。
    ひとにはそれぞれ 大切にしているものがある。
    やさしい色あいの写真たち。

    大切なものを、ポケットに詰めて歩こう。

  • かわいい本。
    紹介されるものなど、ついつい自分もほしくなりますね。

  • 暮らしの中で大切にしているモノやコトのこだわりは、日々を素敵にしてくれます。そんなエッセンス満載でした。

  • 友達のウェディングドレスを縫うって、なんなんっ
    ジャムを作るって、なんなんっ
    スープをことこと煮るって、どんなけっ

    と思いながら、こんないい女になりたいと思う。

  • ムーミンのケーキ型買いました。
    載っているもの全部欲しくなるんです。
    それくらい素敵って事。

  • 写真が多くて読みやすく、雑誌を読んでる感じです。こんな風に生活の中でステキな物たちに出会えるといいな〜

  • 素敵なポケットをお持ちな方です。日常生活を大切に、出来そうで出来ないなぁ。

  • この本で初めて伊藤まさこさんという方を知りました。
    両親の影響で読みましたけどとってもオシャレで憧れます。

  • 伊藤まさこさんて その世界では結構なの知れた人らしい。
    その世界って、手作り大好きとか、シンプルライフとか、
    そういうものに興味があったりする人のの世界ってこと。

    私も先日、布地を買ってきて
    袋を作ってみたいなぁとか、のれんもいいかな、と
    思っていたときに出会った本。

    だから1ページごとがワクワク。
    写真の多い本で眺めているだけでワクワクしてきちゃうね。

    あぁ こんなふうにテーブルの上を飾ったらすてきだろうな、とか
    こういうお皿がほしいんだよなぁ、とか
    自分のうちの部屋がこんなふうに変身するわけじゃないのに
    もうそこに住んでいるような心地よさに
    一時だけど酔いしれてしまう。

  • こちらは少し大人の世界。
    凛としたまさこワールドが広がっています。

  • こういうシンプルでこだわりのある生活したいと思いますよ。でも実際は...頑張ります。

  • まいにちつかうもののほうが好きだけど、こちらも保存しておきたい本です。

  • 「大事なものは自分のポッケにちゃんとしまっておきなさい」 伊藤さんが幼い頃 お母様から言われたことば、、伊藤さんが 今 タイセツにポッケにしまっているものたちのお話です。暮らし回りのあれこれは ひとごとながら ほっこりする暖かさ、、シンプルな暮らしに憧れたこともあった伊藤さん でも 今の大事なものが増えた生活もいいな〜っと思われているそう。最近は シンプルな生活が流行で 持ち物は少なく 最低限で!!って雑誌の特集なんかもあったりして 実はわたしも すごく憧れるのだけど 好きなものや大事なものが たくさんあるわたしには そんな暮らしはやっぱりムリだなーっと思っていたから 伊藤さんの言葉を読んで とても安心したのです。(笑)

  • 実はこの本、発売したのは知ってても、ずっと本屋でぱらりとめくってはそれほど興味を持てずに、いつも買わずに帰ってきていた本でした。雑貨や子供服が好きなので、「こはるのふく」や「まいにちつかうもの」みたいな本が好きなのだと。でも、ある時突然欲しくなって注文しました。あの時には地味な本に感じて、なんとも思わなかったことが、とても新鮮に興味深く映りました。こういう事もあるのですね。特に、”お茶を淹れる”ところのアラビアのティーカップ&ソーサー、すごく素敵だし、普通のことを大切にしているまさこさん。確かに書いてあることは地味だけど、でも実際、これで、おしゃれにシンプルに暮らせているまさこさんはすごいし、こはるちゃんをあんな風に育てられるまさこさんのポッケの中をついつい覗いてみたくなるのです。

  • なつかしい感じの日用品や甘すぎないスタイリングがとても好きです。

全24件中 1 - 24件を表示

伊藤まさこの ポッケのなかからを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伊藤まさこの ポッケのなかからを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伊藤まさこの ポッケのなかからを本棚に「積読」で登録しているひと

伊藤まさこの ポッケのなかからはこんな本です

ツイートする