庭の桜、隣の犬

  • 343人登録
  • 3.10評価
    • (9)
    • (35)
    • (120)
    • (26)
    • (4)
  • 72レビュー
著者 : 角田光代
  • 講談社 (2004年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062125895

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
奥田 英朗
角田 光代
角田 光代
伊坂 幸太郎
角田 光代
瀬尾 まいこ
角田 光代
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
山田 詠美
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
島本 理生
伊坂 幸太郎
角田 光代
東野 圭吾
角田 光代
角田 光代
角田 光代
瀬尾 まいこ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

庭の桜、隣の犬の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結婚した夫婦とは、本来は、一緒にいろんなことを決断していって、一緒に何かしらを育んでいくもの。この夫婦は、子供が居なかったり、共に決断することや、共同作業となるものがなかったりして、共に育むものがいつまで経っても見つからず、可もなく不可もないまま、なんとなく宙ぶらりんのまま、結婚生活を送っている。立派に育たなくて虫が湧くだけの厄介な庭の桜の木でもいい、隣の犬のように居ても居なくても、生活に支障のない存在でもいい、それでも「何もない」よりはマシだ。角田さんはそういうことが書きたかったのかな。

  • 子供時代記憶力の良かった房子と宗二の夫婦の話。会社近くに小さなはやを借りた夫。うそつきでイカレタ女レミ(超不快)。実家にべったりな房子。今の生活の喪失感と虚無感を言葉に出来ないもやもやを言葉に出来ないまますすんでいく。結局この夫婦はこの先どうなっていくのか良く分からない終わり方をした。ただ、それが一番おはなしの締めだったと思う。レミ以外は嫌いじゃない。

  • 人生はビジョンか
     
     ビジョンを持つことだよ、といいながら、田所宗二はだらだらとした自分が一番安心している。
     妻の房子は、彼女がナシング坂と呼ぶ道の途中にある木幡さんちの動かない犬に今日も口笛を吹く。
     彼女は、小さいとき記憶力の天才少女ということでテレビに出ていた。いまは、宗二の妻で、夕方になると近くの実家で夕食にするおかずをもらい、宗二の帰宅しない家の中で、ひとり食べ寝る生活をしている。

     ある日宗二が仕事場の近くで部屋を借りたいという。彼女は嫉妬して反対するが、合鍵をもらえるならと許可する。
     なんとなく結婚し、なんとなく家庭を作っているが、夢とか人生計画とか無縁でいる二人はなんとなく似ている。
     平和ボケということかもしれない、が、「私たちって何をやっても結局ゼロだね」という房子の言葉に納得している自分がいる。
     いろんな事に意味を見つけて人生をつくっていくことも、どんなことにも意味をみいだせなくダラダラと過ごしていくことも、そんなに差はないのではにか、というところで、安心できる人が少なくはないだろうと思う。
     でも、日々は過ぎていき、何らかの関わりを外ともちながら、時々自分の生きていることを実感したりするのだ。
    2007-04-18

  • 2015.2.18読了
    変な夫婦。何で結婚したんだろ、この夫婦。だけど、別れられない夫婦なんだろうな。角田さんの読んでいない過去の作品を読むと、やっぱり物足りない。角田さんってどんどん良くなったんだな〜。…偉そうですみません。(図書館)

  • 2014/8/23 読了

  • 夫婦の心理が良く描かれているなあと、感心
    浮気がばれて、どろどろ
    なんて展開ではなかったです

  • しょせん「夫婦」といっても、まったく違う親から生まれてまったく違う環境で育った相手。自分はこの人のことどれだけ知っているんだろう、という漠然とした感覚や不安が、日常の小さな出来事に紛れて描かれている。角田さんてやっぱりさすがだと唸りました。

  • 2013/04/14

  • 子どものいない30代の夫婦。
    仕事もあり、ローンはあるが親に頭金を出してもらったマンションもあり、一般的で平均的な印象を受ける夫婦だけど、お互いにちょっとズレていて夫婦という実感を持っていない。
    夫は仕事が多忙なのを理由に職場の近くに安アパートを借りてしまう。妻はそんな独りの場所を手にいれた旦那を心配するでもなく、反対に羨ましく思ってしまう。
    夫婦でいることの意味っていったい何なのでしょうね。
    夫婦がともにリアルを素直に感じることができない人間だからか、フワフワした感じがしますが、その親たちは対比するように生活にリアリティを感じます。
    お互いに行き場がなく、夫婦という像に戸惑っている二人はどうなってしまうのか、、、最後までうやむやと終わってしまいます。

    独りの場所がほしいなぁ~と思うことってあるなぁと思います。

  • 30代って怖いかもしれない。

    房子のように、0は0のままという感覚。
    わからなくもないが、わかりたくない。
    あと3年半で30歳になってしまうが、ある程度の想定とこの物語自体を反面教師にしなくちゃいけない。


    結婚したときにでも読み返してみようかな。

全72件中 1 - 10件を表示

庭の桜、隣の犬を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

庭の桜、隣の犬を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

庭の桜、隣の犬はこんな本です

庭の桜、隣の犬のKindle版

ツイートする