幸福な食卓

  • 4466人登録
  • 3.81評価
    • (721)
    • (800)
    • (1061)
    • (68)
    • (13)
  • 913レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 講談社 (2004年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062126731

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
よしもと ばなな
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
綿矢 りさ
瀬尾 まいこ
中島 たい子
山田 詠美
絲山 秋子
伊坂 幸太郎
江國 香織
恩田 陸
三崎 亜記
奥田 英朗
村上 春樹
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
角田 光代
雫井 脩介
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福な食卓の感想・レビュー・書評

  • いやあ、反則ですよ、瀬尾さん……。

    「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」の書き出しで始まるこの作品。
    さすが「坊ちゃん大賞」受賞作家。
    毎度毎度の事ながら、一気に読者を魅きつける書き出しだなと思い、読み出した。
    いつものように飾り気のない素直な文章が心に染み入る。
    「ホントに彼女の文章はほんわかして心がほのぼのしてくるよなあ」と、映画「テルマエ・ロマエ」を観て大笑いした後に帰宅し、部屋で横になりながらこの本を読んでいた。
    「最後は今回どんな終わり方なのだろう?」とのんびりした気持ちで読んでいたのだ。
    最終章『プレゼントの効用』に入っても。
    「中原さんも大浦君も微笑ましいカップルだなあ。大浦君は何をプレゼントし、何を中原さんに要求するのだろう?」
    とワクワク、ウキウキしながら読んでいたのだ。
    ところが、まさかの急展開。
    そんな……。
    一気に涙が零れ、気が動転してしまった。主人公の中原さんのように。
    そんな馬鹿な……。嘘でしょう?
    涙が止まらなくなった。
    「反則だよ、瀬尾さん」と心の中で思わず呟いてしまったのだ。

    思っていた以上に懐の深い作家でした。瀬尾まいこさんは。
    泣かされました。やられました。参りました。お手上げです。降参です。
    また、次の作品が読みたくなりました。それしか言えません。

    映画化され、DVDも出ているようです。
    しかも、昨日観ていたDVD『武士道シックスティーン』に出演した北乃きいちゃんの映画デビュー作だって。
    そのうえ、この映画で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞だそうだ。
    中原さんのイメージにぴったりだよなあ。観たい……。
    おそらく映画を観ても、ラストは泣いてしまいそうな私です。はい。

  • もういい大人なのに、190ページにさしかかった途端に声をあげて泣いて、
    娘にあきれられた、記念すべき作品。

    「家が遠いのに自転車でかわいそう」的発言をしたために、主人公佐和子に頭が貧困と言われ、早速次には自転車に乗ってきて(しかもお金持ちなので電動自転車!)、帰りには電池切れで押して帰っていく大浦くんの後ろ姿。

    初めて彼氏の家を訪れるときに、手土産にお歳暮かお中元でもらったサラダ油セットを持ってきたヨシコが、傷ついた佐和子のために作ったかすかすのシュークリーム。(ときどき卵の殻入り。)

    そんなひとつひとつのエピソードがたまらなく愛おしい、大好きな一冊です。

  • みんなに会ってみたい。

    温かく、気持ちよく生きている。

    泣いた。自然と涙があふれてくる。 悲しみが素直に伝ってくる。


    でも、最後には上を向いて歩いていける。

    きっと、幸せな道が開いている。開くことができる。待っている。

    瀬尾まいこさん、すばらしいです。

  • 淡々と進んでいく時間、あっさりとした言い回し、展開。

    どれをとっても"情熱的"な要素はどこにもないのに、心にふんわり響く小説。

    あったかくて、切なくて、柔らかくて、ふわりとしてて。

    陽光の中干しておいた布団に包まれたときのような、優しい優しい包容感。

    切ないのに爽やかな読後感。

    深刻な事態をものすごい軽いことのようにさらりと書いて淡々とストーリーが進むのに、何かがすとんと心に落ちてくる。

    どれだけつらいことがあっても、朝は普通にやってくる。

    そして、ありふれた日常も。


    優しすぎる物語。

    たまにはこうやって、文学やら比喩やら何やら難しいこと考えずに、児童書みたいに単純に読めちゃう小説もいいな。

    好みです。読後感、好きです。

  • 瀬尾さんの世界観あふれる一冊。
    離れても繋がっている家族に感動しました。最後の展開にはビックリしましたが、あえてハッピーで終わらないのが良いと思った。

  • 初めて読む作家さんだったけど、ふわっとした感じで読んでて楽しかったです。好きな人とのやり取りを思い出しているシーンでは、主人公が大事に思っていることが伝わってきて思わず泣いてしまいました。すごく感情移入ができた小説でした。

  • 佐和子は中学生。父親と6歳年上の兄・直との3人暮らし。
    母親は訳あって別居したけれど頻繁に交流している。
    家族みんなで取り繕ってはいるが5年前の梅雨に父親は自殺に失敗してしまった。
    その一件をきっかけに家族一人一人にはひずみが生まれ始めていた。

    あらすじをかいつまんで書いたけど実際は重い過去を背負いながらも
    登場人物たちはみんな飄々と過ごしていて重苦しさはほとんど漂っていない。
    どちらかというと滑稽ささえ持ち合わせている。
    こういう設定が物語を重くしすぎてなくて私にはすんなり溶け込めた。
    いきなり冒頭で「父さんは父さんを止めようと思う」と淡々と宣言する父親。それに対して特に驚きもしない兄。
    その兄・直は毎日毎日下手なギターをかき鳴らしたり、彼女へのクリスマスプレゼントに
    突拍子もないものを選んで佐和子を驚かせたりその他もろもろのエピソードに思わずクスリと笑ってしまう。
    その彼女小林ヨシコのキャラクターもなかなかいい味を出していて
    佐和子の恋物語とともにストーリーにふんわりした印象を加えている。

    佐和子の「父さんが自殺を図っても、母さんが家を出て行っても、そして突然の悲しい出来事があった時も
    いままでと同じように普通に朝はやってきてアタリマエにお腹が空く」という言葉は
    どんな悲しむ言葉を重ねるよりもとても切なく響いた。
    ラストの数行もとてもいい言葉だと思う。

    ここからはネタバレです↓



    佐和子にプレゼントをあげるために始めた新聞配達の途中で死んでしまった大浦くんと
    彼に手作りのマフラーをせっせと編んでいた佐和子。お互いが直接渡すことは叶わなかったが
    二人とも同じマフラーを送ろうとしていたというところがなんとも切なかった。
    「私は大きなものをなくしてしまったけれど、完全に全てを失ったわけじゃない。
    私の周りにはまだ大切なものがいくつかあってちゃんとつながっていくものがある。」
    いい言葉だな~~でも若干18歳で人の死に直面してこんな風に思えるって大人だな~

  • つらいことがあった時も
    悲しいことがあった日も、
    朝は変わらずやってくる。

    食卓に並ぶのは家族の優しさ。
    けれど家族を縛っているのはそんな食卓の決まりごと。

    お父さんは自殺に失敗して
    お母さんは家出した。
    私は梅雨が苦手になり、いつからか兄は真剣さを捨てた。

    それでも家族は繋がっている。
    みんな気付かないところで悩んで傷ついて。
    そして気付かないところで想われて守られて…
    どうかこうあればいい、きっとそんな物語。

    ***
    たぶん現実にこんな家族はありえない。でもありえそうだと思うほど、どこかが限りなく現実に近い。
    ふわりと暖かくて、ちくりと悲しい。そんな物語です。

  • 本当に素敵で綺麗。心から愛おしいと思える作品でした。

  • ちょっと変わった家族の話。ひとりひとり、個性があるがいい味出してんだなぁ。初っ端の唐突さから始まり単なるソフトな破天荒家族の話かと思いきや、徐々に色々な事情が出てくる。暖かく面白く、それでいてしんみりさせる。が、最後はまた暖かさで締める。展開も上手いがテンポも良い。登場人物も好きだわ。非常に気に入りましたわ。

  • 父さんを辞める父さん、家出中の母さん、
    元天才児の兄・直ちゃん、梅雨になると胃が痛んでどうしようもない佐和子。少し変わった家族の何気ない日常は
    いつも食卓から始まります。
    喜びも悲しみも分かち合える家族が素敵です。
    後半、突然起こる出来事に涙が止まりません!

    ★西図書館のスタッフが実際に作ってみました★
    【p14生クリーム蕎麦】
    主人公が学校帰りに母親のアパートは寄ったときに出てきた
    「薄茶色の不思議なお蕎麦」!
    しょう油と生クリームって意外と合うんです。
    ねぎに焦げ目をつけると香りが引き立ちます。
    見た目が暗いので、彩に赤パプリカのスライスを入れてみました。
    なめらかな口当たりで、食べていると、
    ほんのりチーズの味がしてきます。

    手書きPOPより抜粋

  • 転校する友達と、彼氏と、お兄ちゃんの彼女がいい味出してた。特に彼女。暗い話を明るくしてくれた。お兄ちゃんと彼女のゴタゴタは面白い。悲しい話が二つもあるけど、なんだか前向きに捉えられる不思議な話でした。合唱の解決法が損なのでいいのかという感じ。私は実際そうしても変わらない現実を見てしまったので。笑えて微笑ましいととるべきか?

  • この人の作品は初めて読んだけど、日常を描いている
    だけのはずなのにすごく引き込まれた
    ちょっと不思議な設定だけど、読みやすくて
    あっという間に読破

    「家族は作るのは大変だけど、その分、めったになくならないからさ」
    この一節がいちばん好きです

  • 淡々と続く生活、様々な出来事、あったあった、私の過去にも!という学生生活を送る主人公。

    友達関係、成績、バイト、兄弟の中で起きるなんともない些細な事件が続き安心しきったそんなラストの章で、突然待ってる落とし穴。

    目の前が真っ暗になりました。

    本当、このまま幸福なままめでたしめでたしかと思ったよ。

    本当。目の前が真っ暗になる。という体験を読者という形で出来る一冊です。

    オススメ!!!

  • 初めて瀬尾まいこさんの本を読みました
    ほんわかした雰囲気で読みやすかった
    救世主の項から特に面白くて、学生時代の懐かしい感じがキュンってした
    兄弟のやり取りが、すごくいい
    この帯に書いてある『大丈夫気づかないうちに守られてるから』ってことば
    自分も周りに守られてるって感じることがある
    家族だったり友達だったり
    あんまり意識した事ないけど
    そうゆう時ご先祖まで自分を守ってくれてるんじゃないかって感じる
    墓参りもたいしてしてないのに都合のいいことかもしれないけど
    後半の大浦君が郵便配達して見送った後に、これが最後だったってことばが衝撃だった
    そのあと佐和子の現実と向き合う時間は感情移入してつらかったけど、
    最後またさっきの言葉が浮かんできて、希望がみえて終わった

    胸があったかくなる物語
    というか周りのひとに感謝してそれを伝えることの大切さを感じた1冊

  • まず、読みやすかった。家族の大切さを感じたし中高生の恋愛っていいもんだなと思った。カップルの会話には面白みがあった。みんなそれぞれ色んな悩みや不満を持っていて、でもしっかりと決まられた役割があって、でもそれは絶対に完璧にやらなくてはいけないものではなく、もっと気楽に構えていればいいんだなと思った。最後の「プレゼントの効用」では、泣きそうになった。悲しい話だったけど、すごく大きな愛情がかいまみえた。身の回りの人にもっと感謝していきたいなと思った。
    2014/12/30 読了

  • 父さんは今日で父さんを辞めようと思う。
    そんなことを突然告げられ、うろたえる中学生の佐和子。
    なのに兄の直はいいんじゃない?となぜか肯定的。
    母は数年前に家を出て行っている。

    うわああ。これは、夜に読んだらヤバイお話でした。
    わりとヘビーな家族環境において、話は淡々と進むので、ものすごく油断してました。やられた。
    ものすごく優しい人たちばかりで、だからこそ最後に泣かされました。

  • そんなに激しい起承転結はないかなとか思ってたら凄まじい転が待っていた…。夜中に読むと危険。寝るのにしばらくかかりました。
    「幸福な食卓」というタイトルからご飯に関わる本だと思っていたんだけど思っていたよりご飯は出てこない。
    けれど食事や食卓を通じて、バラバラになった家族がそれぞれの生き方を模索していく流れが、読んでてちっとも退屈しない。そしてどのキャラクターもみんな可愛い。愛せる。嫌なキャラが一人も出てこない。(だからこそ転がきっついけど)
    ひとりひとりでスピンオフが書けなそうなくらいみんなキャラが立ってるけど不自然にそれが強調されてなくて、ホントに自然にみんなが物語にとけ込んでいて、でもみんな違う。
    いい小説でした。映画化までしてたのか。どうりで聞いた事あるタイトルなわけか。

  • 「後悔」を知りはじめたわたしへ。

    泣いた。
    なんでだよって言う人もいるとは思うけれど、
    彼女とおなじ高校生のわたしには、胸がえぐられて撫でられてるみたいに苦しくて素直な物語だった。
    これをまた読んだとき、わたしはどう思うか分からない。
    けど、この物語を読んで、泣いた。
    それがすべてかなあ。と思っている。

    18歳の誕生日。

    あと、直ちゃんいい。

  • 大好きな映画の原作小説。
    映画とは大きく違っている部分が一箇所あったけれど、そこは映画版のほうがシンプルでいいかな、と思った程度で、小説もやっぱりよかった。

    切なくて痛々しいけれど、温かい。一言で表すと、そういう家族の物語。
    普通って一体なんだろう、って考える。
    周りから見たら“普通の家族”とは言えなくても、その中で過ごしてる人たちにしてみればそれが普通で、周りに良く思われることを一度捨てて自分らしさを追求しはじめた、ある意味身勝手な家族たちを、主人公はすんなり受け入れてる。
    私はこのちょっぴりおかしな家族がとても愛おしいと思う。

    小林ヨシコという登場人物が本当に大好き。彼女が最後の方で放つ言葉が、この物語の肝になってて。
    家族は簡単に作れないけれど、その分、めったになくならない。ということ。
    中学校、高校と多感な時期を過ごしている主人公の佐和子が、傷ついたり転んだり立ち上がったりしながら少しずつ強さを得ていく、少し切なくて力強い物語。

  • 何気ない毎日。事件たくさん起こっているのに、それを感じさせないという意味で何気ない。
    なんだか現実離れしているようで、一方でひとりひとりの感情がすごいリアルに感じられた。
    皆不器用だなーと思う。自分だけはまともと思っている感じ。

    佐和子に感情移入してしまうのは、主人公だからってわけでないはず。
    佐和子は平均的な高校生女子なのではないかな?
    どこか冷めて周りをみていて、めんどくさいっていろんなことやりすごすけど、皆のことも好きだし大事だしいわゆるいいやつみたいな。なんかこういうのリアル!
    だからかわからないけど、勉学くん、弟、サチコ、それらの(ある意味で卒なくないまっすぐなひとたち)がとても魅力的に見える。

    一行一行、何気ないんだけど、リアルで、どこかひっかかりのある言葉たちです。

  • 2014.3月10日
    一気読み。まさかの展開。でも思いきり感情移入してしまった。いつの間にか佐和子になりきってた。辛かった。

  • 泣ける。
    きっと大浦君の弟はマフラーを大事に使ってくれると思う。

  • 優しくてきなじめな故にズレてしまった家族
    寛容すぎる兄妹にちょっと頼りない大人の物語と思いきや。。。
    不器用で直球の小林ヨシコの言葉に不意打ちをくらいました。

  • 「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」。突然父であることを辞めた父。家出をする母、元・天才児の兄。そんな家族を持った主人公・佐和子。家族に翻弄されながらも、佐和子は中学~高校時代を過ごしていく。

    一見“家庭崩壊”な佐和子の家族。それぞれが顔を背き、互いを省みないような態度を見せても、結局家族は家族。どんな形であれ、その絆は強い。瀬尾さんの作品は随所にはっとしたり、ガツンとさせられるような印象的な言葉やセリフが散りばめられている。
    ラストに向けた急展開に少し驚きつつ。家族の“再生”の話。

全913件中 1 - 25件を表示

幸福な食卓を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幸福な食卓を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸福な食卓を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする