日暮らし 上

  • 1165人登録
  • 3.79評価
    • (173)
    • (212)
    • (308)
    • (3)
    • (1)
  • 168レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 講談社 (2004年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062127363

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
奥田 英朗
宮部 みゆき
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

日暮らし 上の感想・レビュー・書評

  • 上中下巻読み通しての感想。
    「ぼんくら」から一年の時を経た物語。
    平四郎と弓之助たちに、再び周囲の人々を巻き込む事件が起こる。
    すべての事件の根は過去にある。
    結局、人は過去の責任や負い目や過ちのつけを、どこかで清算しなくちゃいけないんだなと。
    このシリーズの何が一番の魅力なのか。
    それは登場人物たちがとても個性的で、生きていくことに懸命で、優しくて、共感したり応援したりしながら読み進められるところだと思う。
    心が常に真っ白な人間なんていない。
    どこかで迷ったり、疑ったり、自棄になったり、負の感情に押し流されそうになることだってある。
    それでも踏みとどまれるのは、人の優しさやあったかさを知っているからじゃないだろうか。
    騒動の決着がついたとき、弓之助が平四郎のひと言に怒ったこと。
    すごく納得した。佐吉だけは、絶対に本当の真実だけを見せなくちゃならない。語らなくちゃならない。
    優しそうにみえる行いも、真に相手のことを思えばけっして優しさなんかじゃないことを教えられた。

    それにしても、闇に落ちた人間の怖さははかりしれない。
    底なし沼のような闇に取りこまれてしまった人間と、何があってもお天道様の下で懸命に生きようとする人間の対比が、悲しくもありたのもしくも感じた物語だった。

  • 「ぼんくら」の後の話。「ぼんくら」は鉄瓶長屋を中心に回っていた話だが、今回は、もう少し広い江戸の町民の話。
    前回より、ほのぼのとした感じ。登場人物に愛着がわいてきていることもあり、さくさく読めた。

  • 前作を読まずに本作から読んでしまったので、最初は人物像や舞台背景がちんぷんかんぷんであった。 序盤は一つ一つ独立した短編であったが、後半にかけて内容が互いに絡まってくるのがいい。 前作を読んだらもっと深みが出たのかもしれないが、これはこれで楽しめた。 徳子さんのお惣菜を食べてみたい。

  • 短編連作。
    前にあった鉄瓶長屋から話は続いて、今度は佐吉とか湊屋なんかが絡んだお話が続いていく感じ。
    初めはただの短編かと思っていたら、話はどんどん繋がっていって、葵まででてきた。

  • やっとTVのぼんくら2に追いついた。本の方は1作目のぼんくらよりもずいぶんと読みやすい感じ。下巻が楽しみです。

  • 『ぼんくら』の続き。

     最後に焼け跡に立つ葵が続きを予感させたが、今回は、その葵が殺された謎を中心に展開される。
     その前に短編が4つ。おでこが自分はここにいてもいいのかと悩み、平四郎に「似顔絵扇子」事件で自分の役割を確認させられる話。葵の子どもの佐吉と妻のお恵の話。葵の生活とそこに女中として入ったお六の話。「子盗り鬼」の噂話がくっつく。そして、煮売屋お徳の側にこしてきて、安売り商売をはじめたおみねの話と、弓之助の親戚のおとよの「好き」という思いについて。
     これらはそれだけでも十分面白いが、そのあとの本編に重要なヒントを与えている。

     さて、あいかわらず、平四郎のひょうひょうとした姿勢が心地よい。そして、弓之助の賢さも相変わらずで、ついでにおねしょも。
     誰が葵を殺したのか。最初に何十年ぶりかに母親に思い切って会いに行った佐吉が現場にいて、下手人として逮捕されたことから、平四郎が乗り出す。
     湊屋の内情が明らかにされる中で、謎は深まるばかりだが…。葵の亡骸の部屋には良い匂いがしていた、という佐吉の証言が決めてとなり、弓之助のおつむりが動き出した。
     最後、また平四郎がぎっくり腰になってしまうのだが、ぜひ、また彼らの生活の中に浸らせてもらいたいと思った。
    2007-06-06

  • 江戸の女性のように粋になりたい。
    そう思わされるような話がちらほら。
    おもしろかった!

  • 読んだと思っていたらまだ読んでなかった!
    そうとも知らずおまえさんは読んでたわー
    ドラマのぼんくらを見ていたので、つながりがとっても分かりやすかったです。
    お六の話があってからの最後にショック。
    下巻早く読みたいです。

  • 「ぼんくら」の続編。前作で登場した人物たちのサイドストーリーで終わるのか思っていたら表題作に入ると、この物語のキイマンとも言える葵が殺されてしまった、そして物語は再び平四郎の関わるメインストーリーへと戻っていくようである、謎を残したまま下巻へ続く、これはもう止められんわ。

  • 再読。読んでいて、面白いなぁ、好きだなぁ、生き方を考え方を教わるなぁ、とつくづく思える本。とくにお徳さんと井筒のダンナ。

  • ぼんくらの続き、とあるお屋敷で殺人事件が起きたお話

  • 「ぼんくら」の続編ともいうべき作品。江戸を舞台に人情・ミステリーを描いた秀作です。一見関係がなさそうな人物が出てくる4つの短編が続き、何かと思っていると一つの殺人事件に繋がり、それまでに登場してきた人達の全体像が見えてくるというのは、読み始めは判りづらかったですが、これが現実に近い姿かも知れません。現代版でも「理由」がそのような書き始めだったと思います。この展開が素晴らしい妙を見せています。「おでこ」少年・三太郎、植木職人佐吉と妻お恵のそれぞれの悩み、子盗り鬼のいる館で働く女中・お六、女たらしを罠にはめる葵奥様、いずれも魅力的なパーソナリティです。そして上巻の最後近くで佐吉が巻き込まれた殺人事件が起こるのです。それを追及する本編「日暮らし」は下巻に続く楽しみということになります。

  • 宮部みゆきさんの定評の高い歴史物。
    一つ一つの短編が切れ味良く、江戸時代の生活の様子がにじみ出ているような深みがあって、とてもよかったです。
    最後の方になってタイトルストーリーの日暮らし、が始まるのですけれど、それまでの短編で登場人物がそれぞれにかたられているので、とてもうまい展開だと思いました。
    詳しい感想はこちら→http://monogatarigatari.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

  • 正直に。言葉選ばず言うなら・・↓
    しまった!?やられた!?こんなハズぢゃなかった!と言うトコロか?

    ●ぼんくら二冊
    〜と・・
    ●おまえさま二冊
    〜の間のシリーズ三冊目Σ( ̄。 ̄ノ)ノな本作。

    ●しゃばけ、は読み始めた段階で、六冊?だった。
    ↑知ってたから、苦は無かった。(今十一冊目?)
    ●僕僕先生も●まんまことも読んでる最中、追いかけてる最中に増えたから、特段苦は無かった。

    ・・が、何気に手にした、この分厚いハードカバー二冊が?選りに選って分厚いハードカバー六冊のど真ん中!と知ってしまったら?
    俺は?果たして?
    シリーズ①②⑤⑥を読むべき(つД`)ノ???

    宮部さん!こりゃ無いっすよ(=´∀`)人(´∀`=)

    とりあえず。
    ③④たる、日暮らしは完読します!
    ①②⑤⑥は、また別の機会に考えます(´・Д・)」はい!

    〜〜〜

    宮部さんは、どちらかと言うと、今迄個人的に?
    現代小説!てイメージだったけど、最近は?●あんじゅう●震える石/天狗風等、俺的に?時代ものの方がおもろいな!と感じてる!
    (●パーフェクトブルー二冊や●淋しい狩人●地下街の雨/等など々ナドも勿論素晴らしいが・・
    ●小暮写真館のハズレが、自身こちらに?宮部風を向かせたのだろうか?)


    旗本与力同心目明し岡っ引き?
    主人公/目明し平四郎の 『その後の〜』事件簿!

    ●スターウォーズよろしく・・分からぬまま読み進めて、前作に戻るべきか?
    知らなかったふりをし、二冊で溜飲を下げるか♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪?

    あぁ、結局内容レビューてか?訳分からんカキコになった。

    物語は断然おもろいです!
    宮部さんは流石のサスガ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • 超美形少年の弓之助、記憶力抜群のおでこの三太郎が出てくる おねしょする超美形少年の弓之助、というこどもがでてくる 
    気軽に読めて面白い本だ 

  • プロローグ的な短編数本から、下巻まで続く長編に突入。
    目次はよく見なければと思った。
    前作「ぼんくら」で、解決したかと思っていた問題が事件とともに再び浮上。すっきりしていなかった根っこを明らかにしていく展開。
    生活感より人間関係が重視されている印象。

  • 普通の時代小説といった感じ宮部作の時代小説は初めてよみましたが、まだよくわからん。

  • 再読でしたが、やはり面白い。下巻も読む。

  • 再読
    現代物ばかりではなく、ぜひ時代小説もドラマ化してほしい!
    (でも、弓之助が福くんだったら怒る(笑))

  • この話は、どこにつながるの?と思いながら…「ぼんくら」で出てきた魅力ある人々に再会でき、弓之助とおでこさんファンの私は嬉しくて出かけるのもやめてしまうくらい夢中で読みました。
    早く続きの下巻読まなくちゃ!

  • ぼんくらシリーズ、第二段!
    平四郎、弓之助、おでこによるタッグがますます充実。
    前出の、渋い政五郎親分、頼れるお徳おばさん、うへぇの小平次にプラスして、佐伯同心、お六など、魅力的な新たな登場人物も。
    シリーズ第一作ではぼんやりとしか登場しなかった葵さんの人物像がここで明らかに。
    佐吉と葵さんのすれ違いがなんとも可哀想…。
    それにしても楽しい一冊!

全168件中 1 - 25件を表示

日暮らし 上に関連する談話室の質問

日暮らし 上を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日暮らし 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日暮らし 上を本棚に「積読」で登録しているひと

日暮らし 上の作品紹介

本当のことなんて、どこにあるんだよ?江戸町民のまっとうな日暮らしを翻弄する、大店の「お家の事情」。ぼんくら同心・井筒平四郎と、超美形少年・弓之助が、「封印された因縁」を、いよいよ解きほぐす。

ツイートする