ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)

  • 223人登録
  • 3.97評価
    • (26)
    • (20)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 松田素子
制作 : トーベ・ヤンソン 
  • 講談社 (2005年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (34ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062130615

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私の子ども時代の記憶では、「ムーミンはちょっと暗い話」という印象。テレビ番組のテーマソングがそう思わせていたのかもしれません。

    「ムーミンのたからもの」は、とっても素敵なお話。大人が、ちょっとくたびれた時に読んでみるのも良さそうですね。

    さて、ムーミンのたからものとは、いったい何だと思いますか?

  • [中平井コミュニティ]

    お友達とのお勉強会で読みました。
    家に白いムーミンのぬいぐるみがあるので、読んでいる途中ムーミンの絵をみては、「これ、家にあるね」と口にした4歳の息子。
    ムーミンは有名だし好きだけど、実はアニメも本もあまり見たことはない私。この本は60周年を記念して日本で作られたオリジナルの絵本だそうで、普段アニメやぬいぐるみを見ている私たちにお馴染みの絵で描かれています。そうだ!そういえばあのちょっと…な原作の絵じゃなかったから、読む気になったんだったかも!

    他の方のレビューにあったようにムーミンのお話は哲学的なものが多いそう。この本も例に漏れず、精神的な大事なことを、丁寧にお話にしています。シリーズ化されているみたいなので、あとの2冊も読ませてみたいな。

  • 隣の芝生は青くみえる。
    自分にない他者の能力はある種の嫉妬を生む。
    しかし自分にも他者にない能力があることに気付くと幸せになれる。
    自分を見つめるとこはとても大切なことなんだ。

  • 2016.11 わかば

  • 28年度(仲よし)
    5分

  • みんなにたからものができたのがおもしろかった

  • 自分らしさを演出するものを探しにムーミンがでかけます。宝さがしにでかけたけど結局ほかの人のことを考えるムーミンが素敵です。

  • ムーミンは、自分とスナフキンたちと比べて自分には何もないと自信をなくしています。ママはバッグがあり、パパはぼうしがあります。ムーミンには一体どんな宝物があるのでしょう?

  • パパの帽子、ママのハンドバッグ、スナフキンのハーモニカ、みんな自分の大切な宝物を持っているのにムーミンには何もありません。自分だけの宝を探しに行ったムーミンですが...

    ムーミンの家族や友達が大好きなんだという気持ちがひしと伝わってくる、あったかい絵本です。

  • 1年1組 2014/2/18

全27件中 1 - 10件を表示

松田素子の作品

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

ムーミンのたからもの (講談社の創作絵本)の作品紹介

ムーミンのやさしさにつつまれた、新作絵本。みんな、もってる。じぶんだけのたからものを。

ツイートする