もの作り ひと作り-立体造形物界の「湯婆婆」の発想力

  • 13人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 中村園
  • 講談社 (2005年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062130998

もの作り ひと作り-立体造形物界の「湯婆婆」の発想力の感想・レビュー・書評

  • 著者の人生話としてはそこそこ面白いが、作品の作り方とか仕事の細部が知りたかったのであまり参考にはならなかった。あと、個人的に作品も人物もちょっと苦手なタイプかも。

  • ジブリ作品の多くの造形物をつくってきた、中村さんの人形に対する愛情、仕事に対する姿勢、そして人としての魅力を十分に伝えてくれる1冊だなと思いました。もっかいジブリ作品を見直して、今度はそこに出てくる仕掛けや背景、創られたものたちにも目を向けてみたいなと思えました。
    それと、「くだらない話、仕事とは関係のない下世話な話で盛り上がることが、明日の仕事にとても有効でした。そんな機会が増えれば増えるほど、お互いの信頼関係が築かれていくのです。」っていう部分にはとても共感を覚えました。そうなんだよなぁ。

  • 個人的には立体造形のことを知りたくて読んだんですが、あまり触れられず。ただ中村さんの生き方が中々強烈だったので、これはこれでおもしろかったです。

  • 068.初、並、カバスレ、帯付。
    2011.11.6.伊勢BF。

  • 文章の拙さは著者の人間味のおもしろさでカバーしています。
    造形物には興味がなかったので、入り口としての本という位置付けでは正解かと。

全5件中 1 - 5件を表示

もの作り ひと作り-立体造形物界の「湯婆婆」の発想力を本棚に登録しているひと

もの作り ひと作り-立体造形物界の「湯婆婆」の発想力を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする