ヒトラー・コード

  • 58人登録
  • 3.41評価
    • (2)
    • (7)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 高木 玲 
  • 講談社 (2006年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062132664

ヒトラー・コードの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「DAS BUCH HITLER:Geheimdossier des NKWD f¨ur Josef W.Stalin, zusammengestellt aufgrund der Verh¨orprotokolle des Pers¨onlichen Adjutanten Hitlers, Otto G¨unsche, und des Kammerdieners Heinz Linge, Moskau 1948/49」の翻訳( 2006/01/26発行)。

    ソ連崩壊後、発掘されたNKVDにより製作されスターリンのみに報告された「アドルフ・ヒトラーの調査報告書」。

    近代西洋史、もしくはドイツ史に興味のある方であれば、一度は読むことをお勧めする超一級品の素晴らしい書籍。 本書の編集を行ったドイツの現代史研究所員マティアス・ウールによる長文の「あとがき」や、大量の注釈、人物名鑑など、本文以外にも興味深いモノが掲載されており、特に巻末の人物名鑑については大変貴重なモノです。

    只、本書は近代ドイツ史の知識がかなり要求さる書籍となっています。 一応、かなりの数の注釈が付いて補足説明されていますが、当時のドイツ高官や関係者や、独ソ戦時のソ連国内の地名程度は把握していないと、厳し書籍だと感じました。 

  • 2012年6月23日

    <DAS BUCH HITLER>
      
    装丁/天野誠(magic beans)

  • ソビエトの秘密警察が作成した詳細なヒトラー伝。余り知らなかったエピソードが満載で、興味深い。一方、モロトフ・リッベントロップ協定への言及が無いなど、政治的なバイアスも感じられた。書かれていることと並んで、書かれていないことが何かを考えるのが大事な気がする。

  • スターリンのために書かれた本。
    ドキュメントタッチで情景などはうまく描かれていない。
    また、歴史的人物名や地名がスラスラーーっと出てくるので
    我が闘争を熟読し、映画をかたっぱしから見て、そしてこの本を見よう。

  • ヒトラーの姿もすごいけど、当時の欧州各国の政治の状況がよく分かる。外交という、やり取りの中で・・・。

  • 第2次世界対戦ものには正直弱い。

    これも衝動買い。3000以上するが、その価値はあると思う。

    これはスターリン宛の報告書という前提を忘れてはいけないが、実際の真実もかなり透けて見えるのではないだろうか。

  • かなり気色悪いです。
    でも、どの書物よりリアルです。

全7件中 1 - 7件を表示

ヒトラー・コードを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヒトラー・コードはこんな本です

ツイートする