40 翼ふたたび

  • 528人登録
  • 3.50評価
    • (50)
    • (84)
    • (188)
    • (12)
    • (2)
  • 116レビュー
著者 : 石田衣良
  • 講談社 (2006年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062133005

40 翼ふたたびの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 40代の男性を描いた作品。同世代の男性が主人公ということで読んでいて、こちらまで力が入ってしまいました。人生半分過ぎてしまったけれど、まだまだ頑張れる!私も前向きに生きていかなくちゃ!!

  •  ちょうど40歳の人たちが短編を通して繋がっていく物語。
    AV女優の恋人や、40歳のひきこもり、フリーターからの起業家みたいな方々が出てきます。

     いつもハッピーエンドで終わるのですが、それをどう感じるかによって自分の調子が良いか悪いかちょっと分かるのかも、と今考えました。

  • またもや チョー私的
    何も考えないで 取ってしまったら
    良く考えたら もろフォーな 私向けじゃんと
    気になってた人も 同い年だとわかり
    振られたばっかだし
    というわけで
    まあ 理想的ではあるけれど
    後押しをしていただいたので
    感謝の一面はあるのかもなあ
    それにしても 前田さんの 素晴らしさが
    引き立った
    まあ 付き合いもある程度長いし
    ご信頼も いただけてるのかなあ とも
    思うのだけれど
    それにしても すごい 人っていうのは
    やっぱり すごいんだなあって思った
    まあ客商売だけれどね でも あっちも
    客あっての ものだろうと おもうと
    やはり 人間性の問題なのかなあ まあ
    知らん 次の恋へれっつらごー
    懲りない奴 それが 私
    まあ へこたれんわ

  • 40歳になった喜一が始めたウェブサイト「人むすび・人あつめ・40歳から始めよう〜なんでもプロデュースいたします」。なんでもと銘打ったサイトに本当に風変わりな依頼が数件舞い込む。描かれる主人公喜一とその周りの40代たちの様々な人生。引きこもりの英志の話がすごくぐっときた。石田衣良さんは他の作品でも引きこもりやその周りの人を、本当に温かい目で見つめて優しく書いている。

  • それなりに楽しんだけど、ありがちな話ではある。

  • 読了。
    遠い未来だと思っていた40歳も気づけばあと12年。
    以前は、年をとることに恐ろしいという感情しか抱かなかったが大人になるにつれて年をとっても輝いている人たちをみて年をとるのも悪くはないと感じている。この小説に登場している人物たちも皆、そうであった。

    ただしそれはそこに至るまでに一生懸命生きたからこそだ。
    自分もいま、なんとか一生懸命必死に働いて生きている。
    これからの12年も20年も、30年も必死に同じように生きて輝き続けていければいいなと思う。

  • まだいける

  • 40代も悪くない。

  • 石田衣良さんの小説。やっぱり良い。40歳という深みのある年齢。これまでの人生と、これからの人生が、交差する微妙な年齢。この年齢に起きる人間ドラマを描いた最高の作品。面白かった。

  • 石田衣良といえば、私は池袋ウエストゲートパークが一番好きなんですが、この作品は40代のおっさんがトラブルシューターとなって活躍する。

    最初は大手広告代理店から転職して、失敗して、情けない本当にただのおっさんだった人が、人との出会いを機にどんどん自らの活力を取り戻していく。

    最終的には素敵な40代となって、こんな40代いいなと思えるようになっている。



    石田さんはトラブルシューターを描くのがうまい。

全116件中 1 - 10件を表示

40 翼ふたたびを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

40 翼ふたたびを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

40 翼ふたたびのAudible版

ツイートする