ルート350

  • 191人登録
  • 3.31評価
    • (18)
    • (23)
    • (64)
    • (6)
    • (8)
  • 41レビュー
著者 : 古川日出男
  • 講談社 (2006年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062133913

ルート350の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集。似たような話が続いて、途中少し飽きたけど、雰囲気はよかった。
    『カノン』、『メロウ』あたりが好きかなぁ。

  • 知的早熟児たちが集った夏期講習キャンプに現れた「狙撃手」。僕たちは次なるスナイプの現場を押さえるべく監視を始めた―「メロウ」など、現実とレプリカのあわいに立ち上がる圧倒的なストーリー世界が心を捉えて離さない。あらゆるジャンルを超えて疾走する作家が綴った唯一の「ストレートな」短篇集。

    ------------------------
    「お前のことは忘れていないよバッハ」
    「カノン」
    「ストーリーライター、ストーリーダンサー、ストーリーファイター」
    「飲み物はいるかい」
    「物語卵」
    「一九九一年、埋め立て地がお台場になる前」
    「メロウ」
    「ルート350」

    不思議な物語たちだな、と思った。タイトルから、勝手にスピード感溢れる物語だと思い込んでいたので、最初は戸惑った。
    感想がどうも書きにくい。とりあえず、「お前のことは忘れていないよバッハ」と「飲み物はいるかい」の二編が気に入った。

  • 図書館で借りたのだけど、バッハのヤツ一編しか読めなかった。
    読む気になれず・・・返却。

  • 古川さんの本はあんまり読んだことがなかったのですが(確か、「ゴッドスター」と「ベルカ、吠えないのか」だけかな)この短編集はなかなかおもしろかった。

    一つ一つのお話がすごく不思議な感じなんだけど、どこかでこの現実世界とつながっている。支離滅裂な文章のように思える言葉たちが意味をなして存在している。それを実感できる本だったと本気で思った。

  • 一つ一つの話にノれない自分がいてだめだったな。
    物語の細部をあいまいにしながら、読者の心象風景を引き出そうとしているのかは知りませんが、きちんとした設定なりがしっかりしていないと、オチもぼんやりだし読んでいて楽しくないよね。
    この本、何がいいたいのかさっぱり分からなかった。

  • 短編集。
    残念ながら僕には難しすぎました。

    最初の話「お前のことは忘れていないよバッハ」 はすんごく面白い。読みやすい。こういうのばっかだったらよかったんだけど、他はストーリー、日本語ともに突っ走ってて置いてけぼりをくらった感じです。

    なんとなく「レイブ」(詳しくは知らない)っぽい気がします。

  • 読んだのは発売直後だったから、えーと2年以上前??
    今更ながらに再読してレビュー投函。

    サクサク読める文章は変わらず。
    ただ、途中で止まってしまうと再びアクセルをかけるのは難しい本。
    この人の本は感覚で読み進めるのが良いと思う。
    あれ?あれ?って考えちゃうとテンポに乗り遅れて進まない。

  • なんだかとっても好きな本。
    人間に対する温かい視線とシビアな設定、世界観、ストーリーなどが同居しています。
    文章が独特で、一冊の中でも様々な書き方がされています。癖があるので苦手な方は苦手かも。

  • あんまり文体がすきじゃないんだよね

  • 古川さんは虚構と現実の間を描くのがとても上手な作家だと思う。
    作り話なのか、本当のことなのか、読みながらとても不思議な感じになる作品ばかり。
    そして一見つながりのない人物、時代が、最後の最後で超絶ぴったりリンクする。すごい構成力だと思う。
    いまある東京だけじゃなく、古川さんにしか見えない東京、わたしにしか見えない東京がきっとあるんだろう。

全41件中 1 - 10件を表示

ルート350を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルート350を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする