「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)

  • 289人登録
  • 3.20評価
    • (7)
    • (16)
    • (65)
    • (5)
    • (3)
  • 36レビュー
著者 : 野口悠紀雄
  • 講談社 (2006年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062135788

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
トニー・ブザン
J・モーティマー...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  野口氏が今まで提唱してきたことの中から、主に時間管理、スケジュール管理に関する部分をまとめて整理し直した一冊です。そのため、参考文献もほとんどがご自身の著作になっています。

     今まで野口氏の著作に触れたことがない方であれば、とても新鮮な気持ちで読めると思います。目から鱗の部分も多いはずです。では、もう野口氏の著作はあらかた読んでしまったという人にとってはどうかと言えば、それほど新鮮さは感じられないものの、時間管理、スケジュール管理を見直すという意味では、十分参考になる本であることは間違いありません。

     野口氏と言えば、有名な「超」整理手帳がありますが、この本は、必ずしも「超」整理手帳ユーザーを限定に書かれているわけではありません。でも多分、「超」整理手帳を使った方が、より野口氏の主張に迫れるのでしょう。(私も使ってないので…何とも。)

     私は今まで、手帳に書く予定があまりないので手帳を使う意味がないと考えてきましたが、この本を読んで手帳に白い部分があるのはとてもいいことなのだということが分かりました。そういう意味で、最近手帳に書く予定が増えているということは、私の人生がよくない方向へ進んでいるということを改めて自覚した次第です。自分の人生のために、価値ある時間を確保したいものです。

  • 第1章 スケジュール時代の到来
    第2章 タイムマネジメント
    第3章 メモ
    第4章 TO-DOリスト
    第5章 IT時代の手帳
    第6章 「超」整理手帳

  • 今(2013年)も「超整理手帳」を愛用中。スマホの出現で、その立場も危ういか?それとも共存するのか?

  • プラン(計画)の後、プログラムを三ヶ月単位で考えて建てる。予定を白くする。埋めずに時間を確保する。手帳とメモの一本化。やりたくない仕事にどうしたら取り組めるか?自分に締切を設ける。仕事は、手を付けていない仕事と2割手を付けた仕事と8割仕上げておく仕事と10割できた仕事の4分類。すぐできることはすぐ片付ける。早めに8割仕上げておき、最後に仕上げる。

  • メモを取る習慣をつけたいので実践しようと思う。

  • •手帳は常に携帯し、一元管理!
    •目標は書くだけでは実現できない。具体的なアクションを予定に書き出す。
    •2~3ヶ月位の予定が一覧できること。
    •自分で締め切りを作る。
    •バッファーをつくる。
    綿密な予定を作る事に満足しない。予定が増えたり、変更になってもいい様に用件は所与。
    •すき間時間の活用(稽古など)
    •TO-DO「消す喜び」を褒美とする…「のうだま」に通じる
    •マダはモウなり、モウはマダなり(江戸時代の米相場で言われていた格言)
    •メモをとる習慣
    •デジカメによるメモ
    •時間の価値は長さではない。時点によって価値が大きく異なる

    ◆ユーザー要請のバランス
    wikiやフォーラム、オフ会とユーザーとの交流、フィードバッグが頻繁。
    ユーザーのニーズをすべて取り入れるのは困難。
    究極の姿としてユーザー各自がオリジナル超手帳を作成することを想定し、ビジネスとして成り立たなくても構わないというのは潔い。
    発案者である著者の手を離れて、超手帳が一人歩きする位にユーザーになくてはならない存在になっているからであろう。
    また、ビジネスとして固執しないで済む自由性(金銭・立場)も著者が実現しているのもあるだろう。

  • 今となっては,やや古い本の部類にはいる。しかし,スマートフォン全盛の現在でも,ITによるスケジュール管理,タイムマネジメントの不便さは解消していないため,今読んでも十分意味がある1冊と思う。

    第2章のタイムマネジメントは,日々の仕事に目を奪われがちな私には,スケジューリングの大切さを改めて認識させられた。

    その他の部分については,なんでもメモしようとか,仕事を小さなステップに分解してTO-DOリストに書き上げてすすめようといった点は,いろいろな人も言っているので,目新しさはない気がする。

    最終章は,著者考案の「超」整理手帳の宣伝になっているが,究極的には,自分用にカスタマイズしていくと,「超」整理手帳でなくなってもよいことを自認するあたりは,著者の誠実さの表れか。

  • 手帳術については独自の持論を展開しているが、私にはピンとこなかった。

  • 5年ぶりに読み直しました。
    いつの時代も自己管理の根本は変わらず、続けることのむずかしさを楽しさに変える方法を改めて学びました。
    単たんなる時間管理本ではなく、質の良い習慣と人生の築き方の本です。
    これから来年の計画を立てたいと思います。

  •  既存の時間管理と手帳のあり方について疑問を呈することから始まる。つまり仕事のあり方が変わっているのに手帳や時間コントロールの仕方が変わらないのは何故なのか独自の視点から説き友好的な時間管理の方法を展開している。

     章末にまとめがついているので全てを読まずとも野口先生の手帳に関する考えと実践方法のエッセンスを理解することできる。手帳の使い方、時間管理の改善など考えが色々あるだろうが章末をみることで好きなところから読めるのもいい。

     さて内容ですが、「超」整理法でも力点を置いてあることを手帳にも当てはめている。

     1. 一箇所原則
     2. 時間軸での管理
     3. 見える化

     これをタイムコントロールに当てはめIT時代の需要(発想、A4用紙印字など)にあわせてカスタマイズできる手帳が望ましいとしている。重要なのは一箇所原則だ。

     * タイムマネージメント
     * メモ
     * TO_DOリスト
     * IT関連のA4資料

     手帳はこれらのものを一箇所にまとめる必要がありそれをすることができない従来の手帳は機能性が著しく落ちるとしている。そのために「超」整理手帳を発案したらしい。個人の需要に自分で応えた訳だ。

     それぞれの各論については実践的な考えが述べられているが一般論と言われればそれまでのような気がする。ただし時間軸を明確化し手帳を使って時間を見える化する方法は非常に効果的と思われる。情報の一元管理と同時に時間の一元化も同時にできるツールという考えはある意味新鮮だ。

全36件中 1 - 10件を表示

「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「超」手帳法 (「超」整理手帳シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする